彼氏と復縁したい時に実施すべき行動6つ。元カレとやり直すために動こう【復縁専門家監修】

復縁最終更新日:2019年7月31日

別れてしまった彼氏ともう一度よりを戻したくなる時ってありますよね。

それでもきちんと別れているのであればこちらからは連絡しずらいものです。

別れてから数カ月たっても自分の中で復縁したいと思った時、どうすればよいのでしょうか。

今回はそんな復縁をする方法についてご紹介します。

1.自分を磨き、元カレと会っても大丈夫な位に魅力的になる

まずは復縁したいと申し出た時のために、自分を磨いておくことをオススメします。

偶然何かの拍子で彼に会うこともあります。

そんな時に失恋のショックで身なりにかまわなくなって女子力が落ちていては、やっぱり別れて正解と思われてしまうかもしれません。

会うようなことがあった時のために、ダイエットに励んだり美容室で髪型を整えたりしましょう。

付き合っていた頃よりもあなたが美しくなっていれば、逃した魚は大きいと向こうの方から復縁を申し出てくれるかもしれません。

また、外見以外でも新しい習い事を始めたり、新たな世界に飛びこんでみましょう。

あなたに新しい魅力が備わっていることを知って、あなたのことを気にするようになるかもしれません。

別れても自分が輝いて楽しい時間を毎日過ごすようにしましょう。

追うとかえって男性は逃げるものです。

向こうが新たにあなたを追いかけてくなるように魅力的になりましょう。

2.元カレと関連する友人と会う

あなたと元カレの共通の友人はいないでしょうか。

別に復縁を頼むわけではありません。

共通の友人に会って、あなたが充実した楽しい毎日を過ごしていることを伝えておきましょう。

共通の友人はあなたの情報を、元カレに伝えるかもしれません。

ここであなたが復縁したがっているように伝えてもらうのかどうかは、別れた時の状況次第ではあります。

あなたが振られた方なら、元カレのことなど関係なく楽しく充実している情報のみが伝わった方が、元カレは気になるものです。

もう自分のことを忘れたのかと、動揺するかもしれません。

男性はいつまでも自分のことを好きでいると勘違いしているものです。

その情報をきっかけに、あなたに何らかの連絡が来るかもしれません。

逆にあなたの方が振ったのであれば、元カレの事を気にしているようなことをなんとなく伝えてもらいましょう。

この場合は信頼できる友人にお願いするようにしましょう。

ニュアンスが微妙に違うとかえって悪い印象が伝わる場合もあるからです。

男性は好きな女性のことを引きずりやすい傾向があります。

自分のことを気にかけてくれていると知ったら、もしかしてまだ彼女も自分のことを好きでいてくれるのではなんて期待を持ってくれます。

3.元カレに直接連絡して復縁へのきっかけを作る

元カレの事が気になるのなら直接連絡してしまいましょう。

かと言っていきなり復縁を迫るわけではありません。

お互いの近況報告というか、なんとなく当たり障りない話題をして電話を切りましょう。

ここであまり長くならないようにして下さい。

元カレはあなたがなぜ連絡をして来たのかが気になるかもしれません。

もし元カレの方にも未練があれば、これで向こうから誘いの電話がかかってくるはずです。

要は向こうから連絡しやすいようなきっかけを作ればいいだけです。

向こうに未練がない場合でもこの何となくの連絡が数回あると気になってくるものです。

向こうから一方的に振られたのでなければ効果のある方法ではあります。

もし何の脈絡なく連絡するのが難しければ、元カレの誕生日やイベントごとの折に、連絡するとハードルは低いです。

いきなり電話はちょっと怖いという場合は、LINEやSNSを使うと比較的気軽に連絡しやすいです。

4.他の男性と交際して自分の気持ちを確かめる

他の男性、もしくは男友達でもいいです。

他の男性と一緒に出掛けたり、一緒に過ごす時間を過ごしてみましょう。

そうすることによって失恋の悲しみから癒されることはあります。

心の冷静さも取り戻すことができるでしょう。

元カレ以外の男性と付き合ってみることで、いろいろと視野が広がります。

その中でやはりあなたが元カレとよりを戻したいと思うのであれば、あなたの気持ちは本物です。

自分の気持ちを確認できたら、あなたは復縁のために行動を起こすべきです。

他の男性との時間を作れば、あなたに女としての自信も取り戻せているはずです。

冷静に元カレと会って、なぜあなたが復縁をしたいのかを論理的に話してみましょう。

相手があなたの気持ちを受け止めてくれるかもしれません。

相手の気持ち次第な部分もありますが、あなたに冷静さがあれば話は聞いてもらえるはずです。

5.料理の腕を磨き胃袋を掴む

単純なことではありますが、やはり料理上手な女性を男性は手放したくないものです。

あなたが自分の女子力を上げるために料理がうまくなれば、向こうは考え直してくれるかもしれません。

信じられないかもしれませんが、それだけでころっと復縁することは意外に多いものです。

この子は料理をしてくれないから結婚には向かないと、なかなか結婚に踏み切らない男性も実際に多いのです。

元カレのためにという気持ちが見え見えでもいいので料理の腕を上げてみて下さい。

反応が変わるかもしれません。

食べてもらう時は、どうしても誰かに試食してもらいたいからと言い、復縁は自分からは迫らないでおきましょう。

また、彼を含めた大勢に対して差し入れという形で届けても自然に食べてもらえる可能性があります。

元々料理が得意で元カレに振る舞っていたのであれば、時間がたつにつれ、あなたの料理が恋しくなってきます。

料理に重きを置いている男性なら、あなたにまた会いたくなるはずですよ。

6.あえて復縁を迫らず時間を置いてみる

彼から別れを切り出された場合、復縁を焦って別れて間もないのにアプローチすると、さらに避けられる原因になります。

あなたに対して何かしら不満があったり、ほかに好きな人ができたから別れたのであって、短時間で彼の気持ちが変わるわけではありません。

つらいかもしれませんが、ある程度冷却期間は置いたほうが、復縁の可能性はアップします。

もし彼が他に好きな人が出来ていたのであれば、その後の動向をチェックしておきましょう。

新しい彼女と付き合ったけど別れていたら、そのタイミングで行動を起こすのもありです。

また、あなたに不満をもって別れを切り出されたのであれば、その不満を解消する必要があります。

彼が嫌だと思っていたことがすぐにわかればいいですが、心当たりがないのであればその原因を調べるところから始めなければいけません。

また改善するにはやはり時間がかかるものです。

自分から別れを切り出した場合、彼もまだあなたに対して未練が残っている可能性があります。

ただ、別れてから期間が短い場合、あなたに振られた手前、すぐに復縁してしまうのはプライドが許さないと思ってしまいます。

あまりにも期間が短いと、短期間でコロコロと気持ちが変わるやつと信用を失ってしまい、逆に嫌われてしまうことにもなりかねません。

焦る気持ちはわかりますが、ここはぐっと我慢して、まずは彼の気持ちがもう一度戻ってくるように時間を置きつつ自分を変えていきましょう。

復縁を望むなら行動をしていこう

以前の彼氏と復縁するための方法をご紹介しました。

別れた時のお互いの気持ちの温度差にもよりますので、どの方法でもうまくいくというわけではありません。

それでもあなたが復縁を望むのなら後悔しないために何かしら行動を起こすべきです。

ただし焦ってはいけません。

じっくりと時間をかけて復縁を目指しましょう。

 

    「彼氏と復縁したい時に実施すべき行動6つ。元カレとやり直すために動こう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く