周囲から可愛いと思われる女性の仕草6選

最終更新日:2015年2月12日

周りの人から可愛く思われるような仕草を自然にできる女性は、何かと得をすることが少なくありません。
ちょっとした仕草をするだけで、その女性の印象がぐんと良くなってしまうのです。

では、周りから「可愛い」と思われるような女性の仕草を、具体的にご紹介します。

1.物を両手で持つ

物を両手で持っている女性の仕草は、周りから可愛いと思われます。

物を片手で持ってしまうと、ちょっとガサツな印象になってしまいますが、両手で持つと、物を大切に扱っているように見えて、清楚で女性らしく見えるのです。
そして、物を大切に扱っている、という仕草は、物に対する愛情も感じられます。
そのような女性は、「優しく、愛おしい存在」として大切にされるのです。

また、物を両手で持っているという姿を、「何だか一生懸命に見えて、いじらしい」と感じてしまう人もたくさんいます。

品の良い可愛らしさを身に付けたい時は、物を両手で持つ習慣を付けると良いでしょう。

2.わからないことがあった時、一瞬きょとんとした表情をする

人と話している時に、女性が一瞬きょとんとした表情をすると、周りの人は、何だか可愛らしく感じてしまいます。
特に男性から見ると、抱きしめたくなるくらい可愛く感じてしまうことも多いのです。

知ったかぶりをしてガンガン話しまくる女性や、話を盛り上げようとして次から次へとしゃべる女性は、「話していて楽しい存在」ではあっても、「可愛らしい女性」には残念ながらなりにくいのです。

自分が知らない話題が出た時、無理をして話を合わせようとせず、思わずきょとんとした表情をしてしまうような女性には、素直さがあります。
知らないことに対して、「知りません」と、正直な反応をしているからです。
そのような女性に対して、微笑ましさを感じてしまう人は、とても多いのです。

ただ、あまりにもこの表情を連発すると、「この女性は何も知らないのか」と思われてしまうこともあるので、少し注意が必要です。

3.恥ずかしいことがあった時に、顔を赤らめて照れ笑いをする

恥ずかしいことがあった時、素直に恥ずかしさを表現できる女性の方が、可愛らしく思われる傾向があります。
特に、何か恥ずかしいことがあった時、顔を赤らめながら照れ笑いをする女性の姿は、多くの人が可愛らしく感じるものです。

いつの時代でも女性は、恥じらいをなくさない方が好感度が高いのです。
恥ずかしさをものともせずに、ガンガン突き進んでいく女性よりも、恥ずかしいことに対しては、素直に「恥ずかしい」という反応を取れる女性の方が、「守ってあげたい」と思われて可愛がられます。

4.おいしそうに物をもりもり食べる

少ない量の食べ物をしずしずと食べる女性は、残念ながら「可愛い」という印象には繋がりません。
それよりも、ダイエットなど気にせず、食べ物をおいしそうにもりもり食べる女性の姿は、幸せオーラに満ち溢れていて、可愛らしさを感じさせます。

食べ物をおいしそうに食べる姿というのは、「子どものように、目の前のことに対して幸せをいっぱい感じている、微笑ましい姿」という印象に繋がり、非常に好感度が高いのです。

見ている人みんなの気分を良くする可愛らしさの1つです。

5.別れ際、寂しげな顔をする

今まで盛り上がって楽しく過ごしていたのに、別れ際になると、女性が急に寂しそうな顔をすると、その表情に胸がきゅんとなってしまう男性は少なくありません。
それまで、明るく楽しそうにしていればいるほど、そのギャップの力によって、可愛らしく思えてしまうのです。

「可愛らしい女性」というのは、言い換えてみれば、「守ってあげたくなる女性」です。
「寂しい」「もっと一緒にいたい」という気持ちを態度に出し、甘えてくると、男性は、「この女性は、自分が守ってあげないと」という気持ちになってしまうのです。

男性の父性本能を刺激してしまう仕草をする女性は、男性から放っておかれません。

6.手を振ってバイバイする

別れる時、「バイバイ」という言葉だけでなく、手を振ってバイバイする女性は、可愛らしく感じられます。

大きく手を振ってバイバイすれば、子どものような明るい無邪気さの可愛らしさを感じます。
又、小さくバイバイする姿も、いじらしいイメージに繋がります。
小さくバイバイする時は特に、顔の近くで両手をバイバイさせると、余計に愛くるしさが増します。

手を振ったバイバイは、微笑ましい無邪気さが感じられ、好感度が非常に高い仕草です。

子供らしさを上手に出すことが可愛い仕草のポイント

女性の可愛らしい仕草の共通点としては、「どこか子供のような無邪気さ・愛くるしさがある」ということです。
このことが周りの人たちを、「この女性はほっておけない」という気持ちにさせてしまうのです。

但し、これらの可愛らしい仕草を「可愛い」と思ってもらえるためには、常日頃から、最低限の大人の常識とマナーをわきまえている女性であるということが条件です。
節度をわきまえていない女性がこれらの仕草をやっても、周りの人が引いてしまうので、注意が必要です。