うさぎ顔になるメイク術!アイメイクとチークがポイント

最終更新日:2016年2月23日

メイクの仕方次第では、可愛らしくも大人っぽくもなるものです。

猫目メイクも流行りましたが、最近は可愛らしいうさぎ顔のメイクをする女性が多いそうです。

うさぎ顔メイクのポイントを抑えて、効果の有るメイクをして、可愛らしいうさぎ顔になってみましょう。

1.コンシーラーで白くてキレイな肌に

うさぎ顔の特徴として、透き通るようなキレイな白い肌です。どんなにポイントメイクでうさぎ顔に近付けたとしても、肌がくすんでいたり、白くなければ台無しになってしまいます。

そうならない為に、まずシミやくすみを隠すためにキチンとコンシーラーを使って隠すことが重要です。

そのあとに下地をムラの無いように塗ります。下地は、オレンジ系の物を選ぶと明るく見えるので良いでしょう。

白い肌に見せるためには、自分の肌より少し明るめのリキッドファンデーションを選びます。

あまり厚く塗りすぎてしまいますと、自然な白い肌に見えなくなってしまうので、厚塗りしないようにしてください。

そして、最後に化粧崩れ防止と艶のある肌に見せるために色の無いルースパウダーで仕上げます。

2.ピンク系のアイメイクをする

うさぎ顔の基本は、ピンク系で可愛く見せることです。

ラメの入ったキラキラとしたピンクのアイシャドウを選ぶと可愛らしさが増します。
ピンクでも、まぶたに同じ色を全て塗るのではなく、グラデーションに見えるように塗りましょう。

アイシャドウには4つ程の色が入っているものが有りますよね。それを使う事で簡単にグラデーションが作れます。まつげの付近に近づくにつれ、濃いピンクを入れるとまばたきした時に、少しピンクが見えるのでとても可愛いです。

そして、うさぎ顔に欠かせないものは涙袋です。今は涙袋を簡単に目立たせる事が出来るペンタイプの化粧品も売っていますのでそれを使ってぷっくらとした涙袋を作って強調させてください。

3.ピンク系のチークを下の方に

うさぎ顔とは、どれだけ可愛らしく見せられるかで決まります。

特にチークは、簡単に入れることが出来ますが入れる場所によってはうさぎ顔に見えない場合が有りますのでどこに入れると効果的なのかキチンと理解した上で試してみましょう。

まず、うさぎ顔に必須なピンク系のチークを用意します。そして、普通より下の方にチークをいれます。

鼻の穴の少し下を意識して、左右に丸く入れて下さい。濃く入れてしまうと逆効果になってしまいますので、ちょっと色が付いているな位の感じを意識します。

4.自然な色の口紅をつける、もしくはグロスのみ

うさぎ顔に必要なのは可愛らしい透明感です。

自然な色の唇に見せるのには、濃い色の口紅等を使ってしまうとキツい印象を与えてしまいますので避けましょう。口紅を付けるのならば、あまり明るすぎないピンクの物を選ぶと良いです。

しかし、口紅を使わなくともグロスだけでも充分です。今は色がほんのり付くリップクリームも売ってますから、それを塗るだけでも良いでしょう。

一番注意をしなければならないのは、唇ががさがさではなく、ツヤツヤとしているかです。口紅はあまり目立たせずツヤツヤとさせる位がうさぎ顔メイクには丁度良いと言えます。

うさぎ顔の芸能人はとても多く、皆とても可愛らしいですよね。

しっかりうさぎ顔メイクの基本をおさえて実践するだけで、誰でもうさぎ顔に近づけます。人それぞれ顔は違いますから、慣れてきたらそこから自分に合ううさぎ顔メイクを研究していくのも良い事です。