忙しいアピールをする心理とは。なぜいつも忙しいと言うのか

最終更新日:2017年10月5日

自分の周りに忙しいアピールをしている人はいませんか?

そこには色々な心理が考えられます。

ここでは、忙しいアピールをする人の心理についてご紹介します。

1.必要とされている人間であることをアピール

忙しいアピールをしている人の心理で一番多いのが、必要とされている人間である事をアピールしたいという心理です。

この心理の人は、過去に必要とされていなかった事がとても辛かったという経験をしている事が考えられます。

必要とされない時間があるのがとても怖いので、一日でも全く何も予定が無いと「自分はもう必要とされていないのでは?」ととても怖がります。

もう二度と同じ経験をしたくないので、仕事等も限界以上まで頑張りすぎてしまう傾向にあります。

周りにこのタイプの人がいていつ休んでいるのか不安になるくらい常に動いている人がいるなら「あなたは必要とされているから大丈夫」と安心させてあげましょう。

頑張るのはもちろん素晴らしい事ですが、倒れてしまうほど頑張ってしまうのはよくありません。

その前にこのタイプの人に「いつでも必要としているから」ときちんと伝えてあげましょう。

あなたの思いが伝わり、必要な時にはきちんと休む事ができる人になるでしょう。

2.忙しい人が仕事ができる人だと勘違いをしている

職場で忙しいアピールをしている人がいたら、それはその人が忙しい人が仕事ができる人だと勘違いしているケースが考えられます。

忙しいアピールをしない人は暇な人、そして仕事ができない人だと思っているのです。

周りの人に「忙しい」とアピールする事で自分は仕事ができる人だと認めてもらいたいのです。

野心のあるタイプなら同僚よりもさらに上の立場に早くなりたいと思っています。

実は、忙しいアピールをする人こそ仕事ができないというケースが多いです。

要領よく色々な事をすませる事ができないので、常に忙しくなってしまいます。

それは仕事ができないという事です。

忙しいアピールをしなくても仕事ができる人は、きっちりと計画的に仕事をスムーズにすませる事ができるので別に忙しいアピールをしなくても良いでしょう。

そして同じく仕事ができる上司はそこをしっかりと見ています。

ですので、むしろ忙しいアピールをせずにスマートに仕事をすませた方が評価されるケースはとても多いです。

周りに「仕事が忙しい」とうんざりするほど言っている人がいても、それは仕事ができないという事を自分でアピールしているようなものですので放置しても大丈夫です。

あなたが仕事を頑張っているなら、きっとそこを評価してくれる人が必ずいます。

3.精神的にいっぱいいっぱいになっている

普段は忙しいアピールをしない人が急に「忙しい」と口癖のように言っているなら、それは本当にとても忙しくて心身共にいっぱいいっぱいになっている可能性があります。

また「忙しい」とアピールをする事で周りの人に助けて欲しいと思っているケースもあります。

こういう時は何かその人の力になってあげましょう。

きっととても喜んでくれます。

さらにその人との仲を今まで以上に深める事ができるでしょう。

また、助けてあげる事で自分自身も「これであの人の力になれた」と安心する事ができます。

また、自分がいつの間にかこの心理になっている人は、一旦落ち着きましょう。

落ち着いていられないほど忙しいと思うかもしれませんが、こういう時だからこそ一旦立ち止まって深呼吸をしてみましょう。

一度立ち止まる事で解決方法が見えてくる事もあります。

また、どう考えても一人ではどうにもならないなら、周りの人に素直に助けを求めましょう。

きっと早く問題を解決する事ができるでしょう。

4.恋愛の場合は、残念ながら脈が無い

好きな人にアプローチをしている時、相手が「最近とても忙しいんだよね」と忙しいアピールをしてくる時は残念ながら今のところあなたに脈が無いという事を意味しています。

忙しいアピールをする事でアプローチを遠回しに避けているのです。

また、こういう事でデートに誘いにくい雰囲気も出しています。

この場合、今のままアプローチを続けても両思いになる可能性はとても低いです。

ですが、相手が今フリーならアプローチの方法を変える事で逆転する事は十分可能です。

逆転するために大切な事は、どんな事があっても決して挫けない心と相手がどういうタイプの人が好みなのかをしっかりと把握する事です。

今のところあなたは相手の好みの対象外です。

そこで、対象に入るためにどういうタイプの女性が好みなのかしっかりと調べて自分を相手の好みに少しでも近づけましょう。

また、趣味を通して距離が近くなる事もあります。

相手の趣味を知っているなら、まずはそこから趣味仲間として攻めていくのも一つの方法です。

忙しいアピールをする心理を知ろう

忙しいアピールをする人の心理についてご紹介しました。

忙しいという一言だけですが、そこには様々な心理が考えられます。

一番多いのは、必要とされたいという心理です。

忙しいアピールをする事で自分は必要とされている人間だとアピールをし、同時に安心したいのです。

周りにこのタイプの人がいるなら「あなたは必要な人」とこまめに言って安心させてあげましょう。