振られて一年経ってから復縁する方法とは。一年後に復縁するためのポイント【復縁専門家監修】

復縁最終更新日:2018年4月28日

振られても尚、別れた相手のことを好きだったり「やっぱり彼がいい」と気付くことがありますよね。

振られた直後であれば彼の気持ちは変わらないかもしれませんが、一年後であれば復縁の可能性は十分期待できます。

ではその一年で何ができるのか、復縁に向けて何が必要なのか、改めて把握しておく必要があります。

振られて一年後に復縁する方法をご紹介します。

1.振られた時の容姿や内面を変える

振られてから一年もの時間があるため、容姿や内面をがらっと変えてみるという努力ができるでしょう。

例えば、ファッションの系統を変えてみたり、話し方を変えてみたり、怒りっぽい性格を直してみたりと、一年あれば十分変身可能です。

一年後に彼と復縁したい場合は、彼に異性として再び意識してもらう必要がありますよね。

別れた時のまま全く変わりない姿には、魅力を感じたり、異性として再度意識することは難しく、新たな魅力や刺激を彼に与える必要があります。

「変わったな」と思ってもらうと同時に「こういう一面もあるんだ」「違う人みたいだな」と思わせることが大事で、新しい自分を見せることで復縁の可能性を高めるのです。

容姿や内面を磨き、さらなる魅力を彼にアピールすることができれば、復縁の可能性も高くなり、前とは違った自分で勝負ができることでしょう。

2.会うこと、連絡することにはメリハリを

振られても尚、まだ未練があったり「友達として一緒に居たい」という思いが強いと、連絡を取り合ったり、時に会ったりとしてしまうものですよね。

ただ、もし彼との復縁を望んでいるのであれば、だらだらとした関係を一度絶ち、メリハリをつけるということも一年の間に必要になってきます。

例えば振られた直後からしばらくは連絡を絶ち、数か月たってから「元気にしてる?」と連絡してみたり「会おうよ」と言われるがまま会いに行くのではなく「暇みて連絡するね」と距離をあえて置いてみることでメリハリをつけることができます。

振られた後のだらだらした関係は、彼のあなたに対しての意識が薄れてしまう可能性があります。

「元カノ」というよりも「友達」という見方が強まってしまえば、一年後に復縁を迫ったとしても「異性として見れない」「このまま友達でいたい」と思わせる他「付き合っていなくても離れないでいてくれるなら、このままでも良さそう」という余裕を与えてしまいます。

彼が振った場合でも、彼に油断させない努力が必要となり、耐えることが多くなったり、意志と反することがあります。

しかしそれは一年後にも彼に異性として意識してもらうためであり、復縁に向けての努力の一つです。

しばらく連絡を絶ったり、会うことを拒否したりと、あなたにとって辛い時期もあるかもしれませんが、復縁に向けての通過点だと認識すれば、努力できるかもしれませんね。

3.振られた原因を追究し改善する

振られた時のことをよく思い出し、原因や理由が明確になっているのであれば、一年の間に改善する必要があるでしょう。

例えば「すぐ泣くから」とか「すぐケンカになるから」という理由であったら、強い女性に成長したり、自己主張ばかりしないよう気を付ける努力ができますよね。

また「男友達がいっぱいいるから」「自分にはもったいないから」という理由で振られた場合は、彼の中に交際中不安が大きくあったと言えるため、不安にならないよう対策を練る必要があります。

男友達と一切関わりを絶つということが難しい場合でも「用事がない限り連絡しない」「他の男性とは二人きりで会わない」などの努力はできるでしょう。

彼の中で心配事が積み重なりそれが不安となって、あなたとの交際を続けていけないと思って別れを決断したとしたら、安心させてあげる努力が必要です。

もし心配や不安が理由で彼が振ったとしたら、彼の中で未練がないとは言い切れず、あなたへの思いがどこかにまだある可能性があります。

振られた原因を追究し、一年かけて改善していくことで、彼に安心感を与えることができるでしょう。

4.間接的に思いを伝え続ける

ストレートに彼に気持ちをぶつけてしまえば、彼に余裕を与えてしまう可能性があり、また最悪の場合キープされてしまう可能性があります。

そのため、間接的に気持ちを伝え続けるという方法をとることがベストと言えるでしょう。

「あの子まだあなたのこと思ってるようだよ」と友達を介して言ってもらったり、SNSなどの投稿で「あの時幸せだったな」と、彼との思い出を匂わせたりして、間接的に思っていることを伝えるのです。

間接的だと、彼はあなたが自分のことを好きでいると確信は持てません。

あくまで「そうかもしれない」と思わせるだけでも、あなたへの意識を持たせることができます。

その上で、その他の努力もしてみると、よりあなたに注目がいくようになり、一年後の復縁に期待が持てるようになるでしょう。

振られて一年経った後でも復縁はできる

振られた直後に復縁を迫っても、相手の気持ちが固まってしまっているために、なかなか確立を上げることはできません。

しかしその思いが一年もの間変わらないのであれば、努力次第で復縁の可能性を高めることは十分可能です。

復縁するために、また前のような関係を取り戻すために、時間をかけて努力してみてはいかがでしょうか。

変わっていくあなたに、努力するあなたに、彼もまた魅力を感じてくれるかもしれません。

 

    「振られて一年経ってから復縁する方法とは。一年後に復縁するためのポイント」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く