おでこを出すと似合う女性と似合わない女性の顔の特徴とは?輪郭や髪質でおでこ出しの似合い度が変わる

ヘアスタイル最終更新日:2019年5月28日
おでこを出し気味な女性

おでこを出すことが好きな女性は多いでしょう。

それでも、おでこを出すことが似合う女性と残念ながら似合わない女性がいます。

今回はおでこを出す方が似合う女性と、前髪を作る方が似合う女性の顔の特徴についてご紹介します。

1.サラサラヘアで産毛が少ない女性はおでこを出さず前髪を作った方が似合う

サラサラヘアの女性は、真っ直ぐな前髪もよく似合いますよね。

癖毛で悩む女性の憧れる髪質です。

ただサラサラヘアの女性はその直毛が仇となって、髪がペタンとなりがちです。

そのため前髪を作る事で短い髪の毛の方がボリュームを出しやすい為、髪にボリュームが出てふんわりとした印象にする事もできます。

またおでこ周りに産毛が少ないと、その分顔が大きく見えてしまうかもしれません。

その点でも、サラサラヘアの方には前髪作る事をオススメします。

2.眉毛が太くて濃いはおでこ出しが似合う

眉毛が太くて濃い女性は是非おでこを出してみましょう。

凛とした印象が真面目で清々しい人柄をアピールできる特徴となります。

眉毛が薄くてアイブローが上手く使えない女性や、眉の形を整えたくても毛の量が足りなくてなかなかお手入れできない女性も羨みます。

気分が変われば量を減らして細くすることだってできるのですから一石二鳥です。

自由なアレンジの眉で前髪に邪魔されることなく目元の力をアピールするにはぴったりの特徴です。

眉に自信の無い方は、眉専用のサロンを尋ねてみましょう。

前髪をあげて自信の付いた眉毛をアピールしてみてください。

3.頬骨が額よりも印象強い女性はおでこを出したロングヘアが似合う

頬骨がシャープな女性は、キリッとした印象があります。

その印象は上司や同僚へのアピールに生かせるでしょう。

おでこを出してロングヘアを一つに結えば、一気にカッコ良く仕事ができる女性に見えます。

キリッとして見られる女性は周りの勝手な印象から強く見られるプレッシャーに疲れて、前髪を作ることで可愛い印象に変えていきたくなる心理が働きます。

しかし頬骨がおでこよりも印象強い女性が前髪を作ると、前髪からすぐ下の頬骨はますます強調されてしまいますので逆効果です。

頬骨の印象が強い女性は、それに劣等感を感じてしまうかもしれません。

その頬骨を隠そうとするのでは無く、おでこを出す事で目線を分散して、頬骨にあまり目線がいかないようにすることができます。

頬骨は、まったく欠点と言うわけではありません。

膨らんだ頬骨は、笑顔や若さか象徴とも言えます。

頬骨が出ている事で、いつも笑顔である印象、柔らかい印象をもたらす効果があります。

また、歳をとるとどうしても頰がこけていってしまうものですが、頬骨が出ている方は、頰がこけにくいため、いつまでも若々しい印象です。

若い頃は張った自分の頬が嫌いだったのに、歳をとったらこけてきて、ちょうど良くなった、なんて方もいらっしゃいます。

頬骨は、けっして短所ではないので、おでこを出して、アピールするのもいいですね。

4.エラが張っている女性もおでこを出すと似合う

エラが張っている女性は、間違いなくおでこを出すのが似合うでしょう。

骨に特徴がある女性はおでこを出す方が似合います。

エラがある女性も同じです。

前髪を作るとどんなに痩せていても張ってるエラの分だけ顔が膨張して見えます。

アンバランスな雰囲気になって、ちょっと損した事になってしまうかもしれません。

エラが張っている女性はどうしても横に顔が広がって見えるため、前髪をあげて縦の長さを出す事で、小顔に見せる効果もあります。

おでこを出すことで本来の美しい表情をそのまま見せることができ、ロングもショートも色んなヘアスタイルが似合います。

横顔が優しい印象なので、アップスタイルでキメてみるのも良いかもしれません。

5.おでこが狭くて産毛が多く、山形の女性は前髪を上げた方が似合う

おでこが狭い女性は前髪をあげておでこをあげましょう。

おでこが狭いと前髪をあげても顔が大きく見えすぎず、返って小顔に見えます。

また産毛は顔を小さく見せる効果もあるので、前髪をあげて産毛を見せましょう。

おでこの周りにシェーディングをする事で、小顔を狙う人もいらっしゃるくらいです。

産毛は、そのシェーディングの効果もあると言う事ですね。

一方おでこが狭い方がおでこを隠して前髪を作ると、前髪が短すぎてアンバランスな雰囲気になってしまったなんて事はありませんか?

前髪が短いと、その下の顔の部分の方が長く感じてしまうので、その分顔が大きく見えてしまいます。

おでこが狭くても、どうしても前髪を下ろしたい、と言う方は、前髪を後ろの方から持ってくるようにして、長めにとる方がいいでしょう。

6.おでこが広くて、四角い方はおでこを隠して前髪を作った方が似合う

おでこが四角くて、おでこだけ見ると横に長い長方形の方は、おでこを隠して前髪を作った方が似合います。

おでこが四角い方は、おでこを出してしまうと、どうしても顔全体の面積が広くなりすぎて、お顔全体が大きく見えてしまいます。

長めの前髪を作る事で、小顔効果を狙いましょう。

前髪は髪を多くとって、厚めで作るのがオススメです。

薄くとってしまうとおでこが透けてしまって、小顔効果が薄れてしまうからです。

7.耳が大きい女性は両方似合う

耳が大きな方が前髪を作って後ろ髪と合わせて下せば、前髪と後ろ髪から少し見える大きな耳によって顔がより小さく見えます。

逆に前髪は作らずにショートボブのような髪型にして頭が大きく見えがちなところ、大きな耳のおかげで小顔効果はなくなりません。

ヘアスタイルが何でも似合うって羨ましいですよね。

8.顔にニキビができてしまった人は隠さない方が早く治る

おでこにニキビなどはできてしまっていませんか?

おでこにニキビがあるからと言って隠してばかりいると、前髪のニキビ菌がおでこに付いてしまいますますニキビが悪化する原因となってしまうと言われています。

おでこのニキビに限らず顔にニキビのある方に似合うのは、前髪をあげておでこを出す髪型です。

おでこを出してできれば顔まわりの髪もアップにして、顔に髪の毛が付かないようにしましょう。

最初はニキビがコンプレックスとなってしまうかもしれません。

しかし髪の毛を下ろしているよりもずっと清潔感があるように見えます。

ニキビのケアをがんばって、輝く笑顔でいると、ニキビも目立たなく見えます。

自分の体で一番好きな場所はおでこだという女性もいるでしょう。

そんな方は自信を持って前面におでこを見せていきましょう。

自分の好きな部分を共感してくれる人が見つかれば、一石二鳥です。

また、おでこを見せるのと、見せないのとでは、お顔の印象は、グッと違うものになりますよね。

自分のお顔の特徴に関わらず、気分に合わせて前髪を作ったり作らなくしたりして、自分に一番似合う髪型を試行錯誤して見つけることも、キレイへの第一歩です。

今まで前髪を上げてばかりだったり、もしくはおでこを隠してばかりだった方もぜひ反対の髪型をして自分のベストを見つけてみてください。

 

    「おでこを出すと似合う女性と似合わない女性の顔の特徴とは?輪郭や髪質でおでこ出しの似合い度が変わる」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。