人生がつまらない時に面白くする方法

最終更新日:2015年7月5日

人生は安定が一番。

と思う方は多いでしょう。

実際に安定した収入があって毎日ご飯が食べれて暖かい布団で眠ることができる。

世界にはそれが当たり前に行うことができない国も存在します。

安定した生活を送ることができるのは幸せですのですが、不意に「あれって人生このままで終わってしまうのかな」と不安になったことありませんか?

一度きりの人生を同じことの繰り返しで終えていくのはなんだか損な気がしますよね。

そこで人生がつまらないと思った時に面白くする方法をご紹介します。

1.趣味を見つける

人生において仕事や学校と家の往復で、家に帰ってすることと言えば「家事・食事・睡眠」だけという方多いと思います。

休日は普段の疲れからか昼過ぎまで寝て、TVを見て過ごしているうちに終わってしまう。

働いて稼いだお金は少しリッチなお弁当や洋服に消えて、その繰り返しで気づけば5年も立っていて…と若い時期を無駄に過ごしてしまったのではないかと悲観してしまいがちです。

そこで「趣味」を見つけたり、かつて好きだったものをまた初めて見ることで人生にひとつのエッセンスを加えてみましょう。

趣味の楽しみ方は人それぞれですが、ただ趣味に没頭するのではなく、趣味を広げてみるのです。

例えば「読書」を趣味にするのならば、月に何冊本を読むか目標を決め、その読んだ本を感想などを掲載するブログを始めてみる。

というように一人で行う趣味もブログによって発信したりすることで外とのかかわりを作ります。

人との交流が得意な人ならば休みの日に同じ趣味を持つ人と集まって交流してみてもいいでしょう。

仕事や家庭・学校以外で人との関わりを作るということは、仕事や家庭からかけ離れた場所で自分の好きなことについて仲間と語り合ったり、新しい人間関係を築くほどよい緊張感などを感じることができたりと、今までたいくつだった人生を楽しくしてくれるでしょう。


2.新しいことを勉強する

勉強というものは人に刺激を与え、さらに真面目に取り組めばその人を成長させてくれます。

勉強が嫌いな方は向いていないかもしれませんが、学生時代に何か目標に向かって勉強しているとき、「未来はどんなふうになるんだろう」をわくわくドキドキしていませんでしたか?

自分の頑張り次第で手に入る未来が変わるスリリングさや、目標を達成できたときの達成感は本当に私たちを幸せにしてくれますよね。

人生がつまらないと感じるのは、今の現状になれ過ぎてしまっているから。

ならば心機一転新しいスキルを獲得するために勉強を始めてみませんか?

人生に遅すぎることなど存在しません。

方法はたくさんあります。

今の安定したままを保ちたいのであれば休日や終業後にできる趣味の延長になるような技術、例えばハンドメイドアクセサリー作りや小説執筆、資格ならばフードコーディネーターなど私生活に色を添えるものなど仕事をしながらもできる勉強や資格も多くあります。

また、本格的に資格取得~転職を目指してみるのもいいかもしれません。

専門学校に入学し資格やスキルを手に入れて卒業できた際には新しく就活をします。

専門学校や大学は社会人枠というものが存在し、社会人枠であれば学費が比較的に安くなっていたり、受験科目が少なかったりとやさしい制度を起用しているところも多くあるようです。

勉強し向上しようとしている時はもっとも人が輝いている瞬間の一つと言えるでしょう。

人生一度きりです。

覚悟とやる気があるのならば踏み出してみてはいかがでしょうか。


3.ボランティアに参加する

「やりがい」のある仕事をしているのならば人生をつまらないと感じることは少ないと思います。

人生がつまらないと感じるのはただ、淡々と仕事を真面目にこなし、それにやりがいを感じていないからなのかもしれません。

そこでボランティアで人の役に立ってみませんか?

多くの人は他人の為に何か行動しその他人が喜んでくれると「やりがい」を感じます。

ボランティアは他人の為に働くことですので「やりがい」を感じるにはうってつけのイベントです。

また「やりがい」を感じるだけでなく、ボランティアに参加することで人とのコミュニケ―ションが生まれ、コミュニケーションをとっていくことで新しい友達ができたり、恋人ができたりとあなたの人生に大きなスパイスを加えてくれるきっかけになるかもしれません。


4.自分で選択した道に進む

人生がつまらないのは、自分のやりたいことができていないから。

親や先生の決めた先に進学し、自分のレベルにあった会社にお勤めする。

やりたくないことをぐっと我慢してやることはとても素晴らしいことです。

けれどやりたくないことを我慢してやっているということは「つまらない」と感じて当然です。

そのやりたくなかったことでも一種のやりがいを見つけることができたり、守りたいものができることで人生をつまらないと思わなくなる人が多いのですが、いくら我慢して頑張っても「つまらない」と思ってしまうのなら、自分のやりたいことがいったいどんなことで、自分のやりたいことをするためにはどうすればいいのか考えて、行動にうつしてみましょう。

自分のやりたいことに向かって頑張っていたり、自分のやりたいことをやっている人は人生をつまらない、と感じることはないのです。

自分のやりたいことが見つかったのなら一度挑戦することを検討してみてはいかがでしょうか。

一度きりの人生をつまらないから面白いに変えよう

以上、4つをご紹介しました。

人生は一度きり、後悔のないように生きたいと思う心が「つまらなくても安定していればいい」と思わせてしまうのかもしれません。

それでも小さな趣味や、大きな改変で多くの人に輝く人生を送ってもらいたいものですね。