女性から逆プロポーズする時のコツと注意点

プロポーズ 恋愛最終更新日:2014年10月26日

私たち付き合って何年目?もうそろそろ結婚したい!だけど彼ったら全然プロポーズしてくれない!なんて嘆いているあなた。

このままではずっと平衡状態です。

この状態から抜け出すには、彼を待ってても仕方がありません。
勇気をだしてあなたから逆プロポーズしちゃいましょう。

そこでプロポーズする時のポイントと注意点をご紹介します。

1.自分の気持ちを素直に伝えよう

結婚は男性にとって抱えるものが多く、尻込みしてしまう人が多いのも事実。

お互い気持ち良く付き合っているのであれば、別に結婚なんてしなくてもこのままでいいじゃんなんていつまでたっても軽く考えている男性も多いのです。

しかし女性には残念な事に時間に限りがありますよね。

出産も高齢になればなるほどリスクも高くなってくるし、卵子の質も悪くなる。

ですから、本当に結婚したい思ったら、素直に今の自分の気持ちを伝えて彼の反応を見てみましょう。

何年も付き合っているのに彼からプロポーズがないという事は、彼にはまだまだ不安要素があってあなたを支えられる自信がないのかもしれません。

その不安と自信の無さをやんわりやわらげてあげましょう。

困った時にはお互い様。あなたを傍で支えたい旨を伝え、そしてあなたがずっと私のそばにいてくれたら私ももっと頑張れるなどと決して依存はしないような発言をしてみましょう。

そうすることで、彼の不安要素がとれてあなたとの今後を真剣に考えてくれるようになるでしょう。

2.がつがつせずに自然体でいよう

自分からプロポーズすると決めると、妙に気合いがはいって、不思議な行動をしたり、彼の周りにちらつく女性の影に敏感になったりするかもしれません。

自分では気づいていなくても、そんなあなたの行動が彼に圧迫感を感じさせてしまい、今まで仲良くしていたのが一転。
彼があなたを避けるようになるかもしれません。

そうなってしまったら、プロポーズどころではなくなってしまいます。

あくまで普通にがつがつせず、リラックスした状態で彼に接していきましょう。

ムードのあるプロポーズがしたいのであれば、彼の気持ちがより高まるようなデートを自分で計画し彼のテンションを上げる事に全力をつくしてみましょう。

3.自分との未来を想像させる

プロポーズを成功させるためには、自分の思いを素直に口に出して伝えるのは勿論ですが、それだけでは足りません。
彼が自分との未来を描けるような発言も少しはさんでいきましょう。

例えば、あなたとそっくりな子がいて一緒に過ごせたら、すごく楽しいと思うなですとか、いつもお家でおいしいご飯作って待っていたいななどと彼があなたと家庭を築いている所を想像させる発言をします。

そうすれば、彼だってこんなにも自分との未来を考えてくれているあなたに愛情を感じ、結婚へと一気にに進んでくれるかもしれません。

彼の心をがっつりつかむような言葉を沢山探して、そして彼のハートをゲットし、逆プロポーズで楽しい未来を描きましょう。

 

    「女性から逆プロポーズする時のコツと注意点」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く