彼から突然返信や連絡がなくなった時の理由

最終更新日:2015年6月4日

LINEなど便利なアプリの普及がすすみメールや電話よりも手軽にやりとりができるようになった今、常日頃から彼氏と連絡を取っている方も多いのではないでしょうか。

いつもはすぐ返信が来るのに突然返信がなくなった!と不安になっている方もいるのでは。

そこで、彼氏から突然連絡が来なくなった時に思い当たる理由をご紹介します。

1.何かの事故に巻き込まれている

一番初めに浮かぶ理由として一番多いのはこちらではないでしょうか。

大切な人がもしも…と考えたらいてもたってもいられなくなりますよね。

しかし焦って相手の家族や友達に確認するのも心配性すぎるようで嫌ですよね。

連絡が取れなくなるたびに毎回毎回家族や友達に確認していてはまるで過保護すぎる母親です。

もしかしたら他に連絡が取れない理由があるのかもしれません、悪い想像ばかり膨らませずに、焦らずゆっくり連絡を待ちましょう。


2.急な仕事?残業?

働くうえで残業や急な仕事はつきものですよね。

同僚が…上司が…いろんな理由が考えられますが、彼は今手を離せない仕事に追われている最中かもしれません。

ある程度お付き合いをすれば大体の生活リズムを把握できるので、不安になる気持ちはわかりますが、執拗に連絡を要求するのも彼にとってはストレスになります。

急に連絡が取れなくなり不安で一杯な気持ちはわかりますが仕事で疲れている彼氏に追い打ちをかけないよう、仕事が終わるまで静かに待ちましょう。


3.もしかして…浮気?

男は浮気する生き物だといいますが、まさか自分の彼氏が…とは思いながらも、心の奥底で心配になるのも当然のこと。

しかし大抵の場合、本当に浮気をしているのであれば、初めから疑われないよう連絡が取れなくなる何らかの理由をつけるはずです。
「今日は仕事で遅くなる」「会社の飲み会があるから」など。

唐突に連絡がとれなくなると心配するのもわかっている筈です。

色んな意味で心配されないように、急に連絡を断ち切ることはないのではないでしょうか。


4.携帯の充電が切れている

もっとも現実的な理由は、携帯電話の充電が切れていること。

誰でも、長時間外出していて携帯の充電が切れてしまう経験をしたことはありますよね。

ぎりぎりで気付いてそれを相手に伝えられず、ぱったり音信不通になってしまうことも多々。

最近はコンビニでも携帯用充電器の購入が可能ですが、一時的なものにしては少々値段が…。

家に帰ってから連絡しようと思う人も多かれ少なかれいるはずです。

最近は携帯用充電器を持ち歩いている人も多いので、自分の彼氏がどちらのタイプか日ごろから知っておいてもいいのでは。


5.彼女からの愛情を試したい

なんとも面倒かつ可愛い理由の一つではないでしょうか。

相手からの愛情を試したい一心で少し時間を空けてみようなんて心理は男女ともによくありますね。

本当に相手は自分のことを愛しているのか、いい反応が見たくてついついやってしまいがちですが、本当に愛している場合、本当に心配するのでやめてほしいですね。


6.趣味やスポーツに没頭している

相手には自分より優先している大切な何かがあるのかもしれません。

決して彼女のことを大切に思っていないわけではないけれど、後回しにしてしまうほどハマっている何かが彼にあるのなら、それを邪魔してしまうことは避けましょう。

彼氏が趣味にふけっている時間は、自分のことに集中できるチャンスでもあります。

日ごろ時間がなくてできないこと、エステや読書など気分転換できる時間に変えてみてはいかがでしょうか。


7.不満がある、別れたいと思っている

一番考えたくない理由ですね。

彼がもう自分のことを好きじゃない、もしくは不満がある、別れたいと思っている。

そういう時は連絡をとるのも億劫になりますね。

しかし付き合っていれば別れはある程度覚悟のものです。

お互いの関係に対して見つめなおす大事な期間かもしれません。

一度時間をおいてみれば、やっぱり大事な存在だと思いなおすかもしれませんが、しつこく連絡をして迫っても迷惑がられるでしょう、冷静に連絡を待ちましょう。


8.今は放っておいてほしいと思っている

仕事やプライベートのことで滅入ると、だれかと連絡をとるのも面倒になってしまいますよね。

そこで彼女に甘えられるタイプの男性と、自分で抱えこんでしまい、今は放っておいてほしい…というタイプの男性がいると思います。

ただあなたが支えになっていないわけではなく、仕事のストレスや悩みを話したくない人も男女問わずいると思います。

勝手だなあと思いながらも見守る愛もあるのではないでしょうか。

連絡が取れない時間を有意義に過ごそう

考えられる理由をいくつかご紹介しましたが、思い当たる節はありましたか?

突然連絡がとれなくなるといろいろな想像が頭によぎりますね。

昔のように固定電話や公衆電話から一日たった一度連絡する時代とはうってかわり、毎日手軽に連絡が取れる今だからこそ、連絡が取れないことを気に病みすぎず、有意義に過ごしてみるのもいいのではと思います。