一人暮らし女性の食事

一人暮らしの女性が痩せるための健康習慣4つ

女性の一人暮らし最終更新日:2014年10月11日

新大学1年生になったから新社会人になったから転勤になったから
理由は様々ありますが誰しもが一度は経験する可能性のある一人暮らし。

男性、女性にかかわらず一人ですべての家事をこなしながら
学業や仕事に専念するだけでも大変なのにそのうえ痩せたいと思うともう無理と思ってしまいますよね。

ここでは、あまり無理しないでも取り組むことのできるダイエット方法を
簡単に取り組める順にご紹介します。

1.1日3食きちんと食べる

1日3食きちんと食べましょう。

特に朝ごはんは食べない方が多いと思いますが朝ごはんが一番大切です。
朝ごはんを食べないでいると作業効率も下がります。

きちんと食べていなかった人が朝ごはんを食べるだけで
おなかの調子が良くなって痩せたという例もあります。
朝ごはんを中心に1日3食きちんと食べましょう。

2.野菜を意識して食べる

一日の野菜の摂取量は成人で350g以上(およそ5皿分)とされています。

毎日それだけの野菜を摂取できているでしょうか。

外食が多くなりがちな一人暮らしですが、
少しでも意識して野菜を食べてみましょう。

また、食事をする際には必ず一番初めに野菜を食べましょう。
そうすることで血糖値の上昇も抑えられますしダイエットにもより有効です。

3.炭水化物抜きダイエットをしない

一時流行した炭水化物抜きダイエットですが、
長期的にみるとダイエットになっていないことが多いです。

炭水化物を抜くと口臭にも影響を及ぼしますし、
満腹感もなかなか得ることができません。

そのため、炭水化物は抜かずきちんと適量(体型、運動量にもよりますが、ごはんはお茶碗軽く1杯くらい)摂取しダイエットを行っていきましょう。

4.いつもより早歩きで歩く

いつも歩いている道を早歩きで歩いてみましょう。

そうすることで、消費されるカロリーも大きく違ってきます。
時間のある方は、ジョギングもおすすめです。

ジョギングを行うときは話しながら走れるペースで走りましょう。
このペースが一番ダイエットには効果的です。

5.魚中心の食生活

余力のある方は、より食生活にもこだわってみましょう。

栄養バランスを考え、食べる時間も夜8時までにする等し、魚中心の食生活を送るだけでもダイエットになります。
ただし、一度に食べる量には注意してください。

基本的には生活習慣を改善し健康になる生活こそがダイエットへの近道です。
すぐに痩せたいと思わず、時間をかけてダイエットに励みましょう。