自分の強みを見つける方法。自己PRを固めよう

最終更新日:2015年6月30日

就職活動等自分をPRしなければならない時や色々落ち込んでしまった時に「自分の強みって何だろう?」と思う事はありますよね。

そんな時に自分の強みが何かを知る方法をご紹介します。

1.友人等他の人に聞いてみる

自分で自分の強みが分からなくなって時は友人や家族等他の人に聞いてみることをオススメします。

他の人が自分をどう思っているのか知ることができるので自分で知らなかった自分を発見することができます。

身近な人が言うことですので信じられますし、「自分も案外やるじゃん」と自信を持つことができます。

より本気で、真剣に教えて欲しい時はメモを持って行くことをオススメします。

「メモが必要なほど聞きたいんだ」と相手が思うのでより真剣に、真摯に答えてくれます。

教えてもらう時は欠点も聞いてみることをオススメします。

何故なら欠点は克服して長所にすることができるからです。

欠点を教えてもらったら早速そこを克服するようにして強みにしましょう。


2.自分のそれまでの人生を振り返ってみる

自分のそれまでの人生を一から振り返ってみて自分が何を頑張ってきたのか、何をしてみたのかを整理してみましょう。

できればパソコンやきちんとしたノートに整理してみると考えがグチャグチャになりませんし、思いついたことを色々メモできるのでより客観的に自分の強みを知る事ができます。

例えば勉強を頑張ってきた人なら、国語が好きな場合は「色んな文章を読むことが好きで他の人の気持ちをいち早く察することができる」数学や理科が好きなら「客観的に、論理的に物事を考える事ができる」事等が長所になります。

また、部活やサークルをずっと頑張ってきたなら「継続や努力をする力がある、粘り強く最後まで頑張れる」事等が自分の強みになります。

特に落ち込んでしまった時にこの方法は効果的です。

「昔の自分頑張って来たんだな、今もまだまだやれる」と自信を持つことができます。


3.尊敬する人の自叙伝を読んでみる

自分の尊敬している人が自叙伝を出しているなら読んでみることをオススメします。

自叙伝にはその人の自分の強みを書いていることが多いので参考になります。

成功している人の自分の強みですので説得力があります。

ですので漠然と自分の強みを探すよりもより具体的に自分の強みの探し方を知ることができます。

できれば色んなジャンルの自叙伝を読んでみましょう。

様々な角度からアプローチをすることができるので、より多くの自分の強みの探し方を知ることができます。

また自叙伝を読んでいて「この人の強みは自分に共通するところがある」と思う所は就職活動で面接があったら、是非面接でその事を話してみてください。

読書が好きなことと自分の強み、興味がある事、自分がどういう人なのかを一度にPRすることができます。


4.インターネット上の自己分析サイトを利用する

一番簡単にできる自分の強みを探す方法はこの自己分析のサイトを利用することです。

色々な種類がありますので是非たくさん試してみましょう。

知らなかった自分を客観的に知ることができるので「自分にそんな一面があったんだ」と思う事も見つけることができます。

オススメは、ちょっと質問内容が多くて判定に時間がかかりますがその分細かくしっかりと判定してくれるMBTI性格診断。

日本ではちょっと前から知られるようになった性格診断で、世界では昔からよく使われているものです。

臨床心理士や心理学者、専門家が考えていますのでより正確に自分の事を知ることができます。

16という非常に多くのタイプがあり、結果を読んでいて納得できることや自分の知らない自分を発見することができます。

この性格診断を生かして今までの自分の強みをさらに強くし、欠点は克服して強みに変えるようにしましょう。


5.占いへ行ってみる

自分の強みを探していてどうしても行き詰まったら占い師に相談してみるのも効果的です。

占い師は占い結果を元にその人の強みを見つけてくれるプロです。

自信が無くなったら占いに行って励ましてもらうという人もいるほど占い師はその人のよさをしっかりと見つけてくれます。

ですので自分でも全く知らなかった自分の強みを教えてくれます。

オススメは手相占いです。

手相には自分の情報がこれでもかというほど詰まっていますので自分についてより色々と教えてくれます。

自分の強みが何かを知る方法はいかがでしたでしょうか。

自分の強みを探している時によく自分で自分の事がよくわからなくなってしまうことがありますが、そういう時は上記を参考に一人で悩まずに周りに相談してみたりすることをオススメします。

また、どうしても自分の強みが思いつかない時は自分の強みを新しく作ってしまいましょう。

一人旅に行って度胸をつけたり、何かを制作して最後まで頑張れる粘り強さを身につけたりと新しく作った強みも十分自分の強みになります。

自分の強みを見つけて人生に役立てよう

人には必ず強みがあります。

ですので「これ」という自分の強みを探してこれからの人生に役立てて下さい。