彼氏がキスしてくれない時の対処法!好きなのにキスがダメな心理とは

最終更新日:2014年10月28日

「彼女のことは大好きだけど、どうしてもキスをすることができない」という彼氏も、最近は多いようです。

彼女側はそれによって不満を溜め込んでしまうようです。このまま放っておくと関係の悪化にも繋がってしまいます。

そこで、「彼女のことが好きなのに、どうしてもキスができない彼氏」に対する対策について考えてみたいと思います。

1.彼氏がなぜキスが苦手なのかという事情を考えてみる

彼女に対して「愛している」という感情はあるのに、なぜキスだけが苦手なのか、彼氏なりの事情を考えてみましょう。

よくあるケースとしては、男性側に恋愛経験が少なく、女性の扱いに慣れていない・自信がない・キスのタイミングを掴めないというものです。

もし彼氏がこのような事情を抱えていた場合は、女性側も少し考慮してあげた方が良いでしょう。

「何でキスしてくれないの?」とばかりに男性を責めたり、プレッシャーをかけるような態度を取ると、彼氏のプライドが傷つき心も離れて行ってしまいます。
女性側はヤキモキするかもしれませんが、彼氏が自信を持つまで、長い目で見守っていてあげましょう。

2.甘えて、彼氏がキスしたくなるシチュエーションを作る

女性からキスしてしまうという方法もありますが、「やっぱりキスは、男性からしてほしい」というのが女性の本音だと思います。そこで、彼氏がキスをしたくなるようなシチュエーションを作り出してみることをオススメします。

デートしていて、人が少ない場所に来たら、彼氏に可愛く甘えてみるのです。「可愛がりたい!」と思わせるように甘えてみてください。

そこから自然な流れで、キスへと行き着くことも少なくありません。
「キスせずにはいられないほど、可愛くて仕方がない女性」になってみましょう。

3.キスがなくても愛情さえあれば良い、と悟る

「キスというものがなければ、愛情はないのか」と聞かれれば、必ずしもそうではありません。愛情というのは2人の絆なので、キスの有無だけで図るものではありません。

なので、本当に彼氏のことを愛し、大切に思っているならば、キスの有無にこだわる必要はありません。

「キスなどというものがなくても、大好きな彼氏が傍にいてくれるだけで十分幸せ」と悟ってしまうと、キスがあろうがなかろうが、幸せを感じることができるようになります。

キスができない彼氏に対する対策の中で、最も究極のやり方は、これではないかと思います。

しかし、1度このように悟ってしまうと、「キスへのこだわり云々よりも素晴らしい愛の世界」について考えるようになり、精神的に大人な関係を彼氏と築くことができるようにもなります。

自分の彼氏が「キスができない男性」だと、女性はがっかりし何とかしてキスをしてもらおうと焦るのものですが、焦りは禁物です。

「キスだけが恋愛の全てではない」と余裕で構えつつも、女性側が上手に甘えて、彼氏がキスせずにはいられない状況を作っていく、というのが理想のやり方です。

女性は男性に対して、「攻める」よりも、「誘導する」方が良い結果が出ます。