地元には何もないと感じる理由とは

最終更新日:2017年7月4日

地元で住んでいる人にとっては子供の頃からあまり変わらない生活が当たり前になっているので、毎日が平凡に感じることが多いです。

田舎暮らしに憧れる人からすれば幸せな生活だと思えますが、地元に住んでいる人にとっては何もない場所で退屈なだけだと思っています。

そこで地元には何もないと感じる人の理由についてご紹介します。

1.生活に慣れているので目新しさがない

子供の頃から地元の生活に慣れていることで、ゆったりとした生活が当たり前になっています。

都会のように時間に追われて生活したり、刺激のある生活ではないので目新しさを感じることがありません。

何気なく住んでいる日常は子供の頃から同じ風景が続いているので、大人になっても子供の頃の記憶が蘇ってきます。

平凡な日常に慣れてしまったことによって目新しさを求めてみて、地元はいつもの通りにゆったりとした時間が流れているので、地元に何も変化がないとい思ってしまいます。

昔から変化のない生活を送っているので、何もないと感じるのは仕方がないことです。

どんなに素晴らしいものでも慣れてしまえば飽きるので、地元の生活が素晴らしくても心の中では退屈で飽きているのです。

2.地元のゆったりとした生活が当たり前の環境になっている

地元に住んでいると子供の頃からの環境とほとんど変わらないので、街並みや生活自体に慣れてしまっています。

都会とは違ってゆったりとした時間を感じるのは地元暮らしの特権ですが、地元の人にとっては当たり前の環境になっています。

時間に追われて仕事をすることもありますが、都会ほど忙しく働くことはありません。

仕事もプライベートもゆったりとした環境の中で生活しているので、地元の環境にすっかり慣れてしまっているのです。

人は慣れてしまうといつかは飽きてしまうもので、地元の生活自体に飽きてしまったのかもしれません。

飽きると地元にいてもつまらないと感じるようになるので、地元では自分が楽しめるものはないでしょう。

実際は楽しい場所やスポットがあっても、地元の生活に慣れてしまったことで興味を失っているのです。

そのため楽しいことでもつまらないと感じるので、地元には何もないと感じるようになります。

3.人間関係に新たな出会いやチャンスが少ない

都会で生活しているとほとんど知らない人ばかりなので、新たな出会いやチャンスもいつ訪れるかわかりません。

一方地元の生活では知り合いや友達が多いので、新たな出会いやチャンスを見つけることは難しくなります。

ずっと同じ環境で同じような人たちと一緒に暮らしてれば、新たな出会いがないのでトキメキを感じることもないでしょう。

都会では職場や住んでいる場所がが変われば人間関係もガラッと変わりますが、地元ではあまり変化はないことが多いです。

新たな出会いやチャンスが少ないと昔から知っている人だけしかいないので、恋愛に発展しにくいですし、恋愛したいと思いません。

自分の理想的な人と出会いたいと思っても地元では難しいので、地元で新しい物を得ようとしても難しいことから、地元では何もないと感じるようになります。

4.遊ぶ場所が少ない

遊ぶ場所があればストレス発散や時間つぶしもできますが、地元では遊ぶ場所がかなり限られています。

そのため昔から利用してことが多いので、通い慣れてしまったという人も多いでしょう。

自然が豊かな場所ならば遊ぶところも極端に少ないので、地元の人にとっては遊ぶ場所が何と感じるでしょう。

若い人ほど遊ぶ場所には敏感ですが、子供の頃から地元に住んでいるので、遊ぶ場所は全部制覇しているのでしょう。

そのため自分が楽しめる場所は何もないと感じるので、地元に何もないと思ってしまいます。

都会の人からすればたくさん魅力がある場所でも、地元で住んでいる人にとっては何もないと感じてしまいます。

住み慣れた場所なので新鮮な気持ちで遊ぶ場所がないことから、地元はつまらなくて何もないと感じます。

5.自然の良さは住んでいる人にはわかりにくい

地元で住んでいる人が地元には何もないと感じるのは、住み慣れたことによって地元の良さを感じにくくなっていることが考えられます。

都会に憧れる人にとっては遊ぶ場所がたくさんあり、やりたいことを何でもできる場所なので飽きることはないでしょう。

都会には何でもあるという気持ちが強くなるほど、地元と比べると何もないと感じてしまいます。

逆に都会に住んでいる人にとっては地元の自然豊かな環境が素敵なので、自然な環境の中で住んでいるだけで幸せだと感じます。

地元にいると当たり前の環境に思えることが多いので、都会暮らしの人よりも地元の良さに気づかないことが多いです。

地元の良さを毎日肌で感じているので、当たり前の環境に慣れたことによって、地元の良さを感じることが少なくなり、何もないと感じるようになります。

毎日幸せな平凡な生活を送っている

地元には何もないと感じながらも、毎日の平凡な生活が好きなので地元に住み続けているのでしょう。

昔から変化の少ない環境や街並みに加えて、人間関係も捕トンと変わりないことから、退屈な毎日が続いていると感じます。

しかしこの退屈な感じが幸せなので、地元には何もないと感じながらも幸せを感じながら住み続けているのです。