顔色を悪く見せるメイク術。体調不良風に見せよう

最終更新日:2016年2月23日

状況によってはどうしても顔色を悪く見せたいって時ありますよね。

でも、顔色って悪く見ようとしてすぐに悪くできるものでもありません。

そこで今回は、顔色を悪く見せる方法をメイクの仕方などと合わせてご紹介します。

1.グリーンのカラーコントロールを使う

カラーコントロールといえば、ピンク、イエロー、グリーンがポピュラーですよね。

ピンクは血色の良い明るい透明感ある肌に、イエローは、多くの人に合う色で肌をワントーン明るくしてくれる、そして、グリーンは、赤みを消して透明感のある肌に整えてくれます。

顔色の悪さは、血色の悪さでもありますから、グリーンのカラーコントロールを使って、血色の良さを消し、青っ白い印象にします。

そのためには、通常より少々多めに使用して顔全体に伸ばします。

首の方までしっかり塗って、顔の色と首の色の違いが出ない様に気を付けましょう。

血色がわるくなり、貧血でも起こしてるかのような雰囲気を作れます。


2.黄みよりの明るいファンデを使う

顔色の悪さは様々です。

青白く仕上げて、貧血状態のような顔色の悪さもあれば、土色の様にして疲れた感じを出すのもありです。

土色の様に見せるためにはパウダーファンデーションの黄みよりのカラーの明るめのものを顔全体と首の方まで塗っていきます。

黄色っぽい顔色になり、とても健康的とはいえない肌色になります。

もともとの肌のトーンが暗めの人は、黄みよりのカラーでも少し暗めの色を選ぶと良いでしょう。

また、リキッドではなく、マットタイプのパウダーにして肌のツヤ感もなくすと良いですね。

だいぶ疲れて、顔色が悪くなってしまった様な雰囲気を作れます。


3.唇にもファンデーションを塗る

カラーコントロールやパウダーファンデーションで、顔色を悪くさせても唇が健康的な色のままでは顔色の悪さに現実味が無くなってしまいます。

そんな時は、唇にもファンデーションを塗ります。

ファンデーションをパフで上下の唇の中央にポンとのせ、あとは指で軽く伸ばしながらぼかして全体的に広げます。

塗り過ぎは、ファンデーションを口に塗ってるとバレてしまいますので、適度に唇の色を消す程度に留めておきましょう。

コンシーラーでやるのも良いですが、伸びの悪いコンシーラーは不向きです。


4.目の周りもメイクしてさらに顔色の悪さアップ

泣きはらしたような目元にすると、不健康さが増し、顔色の悪さもアップします。

そのためには、笑うとぷくっとふくれる涙袋の下あたりにブラウンシャドウでスッと線を引きます。

線を引いたら、綿棒などを使ってうまくぼかし、目の下にクマのような影を作ります。

次に、赤に近いチークを用意して、下まつ毛の生え際の中央に綿棒やチップでポンポンと置きます。

それを下まつ毛の生え際全体に薄く伸ばして、目のすぐ下をうっすら赤くします。

すると泣きはらして充血したような目元になり、顔色の悪さをアップさせることができます。

やり過ぎはすぐにメイクだと気付かれてしまうので、極自然に仕上げるため薄く薄くを心がけましょう。


5.すっぴんになる

顔色の悪さは血色の悪さでもあります。

普段メイクをする人はすっぴんになると少し肌がくすんで見える事が多いので、思い切ってすっぴんになり血色の悪さをアピールするのも良いでしょう。

その際、ブラウンシャドウで目の下にクマを作って見せるのもオススメです。

普段クマができてしまう部分に、ブラウンシャドウを少量のせて綿棒などで半月型にぼかしていきます。

薄くなるように意識しながら、ぼかしていけばより自然はクマができて、疲れた感を出すことができます。


6.フェイスラインを冷やす

顔も血流が良ければ、ほんのり蒸気したような健康的な顔色になります。

そんな健康的な顔色を無くすためには、あえて血流を滞らせると顔色が悪くなります。

顎下から、耳の下にかけてのフェイスラインは、顔の中でも一番滞りやすい場所と言われています。

そんなフェイスラインを冷やすことで、さらに血流が悪くなり、顔色が悪くなります。

保冷剤などを左右フェイスラインに同時にあてて、我慢できないぎりぎりくらいまで冷やしましょう。

ただ、これはあえて血流を悪くするという荒療治にすぎません。

どうしてもという場面のみおこなうことをオススメします。


7.赤色のトップスを着る

トップスの色によって、肌色の見え方は変わるものです。

グリーンやピンクは健康的な顔色に見せる効果がありますので、避けると良いですね。

赤色は、顔を白く見せる効果があるので、顔色を悪く見せたいのなら、赤色のトップスで貧血気味を装うのも良いですね。

顔色を悪く見せるテクを知っておこう

顔色を悪く見せる方法をご紹介しました。

少々荒療治なものもありますが、顔色を悪く見せたい時のメイク方法や秘訣を知っておけば、何かの時に役に立つかもしれません。