出産報告メールの出し方。周囲に祝福されるメールを送ろう

最終更新日:2016年2月7日

出産をしたら、会社の上司や友人等多くの方に出産報告のメールをしなければならないという状況になっていませんか。

そこで、どうやってメールをしたらいいか悩む方のために出産報告のメール内容はどのようなものが良いかご紹介します。

1.基本的なメール内容

出産報告は、基本的には生まれた日時と性別、決めていたら名前を書いて「家族が増えました」等の一言を添えた簡単なメールで十分です。

赤ちゃんの画像に関しては親友等特に親しい方にのみ赤ちゃんの画像を送り、それ以外の方には特に画像を送る必要はありません。

妊娠や出産はとてもデリケートな事ですので、メールを送った相手から「画像見せて」と言われた場合のみ送るようにした方がベターです。


2.両親へのメール内容

夫婦の片方の両親が知っていて、片方の両親が知らない事があるとトラブルになってしまいます。

ですので、両方の両親にそれぞれ同じ内容のメールを送るようにしましょう。

特に女性は出産後疲れているのに両親の事でトラブルになってしまうと余計なストレスを抱えて大変な事になってしまいます。

できるだけトラブルにならないように出産前からどうするか決めておくようにしましょう。

内容は「心配してくださり本当にありがとうございます。

無事に出産することができて本当に嬉しく思っています」等自分の気持ちを素直に、丁寧な言葉で書くようにすると好印象です。

また、自分の両親が出産時に病院にいて夫の両親にのみメールをする場合は、出産後できるだけすぐにメールをするようにしましょう。

夫に「連絡しておいてね」と頼んでおくと安心です。

陣痛が来てからメールができるようならしておいた方がよりベターです。


3.友人へのメール内容

妊娠を報告した特に仲の良い友達にはできるだけすぐに出産報告のメールをするようにしましょう。

そうしないと「妊娠報告はあったけど出産報告がない、大丈夫なんだろうか」と心配をかけることになってしまいます。

何でも話すことができて、妊娠の時も心配してくれるような特に仲の良い友人の場合、生まれた日と時間等を報告したら後は「無事に生まれてくれて本当に嬉しい」等自分の気持ちを素直に書いて大丈夫です。

事務的なメールよりもその方が友人も「本当によかった」と喜んでくれます。

普段少し話す程度の友人の場合は1と同じように事務的なメールで十分です。


4.会社へのメール内容

会社への出産報告は、友人と同じようにできるだけすぐにするようにしましょう。

出産後、体調不良等で自分でメールできそうにない場合は夫や自分の両親に頼んでおくと安心です。

すぐに報告することで「この人は気を使ってくれる人だ」と会社の人に思ってもらえるので、仕事に復帰しやすくなります。

特に直属の上司がいる場合は、メールの前に電話をしておくとよりベターです。

一通り報告をした後「この電話の後すぐに社員の皆さんに改めてメールをさせて頂きます」と言う事で「今後も彼女にずっと仕事を頼みたい」と上司への印象をアップさせることができます。

また、同僚よりも上司への報告を真っ先にするようにしましょう。

産後休暇を頂く場合は「産後休暇を頂く事ができて本当にありがたく思っています。

ご迷惑をおかけしますが、引き続きよろしくお願い致します」等一言を添える事を忘れないようにしましょう。


5.そんなに交流のない方には

そんなに交流がなく、出産報告のメールをしようかどうしようか迷っている場合は、年賀状メールで年始の挨拶と一緒に1と同じように簡単な出産報告で十分です。

また、画像は1と同じように「見せて」と言われない限り送らなくても構いません。

妊娠や出産はとてもデリケートな事ですので、画像をつける事でそんなつもりはないのに「自慢したいの?」と思われてしまい余計なトラブルになってしまうこともあるからです。

基本は年賀状メールで、出産の事はさらっと一言書くようにすると相手も「そうなんだ。

よかった」と思ってくれますし、余計なトラブルを避けることができます。


6.気をつける事

出産報告メールにはいくつか気をつける事があります。

まずは子どもがいない方に「あなたも早く子どもができたらいいね」とメールをしてしまう事です。

これはとてもデリケートな問題で、本人もとても気にしている場合があります。

書き方によっては「この人との交流は少し控えよう」と思われるほど傷つけてしまう場合がありますので、いつ生まれたか等事実だけを淡々と書くのみにしておいた方がベターです。

また、メールの時間にも気を配りましょう。

身内以外は早朝や深夜は避けて日中に送ると迷惑になりません。

相手に合わせてメールの内容やメールを送る時間を変える事で後々トラブルにならずに皆から「よかったね、おめでとう」と心から思ってもらうことができます。

出産報告をメールでしよう

出産報告のメール内容はどのようなものが良いかご紹介しました。

出産報告は意外と今後の人間関係を左右するものになりかねませんので、細心の注意を払う必要があります。

出産後の慌てなくてすむように、誰にどういう報告をするかきちんと決めておく事をオススメします。

出産はとても喜ばしく、嬉しいことです。

きちんと出産報告のマナーを守って報告をすることでより多くの人から喜んでもらうことができます。