彼氏がいるのにアプローチされる時どうすれば良いか

最終更新日:2015年7月11日

彼氏持ちだと知っているはずなのに、他の男性に熱烈なアプローチをされたことはありますか?

最初は少し嬉しくても、それが続けば困ってしまいますよね。

そんな状況から逃れるためにできる対処法についてご紹介します。

1.まずは毅然とした態度で断る

まず、最初にするべきは、好意を持たれても困る、というあなたの気持ちをしっかりと示すこと。

その男性からのアプローチが止まない理由として、あなたがまんざらでもない態度をとっていることが考えられます。

そのせいで、その男性はあなたに彼氏がいても自分に脈ありだと勘違いしてしまっているのではないでしょうか。

あなたはそんなつもりが無いとしても、恋に落ちた人間は、全て自分に都合よく取ってしまうものです。

あまりにポジティブすぎて、言葉でハッキリとお断りするまでは、望みがあると信じているのかもしれません。

このまま勘違いさせるのも酷ですから、ちゃんとその気が無いことを示してあげる必要があります。


2.彼氏にベタ惚れだとアピールする

それでもアプローチが終わらないのなら、その男性はあなたと彼氏の恋が終わるのを虎視眈々と狙っているということも考えられます。

そんな望みを打ち消すために、当面は彼氏と別れるなんてことは考えられないということを、わかってもらいましょう。

その男性がいる前で、彼氏自慢やのろけ話、こんなところにデートに行って楽しかったなど、彼とあなたの円満さを大々的にアピールして下さい。

アピールする時は、あなたの方が彼に対してベタ惚れだと周囲に思わせるように言うのがコツです。

これで、よほど鈍かったり、自信過剰な男性でない場合は、自分に脈が全くないことを理解してくれるはずです。


3.個人的な連絡をとらずに済むようにする

以上の手段をとっても、まだ諦められないようなら、物理的に距離を置きましょう。

その男性が会社の人なら、よほど必要でない限りは、連絡をとらないようにします。

仕事に関係のある連絡以外は返事をしないとか、電話に出ないなどをしても致し方ありません。

そうでない関係の男性なら、着信拒否やメールをブロックするなどの強硬手段に出ても許されるでしょう。

そこまでさせたのは他でもない、彼氏がいるのにアプローチを続けたその男性ですのですから、申し訳ないなんて思う必要はありません。

連絡がつかなくなれば、さすがに普通の男性なら諦めます。


4.ほかに恋人を作るように働きかける

もしも相手が古い友人だったり他の友人の身内だったりして、縁を切るのは忍びないという関係なら、連絡を絶つのではなく、他に彼女を作ってもらいましょう。

素敵な女性がたくさん出席する合コンに参加させたり、他の女性と知り合う機会が多い場に呼んだりして、あなたへの気持ちが薄れるように仕向けましょう。

その場で好みの女性に知り合えなくても、相手にしてみれば、自分の好きな女性に他の女性を紹介されたというだけで、結構なダメージを食らうものです。

友人として普段は仲良くしていても、自分のことを何とも思っていないと思い知れば、その男性もあなたへの思いを断ち切ることができるのではないでしょうか。

ただ、この方法をとる時に気を付けたいのは、その男性にあなたと親しい女友達などを1対1で紹介したりはしないこと。

自分に惚れている男性を女友達に紹介するなんて失礼ですし、もしも二人が付き合うことになったとしたら、二人ともあなたを気にして、恋愛するどころではなくなるためです。


5.彼氏に登場してもらう

今まで挙げたどの手段でも効果が無い場合は、あなたの彼氏に出てきてもらいましょう。

例えば、会社の前で仕事終わりに待ち合わせしたり、イベントなどが開催される時に彼氏を招いたりするのです。

そして、その男性が見ている前で、恥ずかしがらずに精いっぱい彼とイチャイチャするのです。

注意を払わないと周囲の顰蹙を買ってしまう行為ではありますが、そうでもしないと、恋を諦められないしつこい男性もいるものです。

ここまですれば、どれだけポジティブな男性でも、自分のことを全く異性として意識していないことを悟るはずです。

しかし、それからもしつこくアプローチを仕掛けてくるようなら、再度彼氏に登場してもらい、はっきりと「やめて下さい」と言ってもらいましょう。

最初にあなたから「やめて」と言っているわけですから、この状況なら彼氏にお願いしたっておかしくはありません。

あまりにしつこい男性だと、あなたも身の危険を感じるでしょうから、彼氏に頼って一刻も早く安心できる時間を取り戻しましょう。

彼氏がいるのにモテる時は早めにアプローチを止めさせよう

彼氏がいるのにも関わらず、しつこくアプローチをしてくる男性への対処法を、5つご紹介しました。

モテるというのは時には嬉しいものですが、度を超すと迷惑ですし、危機感すら覚える事態になりかねません。

ですから、軽い対処で済むうちに、相手に勘違いする前にアプローチをやめさせるのが得策と言えるでしょう。