悲しい夢を見た時の意味とは【夢占い】何を暗示しているか知ろう

最終更新日:2016年9月18日

眠りにつくと、誰もが見ると言われている「夢」には、たくさんの種類があります。

中でも、悲しい夢を見て起きたとき、悲しい気持ちになってしまう人も多いはずです。

今回は、そんな悲しい夢には、どんな意味や深層心理が隠されているのかご紹介します。

1.現実の悲しい感情が反映されている

一番わかりやすいのが、悲しい出来事があった時に見る、悲しい夢です。

これは、自分自身が感じている悲しいという感情を、夢に見ることで整理していると言えます。

夢というものは、頭の中でそれまでの出来事を整理するものであるので、現実であった出来事は夢に非常に作用しやすいのです。

例えば彼氏にフラれてしまった夜、全く違う内容でも悲しい内容の夢を見てしまった場合、これは悲しい感情を整理することで自分自身をまた次の出来事に対応させていこうとする、頭の働きです。

したがってこの場合、悲しい夢をみること自体は自分の脳が前を向こうとしているポジティブな証と言えます。


2.悲しい出来事があるかもしれないと不安を抱いている

先ほどとは逆に、過去の話ではなくこれから悲しい出来事が起こるかもしれないという状況で不安に思っているときも、悲しい夢を見る場合があります。

何かそんな悲しい出来事を予想させるような事が起きた後には、悲しい夢を見る可能性がありますが、動じる必要はありません。

むしろ、夢で見ることで、そうならないように自分に警告しているともとれます。

悲しい夢を見てしまったからと言って、それにつられて悲観的にならないようにしましょう。

道が開けるヒントとなる場合もあります。

3.現実が幸せすぎて不安に思っている

次に考えられるのが、現実ではとても幸せなのに、悲しい夢を見てしまったという場合です。

幸せな現状に対して、幸せすぎるがゆえに、いつか壊れてしまうんじゃないかという深層心理が働いて、悲しい夢を見る場合があります。

夢にあらかじめ見ておく(心の奥に幸せでない未来を想像しておく)ことで、自分の心に保険をかけているというわけです。

とても幸せに過ごしていて何の不満もないのに、彼氏にフラれるという夢を見てしまったとき、それは現状が幸せすぎると感じている証拠である可能性があります。

そんな方は、本当に幸せ者と言えるでしょう。

今ある幸せを大切にしていくことで、悲しい夢も徐々に見なくなっていくかもしれませんね。


4.過去の出来事がトラウマになっている

場所や人が違っても、夢を見た後に「前にもこんな悲しいことを経験したような気がする」というような感情が起こった場合、それは過去の出来事によるトラウマによって見た夢である可能性が高いです。

特に、何度も同じ夢を見ていて、いつも悲しい気持ちになるという場合、そのトラウマとなった出来事をまだ克服できていない証拠です。

もうこんな夢を見たくないと思ったら、その夢の原因となっている出来事を考えてみて下さい。

そして、なぜ悲しいのか、どうしたら悲しさを克服できるのかを考えてみるとよいでしょう。

その悲しい出来事が夢で出てくるということは、自分の中で整理しきれていない感情が頭の中にうずくまっている証拠ですから、夢の感情としっかりと向き合ってみるというのも、時には大事なことです。

5.誰かの話に感情移入している

自分自身の身には何も起こっていないはずなのに、やたらと悲しい夢をみてしまった、そんなときは、その夢を見る前の夜や、前日などに、悲しい話を見たり聞いたりした可能性があります。

特に、夜寝る前に見ていたテレビ番組などは、夢の内容にとても影響しやすいものです。

友達から電話で悲しい話を聞いたり、テレビ番組で悲しいニュースやドキュメンタリーを見たりすると、そこに自分の感情が乗っかって、夢を見てしまうというわけです。

友達の話を聞いて悲しい夢を見てしまった、そんな人には、人に感情移入しやすく感受性の高い、優しい人が多いはずです。

くれぐれもその悲しい気持ちを引きずることのないようにオススメします。


6.予知夢である

科学的根拠ではなかなか証明しにくいけれど、確かにあると言われている「第六感」。

現実にある場所や人が、やけにリアルに夢の中に出てきた場合、それは第六感による予知夢である可能性が否定できません。

勿論、現実的な内容の悲しい夢を見たとしても、近々待っているかもしれない悲しい出来事に対して、いつ来るんだろうという不安を表している場合がほとんどです。

しかし、人間には第六感というものもあるため、その夢通りに、悲しい出来事が現実に起こってしまう可能性もあるということです。

そんな場合の悲しい夢は、来るかもしれない悲しい出来事を覚悟しておくためのものとも言えるでしょう。

見てしまった時には、あたふたせずに、自分を落ち着かせて事態に備えるのが得策と言えるでしょう。

悲しい夢の意味を知ろう

夢には必ず意味があり、起きても覚えているようなものは、特に自分自身が自分に対して何かを訴えている可能性があります。

とても悲しい夢を見てしまったが、理由がわからなくて苦しいという方には、夢の理由を探って自分と向き合ってみることをオススメします。