鬼ごっこをする夢の意味とは。未来からの注意かも【夢占い】

最終更新日:2016年9月18日

目が覚めかけの時に見た夢は、目が覚めたあとでもぼんやりと頭の片隅に記憶として残っているものです。

楽しい夢でしたら、気持ちも軽くなりますが、怖い夢だったり嫌な思いをした夢でしたら、その日は、沈んだ気持ちで始まってしまいます。

鬼ごっこをする夢を見たときには、どんな意味があるのでしょうか。

1.自分が鬼に追いかけられているときは、行く手を邪魔されているとき

鬼ごっこは、鬼役のひとと、鬼から逃げる役のひとがいます。

夢のなかで、そのどちらの役割を自分がしていたのか思い出してみましょう。

自分が鬼に追いかけられているときは、自分がこれから進もうとしている未来への行く手を阻もうとしている誰かやなにかがあるときです。

進むべき道になにか障害が発生しているときに、鬼ごっこで鬼に追いかけられている夢を見がちです。

新たな生活に踏み出そうとしているときに、思わぬ邪魔が入ってきそうだから気を付けたほうがよいという暗示でもあります。

自分の周りをもう一度見まわしてみましょう。

親切そうに手助けしてくれる人がいても、無条件に信用するのは避けたほうがよいでしょう。

そのひとが自分の進むべき道に立ちはだかってくるやっかいな障害になるかもしれません。

鬼ごっこで鬼に追いかけられている夢は、自分の周りの人が信頼できる人なのかどうかもう一度見直してみなさいという暗示でもあります。


2.鬼に追いかけられている最中、なかなか前に進めないときは、停滞期のとき

鬼ごっこでは、常に鬼役のひとから逃げ回っていなければなりません。

そんなときに、鬼から逃げる役の自分がなかなか前に進めないという夢を見たときには、人生の停滞期のときです。

この時期は、なにをやっても、空回りして上手くいきません。

我慢のときです。

自分を取り囲む状況が、あまりいい方向には進んでいないな、と感じるときでも、この時期は、状況を打破しようとしてなにかアクションを起こしても、いい方向には転ばないでしょう。

じっと耐えるしかないときです。

周りのひとに相談しても、そのひとが本当に信頼できるひとなのかどうか、見極める必要があります。

悩み事を相談して、第三者にその悩み事を漏らしたりしないか、ひとを見抜く技量が求められる時期でもあります。

味方だと思っていたひとが実は敵だったと判明するのもこの時期でしょう。

ときには、人生にも前に進まなくなる停滞期があると、思っていたほうがいいでしょう。


3.鬼役になって、誰かを追いかけているときは、目標に向かって一直線に進んでいいとき

鬼ごっこには、鬼役の人がいないとゲームが成り立ちません。

自分が鬼役になって、誰かを追いかけているときは、目標に向かって一直線に進んでいいという、ゴーサインが出たときです。

この時期に、自分の目標に向かって真っすぐに進んで行けば、良い結果が得られるでしょう。

目標に向かって進んでいて、もうすぐ成果が得られそうだというときにも、鬼役になって誰かを追いかけている夢を見ることがあります。

そんなときは、近いうちに、目指していた良い結果が得られる前兆でしょう。

このとき、気を付けなければならないのは、自分の周りにこの成果を嫉妬の気持ちで見ているひとがいないかどうかです。

良い結果が得られるかもしれないということは、誰かの嫉妬というネガティブな感情を引き起こすものです。

自分の周りに、自分の成果に嫉妬しそうな人はいないか、また自分の足を引っ張るひとはいないかどうかを、もう一度確認しておいたほうがよいでしょう。


4.鬼役になっている自分が誰かを捕まえたときは、幸運の前兆

走り回って、鬼役の自分が誰かを捕まえたときには、幸運の前兆といえます。

近いうちに、なにかうれしいことや、幸せな知らせが聞けることでしょう。

鬼ごっこの鬼役のひとは、誰かを捕まえるために、捕まえるまで止まらずに走り続けていなくてはなりません。

仕事や学業などで、止まらずに休みなく動き続けていたところに、思いがけない幸運の知らせが舞い込んでくることでしょう。

これは、努力の結果の幸運ですので、素直に喜びましょう。

この結果は、棚からぼたもちではありません。

自分の努力の結果です。

いままで走り続けてくたくたになっているところへの、良い知らせですので、うれしさも普段の百倍にものぼるでしょう。

自分が努力してきたことを周囲のひとたちも十分知っているはずですので、この結果に嫉妬するひとは少ないでしょう。

なんの心配もなく安心して良い結果を受け止めてください。

鬼ごっこの夢をこれから起きることへの注意と捉えて準備しよう

鬼ごっこは、鬼役のひとと、鬼に追いかけられる役のひとがいます。

そのどちらの役を夢のなかで担っていたかを思い出してみましょう。

どちらの役を担っていたかによって、鬼ごっこをする夢を見たときの意味が変わってきます。

夢は、これから起きる現実への注意だと思って、前向きにとらえるのがよいでしょう。

無意識からのアドバイスだと思って受け入れるとよいでしょう。