彼の飼う猫が邪魔だと思ってしまった時にできる対策方法

最終更新日:2017年1月3日

彼に家に遊びに行ったのに、彼の飼っている猫が邪魔で良い雰囲気になることができないと寂しいですよね。

猫は可愛いいですが、彼との関係にとっては邪魔に思えてしまう時もあります。

そこで彼の猫が邪魔だと思ってしまう時の対処法をご紹介します。

1.猫が自分で遊べるグッズを買ってくる

彼の猫が邪魔だと思ったら、猫が自分で遊べるグッズを買ってきましょう。

猫は好奇心旺盛なので動くものを見つけると、だんだんと興奮してきます。

猫本来の本能は狩猟をする動物なので、動くものを見つけると攻撃しようとする習性があります。

その習性を利用すれば猫の気を引くことができ、彼との間を邪魔されることも無くなります。

グッズはやすい玩具などたくさん売っているので、動く玩具を買ってきましょう。

猫が一人で気ままに遊んでくれていれば、邪魔をすることも無くなるので、彼との間も邪魔されずに済みます。

2.美味しいエサを買ってきて満足させてあげる

動物にとって美味しいエサを食べることは、至福のひと時でもあります。

毎日エサを食べるのも楽しみですが、普段は食べられないような高級なエサもたくさんあります。

猫用のエサは種類も豊富ですし、何より猫が美味しく食べられるエサがたくさんあります。

今日は彼との時間を邪魔されたくないと思ったら、猫が喜ぶとっておきのエサを買っておきましょう。

できるだけ美味しいエサをたくさん食べさせることで、猫も満足してくれます。

美味しいエサをたくさん食べた後は、当然眠くなってくるのが動物の習性です。

たっぷりと美味しいエサを食べさせた後は、猫がかまってほしいと近づいてくることはありません。

どこか落ち着ける場所でぐっすり眠ってくれるでしょう。

彼の猫が邪魔だと思った時は、美味しいエサをたっぷり食べてもらって、ゆっくり眠ってもらいましょう。

3.2人だけになりたいと猫に嫉妬している姿を彼に見せる

彼の猫が邪魔になったとしても、間違っても彼にはその事は話せません。

しかも猫は何も悪くないので、この気持ちをぶつける場所が見つかりません。

自分だけがイライラすることになるので、遠回しに彼の猫が邪魔だということを彼に伝えましょう。

彼とイチャイチャしたい時に猫が近寄ってくると、ムードを壊してしまうかもしれません。

そこで2人きりの空間で楽しみたいということ彼に伝えれば、きっと猫のことを対処してくれるでしょう。

他の部屋へ連れて行ったり、一時的にでも隔離してくれるはずです。

自分で猫を隔離するよりも、彼にやってもらえば角も立ちません。

上手く猫を隔離させるためには、遠回しに彼と2人だけの時間を過ごしたいということを伝えましょう。

4.もう一匹猫を飼う提案をする

彼の猫が邪魔だと思ったら、思い切って彼にもう一匹猫を飼うことを提案してみましょう。

猫にとって人間と遊ぶこのも楽しいかもしれませんが、猫同士で遊んだ方が楽しめるでしょう。

猫にとっても仲間がいることは嬉しいものですし、遊び相手としても仲良くなれるはずです。

2人で楽しみたい時に猫が一緒になってどこかで遊んでいてくれれば、猫のことを邪魔だとは思わなくなります。

猫は気まぐれな動物なので、比較的手間も掛からないペットです。

エサやトイレの掃除をすればいいので、猫が増えてもそれほど手間が増えることはないでしょう。

彼には自分達の為というよりも、猫のためにもう一匹猫を増やした方がいいと提案してみましょう。

猫のことを可愛いと思っている彼なら、きっともう一匹猫を飼うことを考えてくれるはずです。

5.猫のことは無視をして2人だけの時間を楽しむ

彼とイチャイチャしたい時に猫が邪魔だと思ったら、猫のことは無視して彼と楽しみましょう。

彼にとって猫のことは大切な家族の一員だと思っています。

彼女にとっては可愛いと思える猫ですが、彼にとってはそれ以上の存在に思っているでしょう。

彼と一緒にいる時には可愛い猫ですが、イチャイチャしたい時には無視をして2人だけの世界に入りましょう。

もしも彼が猫のことをかまったら、その日は彼にもお預けします。

2人だけの時間を楽しみたいのに、猫のことをかまったと言えば、次から彼も猫のことは無視をして自分のことだけを見てくれるでしょう。

彼が自分のことだけを見てくれれば、猫がいたとしても気にすることはありません。

猫は邪魔だと思ったとしても彼との2人だけの時間を楽しむことができれば、だんだんと気になることも無くなっていくはずです。

彼の飼う猫が邪魔だと思ってしまっても対策できる

彼の飼う猫が邪魔だと思ってしまった時の対処法を紹介しました。

猫のことが邪魔だと思っても、それを彼に言うことは絶対にできません。

自分からは彼の猫に対して何も言うことができませんし、もしも猫のことを悪く言ってしまったら、次から彼の家にいくこともできなくなるでしょう。

できるだけ彼と猫の心を傷つけないようにするためには、いろいろと対処法を駆使して2人だけの時間を楽しむことが大切です。