髪が傷まない乾かし方7ステップ。ドライヤーで髪に艶を出そう

最終更新日:2015年8月29日

女性にとって髪の毛は命。

しかし、シャンプー・コンディショナーの力だけでは中々CMのような艶のある髪の毛にはなりません。

ドライヤーをかけると、なんかボサボサでパサパサな髪型になってしまうという悩みを抱える女性も多いはずです。

こうした時はきちんとドライヤーのかけ方をマスターすれば、簡単に艶出しヘアを作る事が出来ます。

そこで今回は髪を傷めない乾かし方をご紹介します。

1.タオルドライ

髪の毛の余分な水分をしっかりタオルで拭き取ります。

この時、手のひらでクシャクシャと拭き取るのではなく、タオルの上から指先だけを使って、頭皮マッサージをする感覚で水分を取ります。

手のひらでクシャクシャにしてしまうと髪の毛が絡まってしまうだけでなく、髪の毛同士がこすれダメージを与えてしまいます。

根元の水分を取ったら、今度は毛先をタオルで挟み手のひらでポンポンと叩くように水分を取ります。

余分な水分が髪の毛に残っているとドライヤーを当てる時間が長くなってしまうので、しっかりタオルドライをします。


2.目の荒いコームで整える

髪を乾かす前に、目の荒いコームで簡単に髪の毛の絡みを取っておきます。

絡んだままドライヤーをかけてしまうと、髪の毛が毛玉のようになり、それが切れ毛になってしまいます。

ですが、濡れてる状態の髪の毛はとってもダメージを受けやすいので目の細かいコームではかえって傷みの原因を作ってしまいます。

この後でブロッキングしてしまうので、ここでは簡単なブラッシングで大丈夫です。


3.洗い流さないトリートメントをつける

ドライヤーの熱から髪を守る為に洗い流さないトリートメントを付けます。

この時、必ず自分の髪質にあった物を選びましょう。

トリートメントには、ミルクタイプ、スプレータイプ、オイルタイプなど様々なタイプがあります。

タイプによって仕上がりも変わります。

色々試してみるのもいいですし、美容師さんにオススメを聞くのが1番早いかもしれません。

また、こちらは少しお金がかかっても自分の髪質に合ったものを使用して下さい。

自分に合った物を使用するのとしないのとでは、仕上がりのレベルが変わります。

トリートメントをつける時は、最初に毛先へ、手のひらに残った物を根元につけます。

そうする事によって、傷みやすい毛先へしっかりとトリートメントをつけられますし、根元はつけすぎるとボリュームが落ちてしまうのでつけすぎ防止になります。


4.ブロッキングする

一気に髪の毛を乾かそうとすると、内側の髪の毛が中々乾かないので、表面の髪の毛ばかり傷み、乾燥してボサボサの仕上がりになってしまいます。

簡単でいいのでピンでブロッキングをします。

3本ピンを用意し、後頭部、右、左、それぞれ上下に分け、上の部分の髪の毛をねじりピンで固定します。

そして、下の段から順に乾かしていきましょう。

髪の毛の量が多い方は、もう少し細かく分けてブローをしましょう。


5.根元から乾かす

まずは、髪の毛の根元部分から乾かします。

毛先の方が根元より乾きやすいので、初めから根元へ風を当ててしまうと毛先へのダメージが多くなってしまいパサパサに仕上がってしまいます。

この時、ドライヤーを当てる角度は「頭に向かって垂直」ではなく、頭と平行」に風を当ててあげます。

その方が、髪の毛と髪の毛の間にしっかりと風が入り乾くのが早いのと、頭皮に与えるダメージを軽減できるからです。


6.ロールブラシを使って艶を出す

根元が乾いたら、今度は整えながら毛先を乾かします。

ロールブラシを使うとキレイにまとまります。

ドライヤーを当てながら、もう片方の手でロールブラシを持ち少量ずつ髪をすくいます。

そして、髪の毛をロールブラシに絡ませ、引っ張りながら乾かしていきます。

少し引っ張りながらドライヤーの熱を当てる事によって艶が出ます。

また、ここで内巻きにしたい場合は毛先の所でカールを作り数秒ドライヤーを当てると内側にカールがつきます。

逆にストレートにしたい場合は、毛先は丸めずそのまま流すようにブラシを抜いて下さい。


7.最後にもう一度トリートメントをつける

ブロッキングした箇所→根元→毛先→次のブロッキングした箇所→根元→毛先の順でブローをしていくと早く、そしてキレイにドライヤーをかける事が出来ます。

ドライヤーをかける時間が短ければ短いほど、ダメージは軽減出来ますし、仕上がりも艶っぽくキレイに仕上がります。

最後に、もしそれでもパサつきが気になる場合は、最初に付けたトリートメントを少量毛先へ馴染ませるとしっとり落ち着きます。

ドライヤーを上手く活用して傷まない髪にしよう

ドライヤーの熱はダメージを与えるだけだと思われがちですが、コツをつかみ丁寧に仕上げてあげるとツヤツヤな髪の毛を作る事が出来ます。

少し面倒かな?と思っても、毎日こなしていくと慣れてきますし、こちらのやり方のほうが断然早くキレイに仕上がります。