お願い上手になる方法。物事を頼めるようになろう

最終更新日:2015年8月25日

プライベートや職場などで、頼みたい事があるけど頼みづらい・どう頼んだらいいのかわからないといった事ありますよね。

なかなか切り出せず、言ったとしても断られるのではないか?不快に思われるのではないか?なども気になります。

そんな今回は、お願い上手になる方法をご紹介します。

1.相手の状況を見る

お願いをしようとしている相手が今、どんな状況にあるのかを見る事が大事です。

例えば会社の同僚にお願いしたい事があったとして、その同僚が忙しくしていたら、お願いしても断られるか、不快に思われてしまいます。

お願いする側は良くても相手からしたら、なぜ今それをお願いしてきた?と思う状況だったりする事もあるので、お願いするのであれば相手の状況をよく見てからにしましょう。


2.一方的なお願いは避ける

ほぼ強引に押し付けるようにお願いをする。

これは、自分本意で身勝手な事です。

それが、いくつもお願いごとがあった場合、それはただたんにワガママにすぎません。

お願いをするのであれば、1度にたくさんする・連日のようにするのではなく、間隔なども考えてお願いをする事。

そして、相手が聞けないと言った場合は、そこで引かなければいけません。

無理やり押し付けても、望むような事が100%かなわない可能性があります。


3.お願いされる側に立ってみる

お願いされる側に立ってみて、今から自分がどのような事をお願いしようとしているかを考える。

こうする事で、相手のその時の気持ちなどを考える事ができ、「これはやめておこう」と踏みとどまる事もできます。

お願いする以外でも、相手に対して話したり、意見したりする時は1度、相手の立場になる事が重要です。

どんな気持ちになるかなど、ひょっとしたら聞きたくないような事もあり得ます。


4.言い回し方

お願いをするという事は、謙虚な感じでお願いをするべきです。

上から目線でお願いをしても、された側としては、聞いてあげる気持ちには到底なりませんよね。

本当に困っているなら、素直に表現してお願いをする。

言い方1つで、人は受ける印象も違い、言葉1つで誤解を招く事もあります。

日本語は本当に難しいと言われている要因はここにあると思います。

そして、なるべく明確に説明をする。

曖昧にしない事です。


5.ギブ&テイク

自分がお願いする時は、してばかりではいけません。

相手がお願いしてくる事も程よく受け入れる事が大事。

そうする事で、互いに助け合うというスタイルが生まれ、お願いも聞いてもらえやすくなります。

また、それを繰り返すことで、互いの間に信頼関係もできます。

信頼関係がなければ、お願いなど簡単にはできないですし、頼んでも不安も残ります。

ギブ&テイクする事で信頼を築きましょう。


6.相手の話も聞く

お願いした時に、相手から一言返事で返答がありとは限りません。

逆に質問されたり、「いいけど、○○だしさ~・・・」など話してくる場合もあります。

その時に「なんで?どうして?」などお願いを聞いてくれない・即答してくれない事に対しての反論は逆効果です。

相手の話などもよく聞き相槌をうち、それから自分の意見を再度言う。

こうする事で、相手の意見も受け入れつつ、自分の主張やお願いも言えます。


7.最後に気遣い文を入れる

お願いする内容を言ったあと、「ありがたい」や「助かる」や「無理にではないから」など、相手を気遣うような言葉を添えると効果的です。

一応はお願いしているけど、無理であれば仕方ない事というかたちであれば、それを聞いた相手もなんとかしてあげたいという気持ちにはなると思います。

話始めに「お願いしたい事があるんだけど、とりあえず話だけでも聞いてもらってもいい?」といったような言葉もいいかもしれません。

人と話す時はそういった気遣いも必要です。


8.返答をもらった後のフォロー

お願いを聞いてくれる返答をもらった後も重要です。

聞いてくれた事への喜びを表現する・安堵感を表現するなど、相手がそれを見て、役に立てた事がわかるようにしましょう。

素っ気なく「ありがとう」だけだと、せっかくお願いを受け入れた相手も「なんだ、それだけか」と思って、お願いを聞いたことに対して後悔したりしてしまいます。

お礼やそういった表現をする事で相手に伝える事は大事な事ですので、その点は心がけておきましょう。

いかがでしたか?お願い上手になるには、やはり相手がいて成り立つもので信頼関係もかかわってきます。

相手に不快感やイラつきなどを与えてはいけません。

また後悔させるような事をするようでは、お願い上手には到底なれません。

お願い上手になって楽をしよう

気遣いや相手の事もサポートするギブ&テイク精神も必要です。

また、お願い事はあくまで自分からの要望であり、相手が望んでいるわけではありません。

お願いの仕方・話し方や言い回し方・身の振り方などに注意をし、言葉をきちんと選んでお願いする事が大事です。