夢と現実とのギャップ。どうしたら良いか

最終更新日:2015年7月13日

夢や目標が出来ることで、人生の輝き方も違うはず。

しかし、無謀な夢であったり、叶えることが難しい夢をもってしまった時、あなたならどうしますか?

夢と現実のギャップが大きい時には、一度立ち止まってどうしたら良いのか、時間をかけてゆっくり考えたいものです。

そこで今回は夢と現実とのギャップがある時の対処法をご紹介します。

1.夢を叶えるためまでのリストアップ

まずは夢をかなえるためには何が必要なのか、どのような手順を踏んだら夢に近づけるのかを、リストアップしてみると良いでしょう。

今現在、夢までの距離が程遠いと感じているのであれば、今すべきこと、これからやらなければいけないことを、一覧にしてリストにしてみるのです。

こうすることで、夢を実現する為には、何が必要なのか、どのくらいの時間を要すのか、またどのくらい自分への投資が必要なのかが、大まかに把握できます。

リストにすることによって、自分で描いていた夢に向けて、今足りないものが自ずと知ることが出来るほか、本当にその夢に向かって多くの時間を費やすことが可能なのか、そして、費やした先には必ず結果として夢が叶うものなのか、一度自分自身と向き合うことが大切です。

頭の中で漠然と考えているだけでは、今何をしなければならないのか、そのためにはどういうステップを踏むことが必要なのか、具体的に挙げることが出来ません。

一度、自分の夢と向き合って、現実との差を見比べてみることで、今後の夢への対策も出来るかもしれません。


2.やれるだけチャレンジしてみる

夢を持つことはとても素晴らしいことですし、人はなかなかそう簡単には夢を持てないものです。

そんな中、夢を持つことが出来たのならば、現実と夢にいくらギャップが生じていようと、やれるだけのことは全力でトライしてみることです。

「やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい」とよく聞きますが、自分が夢持ち、いくら周りから無理だと言われても、やってみないと分からない、それが夢です。

何もしないうちから、夢にはギャップがありすぎると否定的な考え方から入るのではなく、もしもダメになったとしても、それまでの過程を努力と評価し、今後の自分の魅力や経験としてとても役に立つことはあるでしょう。

納得いくまでやってみて、それでも無理だと感じた時、そこで今後どうするのか考え直すことも出来ます。

人生は一度きり、せっかく夢をもつことが出来なたなら、悔いが残らないように、がむしゃらに取り組んでみることも時に必要でしょう。

失敗しても、出来ることはやったという自信がつき、次のステージへと進みやすくなります。


3.近道を調べる

夢をもった時、それに向けてどのように行動していくべきなのか、きちんと把握できていないこともあります。

そのため、無駄な努力をしたり、時間を費やしてしまったりと、後から気付いてしまっては、夢までの差が縮まるどころか開いてしまいます。

現実と夢とのギャップがあると初めの段階で気付いているならば、夢に携わっている関係者の話を聞くことや、その夢に必要な資格やスキルを調べて、確実に物にする必要があるものは、早くから手をつけることが重要です。

せっかく夢に近づいてきたにも関わらず、最終的にこれが必要だった・・とあとから気付いては、かなりの遠回り。

順序良く、効率よく行動することによって、現実と夢のギャップを少しずつなくし、夢を現実のものとすることが出来るように、近道をすることです。

夢をもった時期が早ければ早いほど、とりかかる時間には余裕がもてるので、思ったらすぐに行動に移してみると良いでしょう。

またどうしたら一番早くに夢を現実のものに出来るのか、調べる作業から取り組むことにより、夢までのプランが立てやすくなります。

そうすることで、夢へ近道で近づけることでしょう。


4.夢をあきらめてしまう

この選択は、最終的に考える結末です。

あまりにも現実と夢がかけ離れていて、時間がかなりかかりいつ現実のものになるか分からない、または資金面でも窮屈な生活を強いられるほど投資が必要といった理由から諦めることが一番の方法であることも時にはあるのです。

夢をもった時の喜びややる気は、自分自身を向上させてくれる材料にもなりますし、生きがいにも繋がる夢ですが、到底無理な難関があったり、上記のようなことをした結果現実的に無理と判断した場合は、諦めるという決断も必要になります。

夢は一つだけで終わるものではありません。

その夢に近い他の夢、また全く違う種類の夢を探すことも、決して悪いことではないのです。

自分の視野を広げて、他に出来るものや興味あることを探してみることから始めると、またいつか違った夢を持つことが出来るでしょう。

人はそうして、徐々に成長して、努力した過程や行動を糧に、前向きに進んでいくことで、新たな夢と出会う事が出来るのです。

現実と夢のギャップを認識して見つめなおそう

現実と夢のギャップ。

これは夢を持った時に、誰にもすぐには判断できないものです。

それに向かってひたすら努力することも、諦めることも、大きな決断です。

自分が後悔しないやり方で歩んでいくことによって、自分のステップアップにも繋がり、次の道へと前向きに進むことが出来ます。

もしも大きなギャップを感じてしまった時は、一度立ち止まって、冷静に考えて何をする必要があるのか、見つめなおす必要があるでしょう。