彼が彼女に信頼されていると感じる瞬間とは。ロックなしのスマホなど

最終更新日:2015年5月24日

女性になにかを頼まれることは、男性にとって最大の喜びです。
「自分が信頼されている証拠だ!」と感じて、嬉しさで胸がいっぱいになるとか。

それくらい「女性からの信頼」を重視するのが男性ですから、「自分の彼女から信頼されている」と感じたときは感涙もの。
男性はどんなときに、彼女からの信頼を感じるのでしょうか。

1.ロックをかけていないケータイを手渡したとき

「彼氏が彼女から信頼されていると感じる時」といえば、まずは「彼女が自分の携帯電話を預けた時」です。

「しばらく持っててくれる?」と、携帯電話を預けるのはもちろん、
なにかの理由で「ちょっと電話に出てくれる?」と頼んで、彼女から彼氏に自分の携帯電話を手渡すだけでも信頼を感じます。

彼女の方としては、理由や用事があって「電話に出て」と言っただけなのに、
「自分にロックをかけていない携帯を渡してくれた」「それくらい自分を信頼しているんだ」と、とても感激します。

彼女の頼みに応じて携帯電話を借りて、何事もないような顔をして話すわけですが、こういったときの男性は、心の中が感激でいっぱい。
スマホやパソコンなど他のデジタル機器でも、同じことが起きるそうです。


2.手帳を預けたとき

デジタル機器を預ける以上に「自分は彼女から信頼されている!」と感じるのが、手帳などの文房具です。

なにしろ手帳は手で書きますから「こんなに大切なものを預けてくれるなんて!」の実感が、ケータイやスマホとは一味違うのです。

「女性は手帳に何を書くんだろう」も気になってしかたないそうですが、そこで手帳をのぞいたら信頼が崩壊しますから、じっと我慢。

手帳を預かっている間の彼氏は、「自分は信頼されている」の倖せでいっぱいなのです。

文房具も彼女が毎日さわっているものなので、借りた彼氏としては、すごく意識してしまいます。

逆にいうと、ボールペン一本で「文房具を貸してくれた。すごく信頼されてる」と、大感激してしまうタイプの男性もいることになります。

誤解されたくない男性には、自分の文房具を貸さないほうがよいかもしれません。

3.バッグ、化粧品ポーチ、財布を預けたとき

女性が自分の手元からバッグを離す場面はそうそうありません。

つまり男性のほとんどは、女性のバッグや化粧品ポーチ、財布をさわった経験がないか、ごく少ない経験しかないことになります。

そういった男性が、たまたま自分の彼女から化粧品ポーチを「ちょっと持ってて」と手渡されたとしたら、

「見たこともさわったこともない品物を手にした」ことになります。

持ったことがない品物なので、さわった感触が新鮮だし、「非常に貴重なものを預かったときの重厚さ」を感じる人もいるそうです。

女性の身近な私物を持たされることは、女性が想像している以上に、男性にとって感動の大事件になります。

男性によっては「バッグや化粧品ポーチを預けるほど信頼されているということは」と、おかしな方向へ考えを持っていく人もいます。

どんなに短時間でも(瞬間的であっても)バッグや財布を預けるときは、相手をよく見てからにしましょう。


4.二人だけの秘密ができたとき

「彼氏と彼女の二人だけの秘密」というと、プライベートな悩みとか、誰にも内緒の打ち明け話などを想像しますが、それだけではありません。
もっとささいなことでも、二人きりの「ここだけの話」は感激するそうです。

日曜日に二人で会いましょう。

これだけで男性が「自分は信頼されてるなあ!」になることがあります。

男性がこういう発想になるのは「日曜に二人きりで会う予定なのを、とりあえず誰も知らない!」
「二人きりの秘密ができた気分で嬉しい!」と考えるからです。

5.徹夜で長電話したとき

用件もないのに深夜に電話して、とりとめないことを何時間でもしゃべって、
それでも楽しくて仕方がないという時「彼女との信頼関係ができた」と感じます。

なにを話したいわけでもない、二人で過ごす時間が心地よく、どうしようもないという時です。

つきあい始めた最初のころなら、お互いに自分のいいところだけを見せようとしたり、格好をつけて本音を言わなかったり。なんとか自分をよく見せようとします。

それが、徹夜の長電話をくり返すくらい仲良くなってくると、「自分のいいところだけを見せよう、格好をつけよう」がなくなります。

「この人には自分の欠点を見せてもいい」「この人なら自分の悩みについて一緒に考えてくれる」という信頼ができるからです。

その信頼にもとづいて、お互いに素顔を見せ合うようになり、悩みや本音や、どうでもいい日常のことでも、なんでも気がねなく話せる二人になっていくのです。

信頼されていると過度に誤解されないようにも気をつけよう

男性にとって最も嬉しいのは、女性から信頼されること。
逆に考えると、おかしな男性に「あなたを信頼していますよ」と感じさせる行動をしてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

ケータイ、スマホ、バッグや化粧品のポーチ。
短時間だからと貴重品を男性に預けると、予想以上に感激され、誤解されるかもしれません。くれぐれも注意しましょう。