人が髪を切ったことを素早く気づく方法5つ

最終更新日:2015年10月11日

「あれ?髪切ったこと誰も気づかない」ということが日常でありませんか。

ヘアスタイルを変えるということは大きな決心や勇気がいるものです。

それなのに気づかれないってショックですよね。

また、逆の立場だったらどうでしょうか。

もし毎日顔を合わせている友人や職場の仲間が髪型を変えたとき、あなたはすぐ気づくでしょうか。

今回は、周囲の人が髪を切ったことを素早く気づく方法をご紹介します。

1.自分の髪型を意識しておく

自分自身が自分の髪型を日頃から意識しておくことです。

あなたは毎日同じような髪型で学校や職場へ行っていませんか。

もし毎日同じスタイルであれば、自分の髪型に変化を毎日つけてみましょう。

ロングの人ならアップの日や巻いている日など少しでも自分の髪型の変化を意識していれば、自然と周りの人のこともどんな髪型を毎日しているか気にして見るようになるのでないでしょうか。

例えば「あの人の髪型を真似したいな」とか「あの人はヘアセットするのに毎朝どのくらい時間をかけているのだろう」とか色々な人を気にしてみましょう。

ふと髪を切ったときは「あの人いつもキレイなアップしていたのに」という風に他人の変化にもすぐ気づくはずです。


2.ほめる癖をつけておく

「いつもお肌キレイだね」「その日の服に合わせてピアスやネックレスが変わってオシャレだよね」女性なら外見の部分をほめられることってすごく嬉しいですよね。

夜は合コンだからばっちり化粧の日でも、ノーメーク風で薄くアイシャドウしている日でも、見た目や容姿をほめられて喜ばない女性はいないはずです。

もちろん男性に対しても「今日も素敵な笑顔ですね」なんて言われたら、きっと嬉しくてその日から言われた女性を意識してしまうかもしれません。

このように日頃から周りの人をほめる癖をつけておきましょう。

ほめるということは、あなたが相手のどこが素敵か、相手のどこが良いところなのか、その人をきちんと見ることが出来るからです。

きちんと見ていれば、髪を切ったこともすぐに気づきますよね。

ただ誰にでも何でもほめることで、周りに「八方美人」だと決して言われないように。


3.髪型で周りの人をイメージしておく

取引先の色々な人との名刺交換をして次に以前会った人と再会したとき、名前と顔が一致せずあたふたしている、そんな新入社員の営業マンっていますよね。

営業マンに関わらず、日常の生活でも「あれあの人は前会ったことあるかな、ないかな」ということは少なからずありますよね。

それでも一回会えば次会ったときも顔を覚えているという人も結構いますよね。

その人達は顔の特徴を似ている芸能人や動物にイメージするなんて話もよく聞きます。

でも今回は「周囲の人」が髪を切ったらすぐ気づく方法なので、名前と顔はもう知っているのは当然です。

その知っている人に対して学校や職場を離れてふと思い出すとき、そんなときは髪型をイメージして顔を一致させることをぜひ試してみてください。

髪型と顔のイメージを一致させていれば、その人が髪を切ったときもちろん気づきますよね。


4.薄毛になる将来を気にする

人って必ずみんなに起こるのが「老化」ですよね。

どんなに若い人でも必ず歳をとります。

キレイな人でも必ず顔にしわが出来てきます。

そして、どんなに今髪の毛がふさふさの人でも、髪の毛が少なくなります。

もちろんおじいちゃんやおばあちゃんになっても白髪が増えても髪の毛がふさふさの人達もたくさんいますが。

でも年を取れば必ず髪の毛の老化は避けても通れませんよね。

そこで周りの人の「薄毛になりそうな人」「白髪になりそうな人」などを自分の中で簡単にリストアップしてみてください。

将来じゃなくても、今の時点で「あの人は今もオデコが少しやばいかも」なんて人も出てくるかもしれません。

薄毛になりそうな人をリストアップして、その中にアップされた人が髪型を変えたり髪をバッサリ切ってきた日はすぐ気づくはずです。

でも「髪の毛それ以上なくなったら・・・」と将来を心配しすぎて育毛剤を勧めるのは、その人との親密度や信頼関係におまかせします。


5.自分が髪を切ったとき/切る前にアピールする

自分が髪を切ったときは気づいてもらう前になんらかのアピールをしましょう。

ズバリ「髪を切ったよ」ではなくて、さりげなく「雰囲気変えたんだ」というように。

そうすれば、周りの人も自分が髪を切ったときにあなたと同じように何らかのアピールをしてくるかもしれません。

もしくは髪の毛を切ったあとの事後報告ではなくて「今度ちょっとイメチェンしようかな」というように事前アピールでも良いでしょう。

人って案外アピールが強い人の影響って受けやすいものです。

自らがアピールすれば、周りもなんらかのアピールを同じようにしてくるはずなので、そのアピールを察知して「あ、髪を切ったんだね」といち早く気づきましょう。

影響を受けた人が他にも何人かいたら、その人達もすぐにアンテナがすばやく察知するかもしれませんが、発信元の本人がおそらく一番に気づくはずですから。

髪を切った時にすぐ気づくようにしよう

髪を切ったときにすぐ気づく方法としてお伝えしましたが、日頃から色々なことに注意や意識したり気にかけていれば、髪型だけではなく周りの色々な人の色々な発見にも繋がるのではないでしょうか。

その発見によっては、さらに学校や職場や今後の社会生活の中でも、周りとうまく交友していくための秘訣になるかもしれませんね。