彼がいつもそばにいる様にする方法5つ

最終更新日:2017年2月27日

好きな彼には、できればずっとそばにいてもらいたいと思うもの。

そのためには、彼がそばにいたいと思えるような女性になることに努力が必要なこともあります。

彼がいつも自分のそばにいてくれるようにする為には、どんな方法があるのでしょうか。

1.会えない寂しさを過剰に伝える

大切な彼女が、寂しさを感じて泣いていたり、孤独に感じていることを知れば、自分がそばにいてあげたいと思ってくれるもの。

自分の強がりによって、その寂しさを伝えずにいたり、やせ我慢しているようなことはないでしょうか。

寂しいという思いを伝えることは、彼に対しての「一緒にいて欲しい」というアピールにも繋がるものです。

多少オーバーに伝えるくらいが、鈍感な男性にとっては分かりやすいものです。

いつも自分のそばにいてくれるようにと、寂しいことを過剰なまでにアピールしてみると良いかもしれません。

そばにいれば笑顔でいたり、楽しんでくれる彼女の姿を見ると、そのギャップから「自分がいると安心していられるんだ」と思ってくれることでしょう。

2.弱い女性を演じる

弱い女性を演じることで、彼が「守ってあげないと」という思いを持ってくれることもあります。

例えば一人で何もすることができない、何かをしてもドジってしまう、放っておくと何をしでかすか分からないといった、少し弱く手のかかる女性を演じてみると、彼は彼女のことを放っておくことができなくなります。

「俺がいないとダメだ」「一緒にいないと逆に心配」と思わせることで、自分のそばにいつもいてくれるようになります。

ただし、それが演技であるとバレてしまえば、彼の気持ちが冷めてしまったり、距離を置かれてしまったりと、取り返しのつかない状態になる可能性も。

自分の中で演じられる無理のない範囲で、弱い自分を演出してみると、彼はいつもよりそばに居れくれるようになるでしょう。

3.アクティブになる

女性は日々の生活に安心や安定を求める人が多い反面、男性は刺激となる生活に興味を持つものです。

その心理を利用して、彼をいつもそばにいてくれるように変えることも難しくはありません。

彼が試したことないこと、彼が今までに体験したことがないこと、行った事がない場所など、彼がこれまでの人生で経験したことがないようなことを、どんどんアクティブにデートに盛り込んでみると良いです。

彼の中で「会ったら何をするんだろう」「今度は何を体験できるんだろう」という好奇心が膨らみ、彼女といることに楽しみを覚えるようになります。

彼女がアクティブで、彼女から教わることが多いと、彼女自体に興味を示し続けるように。

彼女といると色んな体験ができることを学び、彼女といると時間を忘れるほど楽しく思えるようになれば、彼は彼女が求めていなくても、いつもそばにいたいと思ってくれるようになるでしょう。

男性をリードするようにどんどんアクティブに新しいことに挑戦し続けてみましょう。

4.話す側よりも聞く側になる

女性は話をすることが大好きですよね。

ただ、相手が同性であればそこに共感できるものですが、彼は異性であるため、理解しがたいことも多いもの。

それでも好きな女性の話はできるだけ聞いてあげようとする彼は、次第に疲れてしまったり、二人でいることを窮屈に感じるようになってしまいます。

彼がいつも自分のそばに居てくれるようにするためには、彼の話を聞く側に回ってみることです。

彼がどんな思いを抱きながら生活しているのか、彼の本音を聞いたり、彼の愚痴を聞いたりすることで、彼の良き理解者という立場になると、彼は彼女といることに居心地の良さを感じるようになります。

リラックスできたり、本音を言えたりする居場所は、男性にとってそんなに多くはないものであり、貴重な場所となるものです。

それが彼女の存在になった時、ずっと一緒にいたいという思いを持つようになります。

5.共通の趣味を作る

同じ目的があると、必然的に一緒にいることが多くなるものです。

今二人の間に共通した趣味がないのであれば、何か一つ同じ趣味を持つと良いです。

もしなかなか趣味が合わないという場合は、彼の趣味に自分が合わせてみると良いかもしれません。

初めのうちは興味が湧かなかったり退屈に感じることがあっても、彼がいつもそばにいるという状況は手にすることができます。

同時に、趣味を一緒に共有することで話題も増え、彼がどんなものに興味を持っているのか、何を楽しいと思っているのかを深く知ることができるものです。

自分が彼の趣味に寄り添う形で共有してみれば、さほど時間がかからないうちに、彼がいつもそばにいてくれる感覚を味わえるでしょう。

彼がずっとそばにいるようにしよう

彼と一緒にいたいと思うことはとても自然なことです。

ただ、彼自身も「彼女といつも一緒にいたい」と思ってくれないことには、一方通行の思いのままで実現には至りません。

そばにいてくれるようになるために、自分ができることを見つけて、努力してみることから始めてみると良いです。

お互いに一緒にいたい気持ちが強くなっていけば、自然といつも一緒にいる関係が生まれてくるのです。