地元が合わないなと思ったらどうすれば良いか

最終更新日:2017年7月3日

人にとってそれぞれ合う場所と合わない場所というものはあります。

けれど、自分にとっての地元が「合わない」と感じたとき、慣れ親しんだ場所ですしつらいことですよね。

では、地元を合わないと感じてしまったときは、どうすればいいのでしょうか。

1.引越しを考える

地元が合わないと感じたとき、最善の対処法は思い切って引越しを考えることです。

合わないと感じているとはいえ、慣れ親しんだ地元を離れることに抵抗がある人もいるでしょう。

引越しともなればそう簡単にできることではありませんし、確かにお金もかかります。

しかし、今後、合わないと感じながら窮屈さの中で毎日過ごしていることを考えると、思い切って今ここで引越しを決意することも悪いことではないと思えてくるのではないでしょうか。

毎日の生活の環境のことですから「嫌だ」「苦手だ」と感じている気持ちがストレスになり、体調にまで影響してくることは大いにあり得ることです。

身体への害は無かったとしても、ストレスを抱えながら生きることはそもそも衛生上良くないことです。

地元というものが自分の中に根付きすぎて、引越しなんて頭になかったという人もいるかもしれません。

しかし、思い切って引越しというかたちで生活環境を変えることにメリットを感じられたのであれば、行動を起こしてみましょう。

できればあまり近いところではなく、少なくとも県外へ出ることをオススメします。

2.行動範囲を変える

上では引越しという手段に触れましたが、家庭や仕事の事情で、引越しなんてできないという人も多いでしょう。

独身であればまだしも、家庭がある人はなおさら引越しなんて大それたことなかなかできるものではありませんよね。

では、そういったときはどうすればいいのでしょうか。

地元が合わないと感じるということは、自分を取り巻く環境が合わないと感じていることがほとんどです。

その場合、同じ地元にとどまっていながらも取り巻く環境だけは少しでも変えるように努力してみましょう。

例えば、自分が普段行動する場所を変えることがあげられます。

普段買い物にいくお店、遊びにいく場所、利用するクリニックなど、日常のあらゆる行動範囲を変えてみて心機一転を図るのです。

地元が合わないと感じている要因は、今まで自分が行動してきた場所で会う人々、その場の雰囲気が嫌だと感じているから、という場合があります。

もしそうだった場合、このように行動範囲を一新することで一気に解決してしまうことがあります。

3.付き合う友人を変える

自分が普段行動する場所を変えるということに加えて、付き合う友人を変えてみることも一つの手です。

やはり大事なのは自分を取り巻く環境なので、それは自分が行動する場所だけではなく、付き合う友人も関係してくるものです。

とは言っても、今いる大切な友人と関係を簡単に終わらせるわけにはいきませんよね。

なので、今いる友人とはそのまま付き合っていきながら、新しい友人を作るようにしてみましょう。

友人が新しく出来ることで、その人の環境や趣味嗜好、性格まで影響し、物事が好転していくことがあります。

それがきっかけとなって、地元が合わないと感じることもなくなる可能性があります。

また、今付き合っている友人が苦手で、それが影響して地元が嫌だと感じているのであれば、意図的に距離を置くようしていきましょう。

そして、新しい交友関係を築いていけるのがいいですね。

4.休日は遠くへ出かけるようにする

環境を自ら変えていくことは実際難しいことです。

臆病になってなかなか一歩踏み出せない場合もありますし、何らかの事情でやりたくてもできないこともあるでしょう。

でも地元が合わないと感じて窮屈さを覚えているのであれば、せめて時間のある休日は地元の人と会わないようなところへ遠出してみるようにしましょう。

遠出するのは時間もお金もかかることなので、毎回は厳しいかもしれませんが「もう限界だ」と感じたら地元を忘れられる場所へいくことが一番です。

そこで自分の中の空気の入れ換えをし、気分転換をしましょう。

一時的ではありますが、窮屈さから解放され、心のゆとりが少しでも戻るはずです。

また、このようにして少し地元から離れることで、地元のことをゆっくり落ち着いて考える時間にも繋がります。

そこで「思い切って引っ越ししよう」という思いに至るのも良いですし「地元もなんだかんだいいものだ」と思い直せることがあったら、それも素敵なことです。

地元が合わないと感じたら一旦離れて見るのも良い

合わない、嫌だ、苦手だ、そうネガティブな思いを抱えているのであれば、一時的にそこを離れる機会を持つのはとても有効です。

慣れ親しんだ地元でも、誰もが皆地元を好きだと思っているわけではありませんよね。

合わないと思っているなら、地元とはいえ離れることも考えてみましょう。

毎日生活していく場所なのですから、心の平穏はあるていある程度保って過ごしたいものです。

地元だから、という固定観念にとらわれず、自分に合った環境を探していくようにしましょう。