彼氏を略奪された時の対処法。彼を奪われた時にすべきこととは

最終更新日:2016年4月12日

あなたの彼氏がもし他の誰かに略奪された場合、どう対処しますか?ないとは言い切れない略奪にあった場合、どのような対処をすると良いのでしょうか。

その時の自分の気持ちを踏まえて、対処法を知っておきましょう。

1.その程度の男だったと割り切り、次の恋へ進む

略奪された瞬間は、頭が真っ白になってしまったり、裏切られたことによる怒りから、悔しい気持ちがこみ上げてくることでしょう。

ただ、冷静になって考えてみれば、浮気をするタイプの男性であったことや、一途な男性ではなかったということが分かります。

略奪した相手がどういった人であろうが、男性の気持ちが他の女性に行かない限りは、略奪は成立しないもの。

彼氏は、結局その程度の男だったと割り切ることで、気持ち的にも楽になるかもしれません。

そして、新たな恋に進むことで、その傷は徐々に癒されていくことでしょう。

タイミング的に、もしマンネリになっていた関係ならば、かえって良い機会だったと思うことも大切。

お互いに当たり前の存在でありながらも、関係がマンネリしてしまって刺激が無かった場合は、そこに今後は期待できないものと考えるのです。

次の恋愛に進み、彼氏のことは割り切り、一つの経験として自分の成長のために利用しましょう。


2.どうしても好きなら、別れることに同意しない

いくら口約束と言えども、付き合うことや別れることは、双方の同意が必要になります。

略奪されたと気付いた時でも、お互いに付き合いが成り立っている状態であれば、別れることに同意しなければ良いでしょう。

「他に好きな人が出来た」と彼氏に言われたとしても、どうしても好きな気持ちがなくならないのであれば、別れるとは言わない。

粘ることで、好きな気持ちをすべて彼氏に伝えても良いでしょう。

「こんなにも好きなのに」「彼氏しかいない」そんな思いを抱いているのであれば、この際彼氏に伝えてみるのもアリでしょう。

彼氏の中で「彼女の気持ちが分からない」「もう冷めた関係になっている」と感じている場合には、効果的なケースもあります。

付き合っていた二人であれば、お互いに好きだった時期があるはず。

もう一度原点に戻り、自分の気持ちを彼氏に伝えて、別れたくない思いをアピールすると良いでしょう。

3.納得できないのであれば、彼氏に説明をしてもらう

どうして略奪という結末に至ったのか、どうして他の人を好きになってしまったのか、多くの女性は納得がいかないことでしょう。

特に女性にプライドがあり、自信があるタイプの人は、略奪という結末に不満を抱くはずです。

彼氏のことを離したくないというよりも、略奪という結果に納得できないのであれば、次の恋愛のためにも説明をきっちりしてもらうと良いです。

いつ、どういった所で出会った人なのか、自分と比較してどういった所が勝っていたのかなど、気になる点はすべて聞いておく。

そして次の恋愛に活かすことで、略奪を無駄にしないようにします。

それほど彼氏の事を忘れられない、別れられないといった人ではなく、プライドが許せない場合には、このような対処の仕方をすると、次からは同じような目に合わずに済みます。

もしかしたら、会う時間が少なかったことが原因かもしれませんし、プライドが強きな態度となって出ていたのかもしれません。

自分の気付かなかった欠点に改めて気づかされることもあるため、納得いくような説明を受けてから別れると良いでしょう。


4.悔しい思いが強いなら、略奪した相手に一言言う

彼氏を奪われた、彼氏を誘惑した女がいたなど、そこに悔しい思いが強く残るのであれば、略奪した相手である女性に一言言うのもアリ。

その女性が現れなかったら自分は幸せでいられたのに、と思う気持ちは、彼氏に言っても発散されることがありません。

彼女がいると知った上で略奪を試みたのであれば、言いたいこと、思っていることを女性に対してぶつけることでスッキリするかもしれません。

女性が知っている相手であれば直接言ってみるのも良いですが、知らない女性となると彼氏から情報を得ることが必要となります。

彼氏にきっぱりと「最後に一言言わせて」と最後のお願いをしてみるのも良いでしょう。

略奪された側の気持ちを考慮してもらいたいことを伝えて、最後となるお願いを聞いてもらい、電話でもメールでも一言言うことで、自分の中でスッキリ出来ることも。

連絡取ることや、会うことが可能であれば、このような方法を用いて、略奪した本人に一言思いをぶつけてみましょう。

略奪された時の気持ちに合わせて対処しよう

自分の彼氏が略奪されたとなった瞬間は、悲しみや怒りといったものが湧き上がってくるもの。

ただ冷静になって考えてみたり、時間をおいてから考えてみると、彼氏への思いも自身で再確認出来ます。

そこに自分の気持ちはまだ残っているのか、それともそこまでの気持ちはなかったのかによっても、対処法は異なってくることでしょう。

その時の自分の気持ちに正直になり、それに合った対処法を用いると良いでしょう。