人生に刺激が欲しい人がするべきこと4つ

最終更新日:2016年3月2日

今の生活に新しい刺激が欲しい思っていませんか。

いつもの生活はなんとなくつまらなく感じるものです。

そこで今回は人生に刺激が欲しい時の対処法をご紹介します。

1.海外旅行に行く

自分のいる環境が同じならば何をしてもだいたい同じような結果に終わってしまいます。

多少の違いであれば日々異なっているかもしれませんが、それでは結局日常のうちに収まります。

ショックを受けるほどの新しいどきどきを求めるならば、今とは違う環境に身を置いて、自分とは全然違う人に出会ってみることが良いでしょう。

アジアでも、ヨーロッパでも、豪州でも、米国でも、やはり環境が違えば気持ちも沈んでばかりはいられませんよね。

きっと良い刺激になるでしょう。

遠いだけあって、町の景観、食べ物など、日本とは大きく違うところが、あなたに新しい展望を与えるのではないでしょうか。

また、旅行に行くためにお金をためる、という目的意識があれば、目標なく働くよりも、モチベーションが変わって良いでしょう。


2.仕事を変えてみる

毎日同じことの繰り返し、と感じている人はその仕事に興味を持てていない可能性があります。

興味のないことを毎日一日の大半の時間をかけてするのはなんだかもったいないですよね。

時間も平坦にすぎていきます。

思い切って転職してみるのはどうでしょうか。

仕事を変えて一旦距離を置いてみれば、思っていたよりも前の仕事が負担になっていたことに気づくことや、新しい仕事の方が性格的にしっくりきたとか、気の合う仕事仲間が見つかる、とかいうことがあります。

もちろん、日本の就職形態からするとキャリアのことが引っかかるかもしれませんが、新しいことを求めるのなら、多少のリスクは受け入れる必要があります。

動かなければ無難に平安が続きますが、動かなければ何も変わりません。

人生に刺激が欲しいと思う方は仕事を変えることも選択肢にいれてみると良いでしょう。


3.奇抜なファッションに挑戦する

服を買うとき、自分で選ぶものって同じような雰囲気のものになりがちですよね。

ストライプとチェックばっかりや、寒色系、暖色系に偏っているとか、だから違うタイプのものを買ってみたけど比べてみると、やっぱり服の形が似ていたとかで、結局自分の格好は自分の好みでできているわけです。

そもそも、自分が着れないような服は買いませんよね。

いつもと同じ格好で外に出てみても、感触はいつもと同じです。

そこで、いつもとは全く違う、自分らしくない、奇抜な服装をしてみてはいかがでしょうか。

変わったものは人目を集め、注目されるとどきどきしますよね。

奇抜な格好と言われてもちょっと悩んでしまうという方もいるかもしれません。

まぁ、人目につくということを基準に考えれば良いです。

道や駅やお店でこんな格好の人がいたらちょっと注目してしまうなという服装です。

例えば、ロリータファッションとか、ピエロのようにカラフルな服装など、何でも良いでしょう。

道ゆく人がちらっと見ていく、そんな格好で外を歩いてみてはどうでしょうか。

驚きの視線はきっとあなたに新鮮な刺激をあたえるでしょう。


4.シュノーケリングをする

陸の世界で刺激がないのなら海の中の世界へ行ってみてはどうでしょう。

そこには見たことのない世界が広がっています。

青や黄色の色のついた魚が身近で泳いでいます。

初めて見る世界の中で、新しい発見をすることができ、感動が訪れ、刺激を与えてくれることは間違いありません。

陸で人間が営んでいる生活とはまったく違う生活を営んでいる魚たちを見て心が癒されれ、刺激を与えてくれるでしょう。

シュノーケリング未経験者ではなくても、海は濁っていたり、澄んでいたりと毎日変わるので、何度目であっても新しい発見があるでしょう。

慣れれば慣れるほど、深くまで知ることができ驚くことが増えるかもしれませんね。

また、海に入って自然と一体になるというのはなかなか良い経験になるでしょう。

新しいことをして人生に刺激を与えよう

人生に刺激を与える方法をgお紹介しました。

刺激がほしいと思ったときに大切なことは、何かを変えることと、新しいことをすることです。

どちらもリスクがつきものですが、同じことの繰り返しなんてもうやだ、という方や、平坦な人生を一時でも抜け出したい、という人は、折り合いをつけて、自分の選んだ方向に進んでいって下さい。

新しい刺激は、あなたに何かをもたらします。