付き合う前のデートに行くと盛り上がるデートスポット

恋愛 デート最終更新日:2016年2月23日

付き合っているわけではないけれど、何となくいい感じ。気も合うし、話も弾むし、2人だけで会ってみたい!
そんなとき、どこに行けばいいのか分からないという方も少なくないでしょう。

そんな人たちのために、今回は付き合う前に行くとよい、おすすめのデートスポットをご紹介します。

1.話題の飲食店でランチorお茶

まず一番最初にデートに行くときには、自然な流れでデートの約束ができるとイイですよね。いきなり「デートしてください!」なんて言うのはあり得ません。
ではどんな風にきっかけを作るのか。それは、お互いが住んでいる地域の情報を得ることから始まります。

最近は大手会社から地域密着の会社など、さまざまなところからタウン誌が発行されています。また、ローカル番組で多数のグルメ番組も放送されています。そういった情報に目を向け、「今話題のスイーツ上陸」「こだわりの牛肉ハンバーグ」などといったネタを仕入れておくのです。

そうしておけば、相手が今食べたいものや好きな食べ物を知った時に「あそこのお店がおいしいらしいよ、いっしょに行かない?」などと誘えるわけです。

そのとき、時間帯は日中に設定した方がよいでしょう。ランチやお茶ならば拘束時間も長くないし、用が終わればそのまま解散できるので、相手への負担も小さいからです。

2.動物園

もう少し長い時間のデートをしたい時は動物園をおすすめします。

動物園は、2人の時間を楽しみつつも、周囲に他人の目があるので緊張しすぎる心配がありません。また、おしゃべりもできる環境ですから、どんどん話も弾みます。

また動物園は、一か所にじっと留まるような場所ではなく、次々に移動して動物を見ていくものです。そのため、会話下手な人でも「次はライオンだよ」「ここからサバンナエリアだって」というように、何かしら話すきっかけがあちこちに散らばっています。

動物園はナイトサファリをやっているところがありますが、2人の関係がまだ浅い場合はできるだけ日中に利用し、夜までに解散する方がよいでしょう。

3.水族館

動物園と似ているように思えますが、水族館にはこれまでよりも2人の関係を深める秘密が二つあります。

一つは、水族館には暗い場所があるということ。
深海魚や夜行性の生き物を展示しているエリアは、照明が落とされ薄暗くなっています。いつもは太陽の光の下で会っていた2人にとっては珍しいシチュエーションですよね。
お互いの距離を今までよりも少しだけ近づけてみたり、手が触れあってみたりと、これまでにない身体的接触のチャンスを作る絶好の場所です。

二つ目はショー。ほとんどの水族館で、イルカショーやアシカショーなど、なんらかのショーを開催していますよね。それをぜひ見に行ってみてください。
なぜなら、ショーを見るときは必ず2人が隣同士で座ることができるからなんです。

ランチなどの場合、通常であれば向かい合わせて座っていたことでしょう。水族館のショーをきっかけに、ぴたりと肩を並べることができるのです。

4.映画館

水族館よりも暗く、また2人で並んで座れる場所が映画館です。

他にも映画館をお勧めする理由があります。

最近は新しい映画が発表されるたびに、出演俳優さんがたくさんのバラエティ番組にゲストとしてやってきて宣伝をしていますから、話題の映画をチェックするのはとても簡単になってきています。

また、映画はスケジュールがきっちりと定まっていますから、映画のみのデートにしろ、前後に何か組み合わせるにしろ、非常に予定を立てやすいのです。

さらに、ランチ→映画→お茶 などというように組み合わせれば、共通の話題で盛り上がれるうえに、2人で過ごす時間もこれまでよりぐっと長くなりますね。

5.アルコールの出るお店でディナー

レストランなどでのディナーも定番のデートスポットです。

これまでほとんどの場合が昼間のデートだったのに対し、これは夜間のデートになります。

お酒の力を借りて、踏み込んだ話をしてみましょう。
その際お店は居酒屋などではなく、落ち着いたお店を選びましょう。個室やカップル席があるお店だとなおよいですね。
ただし、付き合う前から個室やカップル席だと相手が警戒する可能性があるので注意をしましょう。

また、ディナーの後に二次会に行くのもよいでしょう。二次会では食事はごく軽いものにして、バーなどのカウンター席で会話を楽しみます。
カウンターも横並びの座り方です。膝が触れたり、彼の顔がいつもより近くに感じられたりと、2人の距離はますます近づきます。
ほろ酔いを装って、彼の手を握ってみるのもよいかもしれません。

相手の反応を見ながらデートを楽しもう

付き合っていないうちのデートは、恋人同士のそれよりもドキドキワクワクするものです。
相手の反応を見ながら、話題と笑顔を絶やさず、2人の関係を深めていってください。