女性の一人暮らし、引越し時に挨拶をするべきか判断するポイント

女性の一人暮らし最終更新日:2014年10月11日
引越しをする人

一人暮らしをする若い女性が最近増えてきました。
一昔前ならば引越しをする際に近所の方にご挨拶にいくというのが一般的な礼儀でしたが、近年は事情が変わってきています。

ここでは女性が一人暮らしで引越しをした時に
挨拶をしたほうが良い場合やしないほうが良い場合などいろいろ考えていきたいと思います。

1.基本的にはすれ違った時の挨拶だけで十分

一人暮らしをするにあたり近隣の住人への挨拶はしなくても良い時代になってきました。

とくにアパートなどは壁も薄いですから万が一隣人が男性であなたに行為をもってしまったら危険にさらされることがあるかもしれないのです。

可能性はゼロだとは言えませんから、危険を最小限にするためにもあえて挨拶にはいかなくても大丈夫と言えるでしょう。一人世帯の場合は日中は家にいないことが多いですし、夜勤などをしていて日中家で寝ているひともいますから相手の迷惑にもなってしまうかもしれません。

2.世帯用の住居の場合は挨拶しておく

世帯が住む広い間取りのマンションなどは挨拶に行った方がよいパターンがあります。

だいたい表札などで一家が住んでいるのかが分かりますから、隣人が家族で住んでいる方ならば挨拶にいったほうが何かあったときに助けてもらえる可能性もあります。

そういった場合は挨拶に行っても危険はありませんし、自分の得にもなる可能性がありますから常識として菓子折りを持って挨拶へいきましょう。

3.町内会など入る必要がある物件の場合

管理費がない分、アパートの掃除をみんなで担うという物件もあります。共同トイレや共同お風呂などの物件もありますし、そういった場合は生活する上で隣人と接する機会が生じますから挨拶はしておいたほうがベターだとも言えます。

協調性が大切になりますし、自分が住みやすい環境にするためにも挨拶にいっておきましょう。

4.最終的には自分の身は自分で守ることを理解しておく

セキュリティがしっかりしている物件でも事件は起きます。

挨拶をしようがしまいが、あなたがひとりで住んでいるということがバレてしまうということは少なくありません。やはり女性の一人暮らしは狙われてしまう可能性がありますから下着はベランダに干さないですとか、男性ものの下着をあえてベランダに干して男性も生活していることをアピールすることも大切になってきます。

防犯グッズなども常備しておいたほうが安心感しれません。何もない可能性のが高いですが、もし万が一を考えて危険について備えておきましょう。

いつ何が起きるか分からないので自己判断で考える

時と場合によっては挨拶をしたほうがよい場合も生じてきますが、それは自己判断で考えていくべきで、絶対に引越しをしたら挨拶をしなければならないというものでもありません。

男女問わず言えることかもしれませんが、いつなにが起こるかはわかりません。危険の確率を下げるためにも備えも大切です。女性の場合は夜遅く帰宅になると家まで付いてきていることに気付かず事件に巻き込まれてしまう場合もありますから、注意しなければなりません。

 

    「女性の一人暮らし、引越し時に挨拶をするべきか判断するポイント」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。