社会人になるのが怖い!不安や恐怖を払拭する方法

最終更新日:2016年12月17日

社会人になるのが怖い人は、その気持ちをなくすためにどうしたらいいでしょうか。

「怖い」という気持ちを抱えたままで社会に出ていくようでは、萎縮してしまって、うまく適応できないかもしれません。

社会人になるのが怖い人がやると良いことは何かを知って、心に抱える不安や恐怖心を払拭するようにしましょう。

1.社会経験を積むためにアルバイトをしてみる

社会人になるのが怖いのは、未知なる世界に出ていくことに対して不安を持っているということです。

知らないからこそ怖い、そういう気持ちがあります。

そういう時には、社会経験を積むために、一度アルバイトをしてみるのがオススメです。

そうすることで、働くということが体験できて、不安感をなくすことができるでしょう。

今まで一度も働いたこともないという場合、ともかく社会に出ていくと考えるだけで、精神的にプレッシャーを抱えてしまいます。

今まで知らなかった世界に飛び込んでいかなくレはならないので、どうしても心の中で不安な気持ちが生じてしまいます。

しかし、アルバイトなどを通して社会で働いてみれば、社会人になることに対して免疫が付くはずです。

「こんな自分がちゃんとやっていけるのだろうか」という気持ちが「真面目にきちんと仕事に向き合えば、何とかなる」と、自信を持つきっかけとなるでしょう。

「案ずるより産むがやすし」という言葉がありますが、一度アルバイトを体験してみることで、社会人になるのが怖いという気持ちを払拭することができるでしょう。

じっとしていても、心理的な不安は取れません。

世間を知るためにも、一度働いてみるのが一番な方法です。

2.すでに社会で活躍している人に話を聞く

社会人になるのが怖い人がやると良いのが、社会で活躍している先輩や知人などから話を聞くことです。

すでに働いている人と話すことで、自分が抱えている不安な点をクリアすることができるでしょう。

社会人になる時は、ちょっとしたことが気にかかってしまいます。

仕事は難しくないか、職場での人間関係はどうなのか、小さなことの一つ一つが気になって、どうしていいか分からなくなります。

そういう時に、社会に出て働いている人からの「生」の声を聞いてみることで、悩みを解決するきっかけをつかむことができます。

仕事が難しいかどうかは、それぞれの職場で全く違いますが「分からなかったら何度も聞くようにする」といった、どんな社会人でも参考になるようなアドバイスを聞くことができれば、何とかやっていけるかもと、頑張る意欲も湧いてくるでしょう。

また、実際働いている人だからこそ話せるような「本音」が聞ければ、社会人としての心構えをすることができます。

「実は自分の職場も人間関係が大変で」なんて言われれば、いざ自分が働きだした時も「どの職場にも人間関係の悩みはあるのだから」と割り切れるようになるでしょう。

すでに社会出活躍している人から話を聞くことは、非常に参考になるのでオススメです。

社会人になることを自覚し、ちゃんとやっていこうという気概を持つことができるでしょう。

3.新卒者を対象としたハウツー本を読んでみる

社会人になるのが怖い人は、新卒者などを対象としたハウツー本を読んだり、セミナーに出席してみると良いでしょう。

そういう本を通じて、自分がどうして「怖い」と思うのか、それを知ることができるからです。

ハウツー本の種類によっては、随分と突っ込んだ内容の本もあります。

「社会人になったら気を付けることスペシャル」みたいな内容の本にも、自分が知りたかった答えが見つかるかもしれません。

「有休をとる時は根回しをしておく」とか「夏休み休暇は年功序列でとる企業も多い」みたいな内容は、意外と人に聞きたくても聞けないことだったりします。

しかし、自分が知りたかったことに対してズバリと書いてある本に目を通しておいたり、セミナーなどで「ぶっちゃけ話」などを聞くことができれば、社会に出ていく不安感を和らげることができるでしょう。

始めて社会に出ていく人を対象とした本やセミナーは、そういう人が知りたいことを、しっかりと書いてくれていたりします。

気になる有休消化率や、残業のことなど、知りたくてもなかなか聞けないことを記していたりするので、非常に参考になるでしょう。

4.同じような不安を抱える友人と悩みを相談しあう

社会人になるのが怖い人がやると良いことの中に、同じような不安を抱える友人と話してみるということがあります。

お互いに悩みを相談しあうことによって、不安なのは自分だけではないとわかって、ホッとすることができるでしょう。

社会人になる時に、全く不安がないという人はまれなはずです。

多かれ少なかれ、何かに対して不安や疑問を持っていたりします。

そういう気持ちを、友人同士で打ち明けあって話し合えば「社会人になるのは誰だって怖いんだ」でしょう。

そして、誰もが怖いと思いながらも、社会に出てちゃんと適応しようと頑張っていこうとしていることが分かり、自分を発奮することができるでしょう。

「社会人になるのが怖い」と感じたら、同じように社会に出ていく友人と話をしてみましょう。

そうすれば、不安なのは自分だけではないのだということを思い出すことができます。

前を向く勇気と元気をキープするためにも、友人同士で今の正直な気持ちを打ち明け会うのは、とてもオススメなことです。

社会人になる怖さを払拭しよう

社会人になるのが怖い人は、実は「社会に出る」ということを真剣に考えている人でもあります。

だからこそ、あれこれ考えてしまって、不安を募らせてしまいます。

そういう時に、色々な人と話したり、本を読んだりして、様々な意見に耳を傾けてみるようにしましょう。

そうしているうちに、不安や緊張、そして恐いという気持ちを解くきっかけをつかむことができるはずです。