彼氏を「もう、どうでもいい」と思った時の対処法。彼への執着が消えてしまった時どうすれば良いか

恋愛最終更新日:2019年6月14日
彼氏をどうでもいいと思った女性

付き合っている彼氏とケンカしたりトラブルが起きたりして「もう、どうでもいい」と感じることがあるでしょう。

彼への執着が消える瞬間です。

特にそれがその場限りの感情ではなく、心の底から「本当にどうでもいい」と思ったときの対処法についてご紹介します。

自分からの連絡を断ちフェードアウトを狙う

「もう、どうでもいい」と思ったとき一番オススメなのは、こちらからの連絡を断つという方法です。

電話やメール、LINEなど一切の連絡を断ち彼氏からの連絡も無視します。

最初のうちは彼氏はしつこく連絡を取ろうとしてくるでしょうが、多くの場合そのうちあまり連絡してこなくなります。

そのまま放っておけば、自然消滅の形で関係はフェードアウトするでしょう。

この方法がオススメなのは、別れるまで時間がかかるところです。

人間は心変わりをする動物です。

最初は「どうでもいい」と思っていても、時間が経つうち彼氏のことが恋しくなって、元さやを求めるようになることも十分考えられます。

いきなり別れてしまって、後で後悔しないためにも一度連絡を絶ち自分の気持ちを整理してみましょう。

時間をかけて関係を遠ざける方法なら、途中でもとに戻すこともできるわけです。

もとに戻したいと思ったら少しずつ連絡をしていけばよいので、簡単に元に戻ることもできます。

自分の感情に合わせて対応できるやり方と言っていいでしょう。

特別な対処は何もしないけれど、彼に対して自分の中の優先度を下げる

「特別な対処は何もしない」という逆説的な対処法もあります。

先ほど紹介した方法に似ていますが、さらにニュートラルに対応します。

つまり「あえて連絡を断つ」ということもせず、気が向いたらメールぐらいして彼氏から「会いたい」と言ってきた場合も「暇だから、会ってあげてもいいか」というように対応します。

この対処法のよいところは、暇なときに会い忙しいときは断り自分中心の付き合いができるようになるところです。

彼氏を優先させることなく付き合うことができます。

表面的な関係はこれまでとほとんど変わりませんが「どうでもいい」といういう気持ちになっているところだけが、これまでとのちがいです。

彼氏に対して「どうでもいい」気持ちのまま、付き合えば、適当に付き合うことができるので、気持ちも楽になります。

暇つぶし感覚で彼氏と付き合うことができるので、重たい恋愛にならなくてすむメリットもあります。

重たい恋愛になってしまうよりもライトでよい付き合いができるかもしれません。

ある意味、大変気楽な付き合いになるわけです。

それがかえって二人の関係を長続きさせる、という皮肉な結果になるケースも少なくありません。

LINEや手紙で別れを告げる

そうしたあいまいな対処法は嫌だという人は、きっちりけじめをつけるといいでしょう。

つまりこちらからはっきり別れを告げるのです。

その際直接会って話すよりもLINEや手紙にしたほうがいいでしょう。

LINEや手紙に自分の気持ちをしっかり書いて、別れたいと伝えていきましょう。

その際にしっかりした理由を書くようにしましょう。

しっかりした理由を書けば、彼氏も納得する場合が多いです。

理由が曖昧だと疑問が残るので、その後会って話がしたいと言われてしまいます。

そうならないためにも、きちんとした理由を書いていきましょう。

こちらは「どうでもいい」と感じていても彼氏のほうではそう思っていないケースがほとんどです。

ですから、直接会ってしまうと話がこじれるケースが少なくありません。

それを避けるために、一方的に別れを宣言できるメールや手紙をオススメします。

もし「メールや手紙で彼氏とコンタクトすることさえうっとうしい」と感じるほど感情が悪化している場合は、友人を介して彼氏に別れを伝えるという方法もあります。

友人に伝えてもらえば、メールや手紙でコンタクトすることもしなくてよいので、安心して別れることができますね。

ただし、この方法は、場合によっては友人を話に巻きこんでしまう危険もあります。

ですから、あくまでも例外的な、特殊な方法と考えてください。

友達と思いっきり遊んだり、自分のやりたいことをする

彼氏のことを「もう、どうでもいい」と思っている時は気分転換に友達と思いっきり遊んだり、自分のやりたいことをやってみましょう。

自分が気分転換してみることで、彼氏との関係をゆっくり考えたり自分の気持ちを整理することができます。

気分転換してみて、やはり私もヤケクソになってしまっていたかなと感じれば、また穏やかな気持ちで彼氏と付き合っていくことができます。

気分転換しても気持ちが変わらない場合は、彼氏とこのまま距離を置いていきましょう。

恋愛はストレスが溜まることも多いものです。

男性と女性では違う部分も多く衝突することも多いのです。

自分の気持ちが分かってもらえなくてイライラしたり、相手が何を考えているのかわからなくて辛かったりするときもあります。

そんなときは、友達と思いっきり遊んだり、自分のやりたいことをやって気分転換してみるのがオススメです。

気分転換してみると、また、彼氏と仲良くしたいと思う気持ちになることもあります。

リフレッシュしてみて、自分がどうしていきたいのか自分の気持ちを確認していきましょう。

友達に相談してみる

一度冷静になって彼氏との付き合いを考えてみるのもオススメです。

その時には友達に彼氏のことを相談してみましょう。

友達に相談すると客観的な意見がもらうことができます。

友達の意見を聞いてみて彼氏のどこが嫌なのかがわかると解決策も分かりますし、客観的な意見から新しい発見をすることもあります。

友達に気持ちを共感してもらうことで、自分自身も気持ちが楽になります。

また、友達に話してみると「もう、どうでもいい」と感じていたことも、そんなに大したことではなく感じられる場合も多いものです。

それによりスッキリして、また彼氏と上手く関係が続けていける場合もあります。

恋愛経験が豊富や友達や色々な人との交流が多い友達だと、色々な情報がありアドバイスも上手なためオススメです。

恋愛経験が豊富な友達に相談すれば色々な解決策を用意してくれるので、別れる場合も上手くいきやすくなります。

状況に合わせたよい別れ方をアドバイスしてもらえば、上手く別れることができます。

誰かに話すことで自分の気持ちもスッキリします。

友達に相談してよいアドバイスをもらってみましょう。

感情が変化していく可能性も考慮に入れた行動をとろう

人間ですから「どうでもいい」という感情が時間とともに変化する可能性はあります。

ですからフェードアウトを狙う方法や表面上は良好な関係するといった対処法をしながら、最終的にきっぱり別れを告げるといった対処法を考えるというやり方が最も後悔やリスクのないやり方です。

別れてしまってから後悔しないためにも、別れを告げる前に彼との距離を置いてみて自分の気持ちをよく確認するようにしていきましょう。

 

    「彼氏を「もう、どうでもいい」と思った時の対処法。彼への執着が消えてしまった時どうすれば良いか」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。