動物園デートで女性が気をつけるべきポイント5つ!注意点を守り楽しい動物園デートをしよう

デート最終更新日:2019年5月21日
動物園の動物

動物園デートは可愛い動物を見て回れば二人で楽しい時間を過ごせますが、楽観視してはいけません。

年齢性別を問わずだれでも楽しめるのが動物園の魅力ですが、動物園デートがきっかけで関係がギクシャクしてしまったカップルは意外と多く見られます。

動物園デートをすることになった時、楽しい時間を過ごすために気をつけておきたいポイントとは何でしょうか。

カップルの定番デートスポットとして人気の動物園だからこそ気を付けたいことなどはさまざまです。

そこで今回は、動物園デートが決まった時に注意したいポイントについてご紹介します。

1.動物園デートでは動きやすい服装にする

好きな人とのデートだから精一杯オシャレして出かけたいと思うのは女性として当然です。

デートは最もオシャレに気合を入れる場面ではありますが、出かける先が動物園ということを忘れてはいけません。

あまりイメージされませんが、動物園は立派なアウトドアスポットです。

動物園と似たようなスポットとしては遊園地やテーマパークがあります。

それらのスポットと比べると動物園は自然がずっと多くふさわしい装いをしていかないと思わぬ苦労をする羽目になります。

動物園デートは思っている以上に長時間歩くので歩きやすい服装でないとあっという間にくたくたになってしまいます。

ヒールやスカートなど見た目だけを考えたファッションをしていくのはNGです。

かかとの高い歩きにくい靴を履いていけば足手まといになってしまい、せっかくのデートがシラケるだけです。

さらに、動物園はきちんと管理されていてもそれなりに汚れる可能性が高い場所です。

もしかしたら芝生に座る機械なども考えられるので、白一色など汚れの目立つファッションは不向きです。

動物園に出かけるのにふさわしいのは動きやすさを意識したアウトドア系のカジュアルファッションです。

いわゆるかわいい系のファッションが着られないのに不満を感じる女性も多いのですが、男性は必ずしもかわいい系ばかりに惹かれるわけではありません。

いつもは違うジャンルのたまにカジュアルな格好を見れば彼氏も新鮮さを感じて喜ぶことでしょう。

TPOを考えたファッションコーディネートができる女性という印象を与えてイメージもアップします。

2.動物園デートでは日傘をささない

最近は紫外線対策で日傘をさす女性が増えています。

紫外線はお肌の大敵であり日傘で対策するのは悪いことではありません。

しかし、いくら動物園が屋外で日射しが強いといってもデート中に日傘を使うのはあまりオススメ出来ません。

日傘をさしていることで楽しいデートから一歩引いてるような印象を男性に与えてしまうからです。

男性心理からすると、動物園デートでは心から楽しみはしゃいでいる女の子の方が可愛らしいく見えるものです。

動物園で過ごす時間を純粋に心の底から楽しんでいるように相手に印象付けるには、紫外線を気にして日傘を使っているよりも手放しで動けるような状態が理想です。

また、日傘など手に異物を持ったまま見学していると意図せず園内の動物を怖がらせてしまう可能性があります。

直接的に被害を与えなかったとしても無意味なプレッシャーで動物に負担を欠けるべきではありません。

そういった動物関連の知識を持っている彼氏とデートしている場合、動物園に出かけるとわかっていながら日傘をさすような常識がない女性だと思われかねません。

とは言え屋外で長い時間を過ごすことになる動物園デートにおいて紫外線対策は必須です。

紫外線の影響が気になるようでしたら、いっぱい日焼け止めを塗りましょう。

日傘以外にも紫外線対策の方法はあります。

日傘をさしているだけで屋外で歩くのを嫌がっている、と思われることも無くなります。

日射しを気にせず楽しめるよう準備しておきましょう。

3.動物園デートにはハンカチ、ティッシュは必ず持つ

動物園デートにはハンカチとティッシュは必ず持っていきましょう。

