彼氏に見限られてしまう行為とは

最終更新日:2017年1月9日

彼氏に見限られてしまう彼女の行為とは、いったいどういうものがあるでしょうか。

いくら彼女のことが好きでも、どうしても許せないということはあります。

うかつにそういうことを彼氏の前でしてしまい、別れを切り出されたりしないように、普段から自分をチェックするのを忘れないようにしましょう。

1.彼氏に偉そうな態度をとる

彼氏に見限られてしまう彼女の行為にあるのが「偉そうな態度をとる」ということです。

いくら彼女が好きでも、あまりにも横柄で偉そうな彼女なら、彼氏は別れを考えてしまうでしょう。

いつも上から目線でダメ出しをするようなことを彼氏にしていませんか。

彼氏は何も言わなくても、そういう彼女にうんざりしているかも知れません。

付き合いが長くなると、どうしても彼氏に対してぞんざいな態度になってしまいがちです。

しかしそういう風に接していると、人としてリスペクトしてもらえていないと彼氏は感じてしまいます。

「もう彼女とはだめだ」と、どこかで見限ってしまうでしょう。

また、彼氏以外の人にぞんざいな態度をとるのもNGです。

彼氏にはいい顔をしているくせに、実はそんなに偉そうなのかと、彼氏はびっくりしてしまいます。

彼女の本性を見たような気がして、心が離れていくのです。

彼氏に偉そうな態度をとる行為は、彼氏の心が離れていく自殺行為です。

彼氏と別れたくないなら、常に相手を尊重して、丁寧な態度で接するようにしましょう。

2.彼氏の行動をチェックして口出ししてくる

彼氏に見限られてしまう行為の一つに、彼氏の行動をチェックして口出ししてくるというものがあります。

いくら彼女であっても、あれこれ口出しされてしまうと、彼氏はうんざりしてしまうでしょう。

彼女だったら、彼氏の行動が気になるのは当たり前です。

自分と一緒でない時に、彼氏がどこで何をしているのか、それを知りたい気持ちは誰にでもあるはずです。

しかし、だからといって彼氏の携帯を盗み見したり、勝手にスケジュールをチェックするのはNGです。

彼女がそういうことをしていることを知ったら、彼氏は「自分は信用されていないのか」と憤りを感じてしまうでしょう。

また、彼氏の友人や仕事に関して、色々言うのは控えましょう。

彼には彼なりの友人や生活というものがあります。

もしかしたら、彼氏自身も仕事の仕方や自分の人間関係を見直したいと思っていたりするかもしれません。

しかし、だからと言って彼女から口出しされてしまうと、ほっておいてくれ。

と言いたくなり、彼女と距離をとりたくなるでしょう。

彼氏のことが好きなら、彼氏の行動をチェックしたり、口出しするのはやめておきましょう。

どうしても言いたい時には、くれぐれも言い方に注意して、相手を怒らせないように気を配るようにするのが大切なポイントとなります。

3.平気でおごってもらおうとする

彼氏に見限られてしまう行為の中には、平気でおごってもらおうとする行為です。

「自分はATMか」と、彼氏は嫌な気分になることでしょう。

男性の方が収入が高いカップルは、まだまだ結構多いはずです。

そういう二人なら、彼氏が少し多めに出したり、たまには御馳走してくれるのもいいでしょう。

しかし、いつも彼氏におごってもらおうとしたり、それが当たり前という態度をしてしまうと、彼氏は面白くありません。

その女性に対しての愛情が薄れてしまい、段々と別れを考え始めてしまいます。

また、誕生日やクリスマスに過剰なプレゼントを期待するのもやめておきましょう。

彼氏は何も言わなくても「図々しいな」と感じているはずです。

彼女の経済観念に対して不安を感じてしまい、心の中で見限ってしまいます。

平気でおごってもらおうとする行為は、彼氏の心を遠ざけてしまう行為です。

彼氏がご馳走してくれる時は、必ずきちんとお礼を言うようにしましょう。

そしてたまにはこちらがご馳走したり、何か差し入れをしてみるのもいいですね。

4.愚痴や悪口を言いまくる

彼氏に見限られてしまう彼女の行為で、彼氏がドン引きするのが、愚痴や悪口を言いまくるというものです。

「彼女ってそういうところがあったのか」と、ぞっとしてしまうかもしれません。

誰だって、ある程度は悪口を言ったり、ネガティブな話をすることはあります。

そういうことを全く言わない人の方が、何だか嘘っぽく感じてしまうことでしょう。

しかし、あまりにも人を悪く言いまくる女性は、決して彼女でいてほしい女性ではありません。

顔を歪めて人を悪く言う姿は見にくいですし、自分のこともどこかで言われているのではないかと、不安を感じてしまいます。

ネガティブすぎる行為は、相手の心に大きなダメージを与えます。

「こんな女性は嫌だ」と思われないためにも、愚痴や悪口はほどほどにとどめておくようにしましょう。

また、どうしても言いたくなってしまったら「ちょっと落ち込んでいて、愚痴だけど聞いてもらえる?」と前ふりしておきましょう。

そうすれば、彼氏は「彼女は今弱っているんだな」と、受け止める姿勢を作ってくれるからです。

彼氏に見限られないようにしよう

彼氏に見限られてしまう彼女の行為は、どこから見ても美しくない行為です。

自分がやっていることを彼氏が見たらどう思うか、それを考えて美意識を持つことが、彼氏から大切に思われる女性になるためには必要です。

時には自分を律して、素敵な女性でいられるように努力しましょう。

それが二人の仲を長続きさせることになるはずです。