どの位連絡がないと別れたと言えるのか。自然消滅までの期間とは

彼氏との別れ最終更新日:2017年12月30日

付き合っている中で残念ながらよくある事が自然消滅です。

ここでは、どのくらい連絡がないと別れたといって良いのかについてご紹介します。

色々なケースが考えられるので是非参考にして下さいね。

1.約1ヶ月連絡がない

どのくらい連絡がないと別れたといって良いのか、その基準についてですが約1ヶ月を目安にしている人が多いです。

お互い本当に好きなら、1ヶ月連絡を取らないなどという状況に我慢ができなくなるはずです。

彼氏から「仕事が忙しいから、忙しくなくなったら必ず連絡をする」等しばらく連絡ができないと言わずに1ヶ月お互い何も連絡をしない場合は、それはお互いの気持ちが離れてしまったという事です。

こうなってしまった場合、2つの選択肢を選ばなければなりません。

まずはこのまま何も言わずに自然消滅をする方法です。

このまま待ってもおそらく何も連絡は無いでしょう。

それほど相手に未練が無い場合は自然消滅を狙うのも1つの手です。

もう1つの方法は、きちんと話し合いをする事です。

付き合い続けるなら付き合い続ける、別れるなら別れるとハッキリさせたいという人は、メールなり直接会うなりしてきちんと話し合いをする事が大切です。

どういう結論になったとしてもその結論を受け入れ、次に進みたいという人は話し合う事をオススメします。

2.約2ヶ月連絡がない

彼から「仕事が忙しいから連絡できない」等理由を言われた場合、約2ヶ月程度連絡がない場合は別れたと言ってもいいでしょう。

彼が本当に彼女を好きなら、2ヶ月全く連絡がないという事はありません。

2ヶ月は短いようでとても長いです。

本当に彼が彼女を好きなら、その2ヶ月の間彼女が自分を忘れてはいないかきっと不安になってしまうはずです。

2ヶ月の間全く連絡がないという事は、彼にとってあなたは連絡を取らなくてもいい相手だという事です。

この場合、彼は最初から自然消滅を考えていたパターンが多いです。

最初から別れを狙い、仕事が忙しい等理由をつけて連絡を取らずに、そのまま別れる事を狙っていた可能性があります。

2ヶ月も連絡を取らないのですから、彼の別れの意志はかなり強いと言ってもいいでしょう。

この場合、彼は自然消滅を狙っているのですから、自分にとって彼の存在がそれほど自分の中で大きくないのなら、彼のメアドや電話番号を消去しても構いません。

そうする事で気持ちがスッキリと整理されるので、次の人へ進む事ができます。

また、彼の事がずっと好きだけど、連絡をしたら嫌われると思い我慢していたという場合は、やはりきちんと話し合うようにしましょう。

自分からきちんと連絡を取り、話をしてこのまま付き合い続けるか、それとも別れるかを選びましょう。

そうする事でもやもやせずに次に進む事ができます。

3.約2~3週間連絡がない

これまでよく連絡を取り合っていたというカップルが、ケンカをして全然連絡を取らなくなってしまったという場合は、約2~3週間連絡がなかったら別れたと言ってもいいでしょう。

どんなにケンカをしても、これまでマメに連絡をしていたなら好きなら3日程度でお互い連絡をしたくなるはずです。

それが無かったという事は、相手はそのケンカが原因でもう別れてもいいと思っているという事です。

この場合、そのケンカがあなたにとってももう別れてもいいという理由なら、このまま自然消滅を狙ってもいいでしょう。

それか、別れの連絡をしっかりと入れて次に進む方法もあります。

また、ケンカの原因があなたにあり、どうしても謝りたい、別れたくないという場合はこのまま自然消滅をしてしまう前にあなたから連絡をして素直に謝り、付き合い続けたいと伝えましょう。

4.自然消滅をしないために

お互いのんびりな性格の場合は、多少連絡が無くても「そのうち相手が連絡をしてくれるだろう」と思い、お互いが連絡を待ち続けたまま自然消滅をしてしまう可能性が出てしまいます。

こうなるとお互い3ヶ月程度たった時に「ひょっとしたら自然消滅したかも?」と思う事になってしまいます。

そうならないために必要な事は、やはり定期的にきちんと連絡をする事です。

できれば1日1回、寝る前等にメール等を送る事がベストですが、なかなかそうもいかないという人やメールや電話をするのが苦手という場合はそれでも1週間に1回は連絡をするようにしましょう。

その上でデートもきちんとする事でお互いがお互いを好きだと確認できます。

また、自然消滅をしないために徐々にお互い素を見せあい、いつ一緒にいてもお互い気楽にいる事ができる関係を築く事も大切です。

いつまでも素を見せずに付き合い始めた関係のままでは先は見えません。

自然消滅してしまうでしょう。

お互いに思いやる心を忘れなければ、自然消滅をする事はありません。

1ヶ月連絡がないことが別れた目安

どのくらい連絡がないと別れたといって良いのかについてご紹介しました。

どのくらいかはそのカップルによって様々なケースがありますが、多くの人が約1ヶ月程度を基準にしています。

約1ヶ月連絡がない場合は別れたと言ってもいいでしょう。

この場合、自分もそのまま自然消滅を狙うか、きちんと別れるため、もしくは付き合い続けるための話し合いをするのかという対処法があります。

もちろん、彼の事を本気で好きなら自然消滅をしないために努力をしましょう。

    この記事へのコメント

    現在のところ、まだコメントはありません。