今は街中でいつでもティッシュが配布されているので持ち歩かない人も増えています。

しかしハンカチとティッシュを持ち歩くのは初歩中の初歩のマナーです。

ティッシュなんて町でいつでも貰えるから家から準備して持ち歩かないという人も多いと思いますが、動物園の年内でティッシュが配布されていることはまずありません。

園内では長時間動き回るので汗もかくかもしれませんし、手や服が汚れてしまう可能性も考えられます。

そんなときにハンカチやティッシュをかばんの中からサッと出せなければ、最低限のマナーすら知らないと思われてとても恥ずかしい思いをします。

ハンカチとティッシュは最低限のマナーですが、意外とできていない女性は多く準備しておくだけで確実に印象はアップします。

忘れることの無いように必ず前の日に荷物の中に入れておきましょう。

まだ二人の関係がそれほど深まっておらず会話がなかなか続かないときもハンカチとティッシュが役立ちます。

会話がなかなか続かず気まずい時間が流れてしまうと彼氏が汗をかいてしまいます。

そんな時にすかさずハンカチを取り出してひたいに流れる汗をさっと拭いてあげれば二人の関係は急接近します。

あまり意識されることはありませんが、ハンカチやティッシュはさり気なくスキンシップを取るのにもとても便利なアイテムです。

気遣いアピールをしつつ上品に相手に近づけるので動物園デートでも上手に使いましょう。

4.動物園特有の臭いが気になっても顔や口に出さない

たくさんの動物が飼育されている動物園で気になるのが臭いです。

動物が飼育されている以上はある程度の匂いが出るのは仕方のないことです。

動物の種類によっては臭いが強く感じられて気になる場面も出てきます。

しかし臭いが気になってもあからさまに顔や口には出さないのが賢明です。

本人は軽い気持ちで臭いについて言ったつもりでも、内容がネガティブであれば言われた側はいい気分はしません。

臭いについて言われてしまった彼氏としては責任を感じてしまい動物園に誘わなければ良かったなぁ、なんて気にしてしまう可能性があります。

逆に彼氏が臭いについて何か言ってきたとしても上手に耐追いする必要があります。

臭いがとても気になると強く同意してしまうと、せっかくの楽しい動物園デートもネガティブな臭いの印象に上書きされてしまいます。

臭いは多少気になるけれど、それ以上に動物園デートを楽しく時間を過ごせていると伝えるためにもハニカミながらちょっと気になるね程度に話を合わせておくにとどめましょう。

そうすれば臭いを感じつつも楽しんでいるように見てくれて、彼氏も動物園にデートに来て良かったなと思うでしょう。

5.子供に戻った気持ちで動物園デートを楽しむ

動物園デートの一番の魅力は子供の頃の気持ちに戻って楽しめることです。

忘れかけていた童心に戻って楽しめるデートスポットとして人気を集めているのですから、変に大人ぶるのは空気を壊すことになってしまいます。

恥ずかしがらず思い切り子どもに戻ってはしゃぎましょう。

普段見せることのない無邪気にはしゃいで楽しむ様子を見れば彼氏はあなたのことを可愛いなと感じます。

変に気取ってしまうのは逆に子供じみたふるまいです。

楽しむときは徹底的に楽しめる、そんな女性に男性は魅力を感じるものです。

子供に戻った気持ちで動物園デートを満喫すれば二人の距離はさらに縮まってもっと仲良くなれるはずです。

彼氏との動物園デートの約束があれば前の日からドキドキしますよね。

楽しみにするのはいいのですが、張り切りすぎには注意が必要です。

気持ちばかりが先走って空回りしてしまうと大きな失敗をしかねません。

せっかくの動物園デートなのに終わってから失敗した、こうすれば良かったなんて後悔ばかりでは台無しです。

いつまでも残るような思い出を作るためにもきちんと注意点を知ったうえで準備をして、楽しい動物園デートにいきましょう。

 

    「動物園デートで女性が気をつけるべきポイント5つ!注意点を守り楽しい動物園デートをしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。