彼氏といて幸せだと感じる瞬間5つ。恋愛の喜びを知ろう

恋愛最終更新日:2014年12月6日

交際中の彼氏がいる女性は、いっしょにいる間にたびたび、「ああ、ほんとうに幸せ!」と感じることがあるでしょう。
そうした幸福を実感できるからこそ、人は恋愛を求めるわけですし、彼氏のいない人にとっては、そこが「うらやましい」と痛感するポイントになるわけです。

では、どういう状況や瞬間に幸せを実感できるのか。
ここれは代表的な「とき」を5種類ご紹介します。

1.二人きりの部屋で食事をしているとき

もっとも多くの女性が、もっとも強く幸せを実感するのが、やはり二人きりで過ごす時間です。
それも、たとえば旅行でホテルの部屋で過ごすよりも、お互いの部屋でまったりした時間を送るほうが、「しみじみ幸せ」という気持ちになりやすいものです。

これは一種の「結婚シュミレーション」の意味合いもあって、それだけにほかのシーンよりも、幸福感を強く感じやすいと言っていいでしょう。

結婚シュミレーションという観点からいえば、それがもっともリアルに感じられるのが、やはり食事です。
どちらの部屋でも構いませんが、彼氏のために料理を作る。
あるいは、彼氏にも手伝ってもらって料理を作り、それを二人で「おいしいね」と言いながらいっしょに食べるのが、恋人同士にとって最高に幸せな「とき」であることはまちがいないでしょう。

さらに、お互いに「あーん」して、食べさせてあげるとか、1つのものを半分にして分け合って食べるとか、口移しとか、愛を演出するパターンがいろいろあるのも、二人きりの部屋での食事の大きなメリットです。

2.彼氏の腕の中で眠りにつくとき

お泊りデートや旅行で、夜、彼氏の腕に抱かれた形で眠りにつくというのも、女性にとって最高に幸せな「とき」と言っていいでしょう。

女性は本能的に男性に守られたいという欲求を持っています。

ですから、デート中に肩を抱かれたり、しっかりハグされるのが大好き。

それぞれ、恋愛の喜びを感じる瞬間であることはまちがいありません。

中でも、男性の腕と胸に包まれるような形で眠りにつくのは、その安心感において、ほかのシーンをはるかに凌駕すると言っていいでしょう。
つまり、最高の安らぎを実感できるから、「最高に幸せ」なのです。

これは、「たくましい腕の男性限定」というわけではありません。
愛している彼氏であれば、いかに痩せた腕や、薄い胸であっても、女性は最高の安心感を抱くことができるのです。

3.朝起きて、隣の彼氏の寝顔を見たとき

そのようにして、夜、安らかな眠りにつき、翌朝、目覚める。
同じ布団の中で、彼氏はまだすやすや眠っている。
その寝顔を見たとき、女性ははやはり幸福感を抱きます。

交際している男性の寝顔をいうものは、ほとんど例外なく「かわいい」ものです。
それは、ふだん起きているときに作っている表情がすべてなくなり、まったく無意識で無垢な、幼な子の表情に戻るためでしょう。

「天使のような」と形容するのは、少し言い過ぎかもしれませんが、それに近いピュアな表情を彼氏がしているのを見るのは、女性にとって至福の時であるということができるでしょう。
女性の持つ母性を満足させてくれる種類の幸福感です。

眠っている彼氏の頬にそっとキスをした、という経験のある女性も少なくないでしょう。
それはつまり「お母さんのキス」なのです。

4.デート中に彼氏がそっと手をつないできたとき

愛し合っているカップルにとって、デートそのものが幸せなときではあります。
その中でも、特に女性が「胸キュン」になる瞬間を2つご紹介しましょう。

1つめは、二人で歩いていたり、並んで景色や夜景などを眺めていて、彼氏が何も言わずそっと手をつないできたときです。
これは、恋人同士の愛情表現としてはもっともソフトなものですが、それだけにセンシティブな女性の心はよりいっそうときめくのです。

彼氏が手を握る。
それに応えてこちらもちょっとだけ掌に力を入れる。
彼氏がまたそれに応える。
・・・これほど美しく、幸せな恋愛表現はないでしょう。
そのことによって、お互いの愛の強さを確かめ合うこともできますから、女性は心底「幸せ」と感じるのです。

5.別れ際に、軽いキスをされたとき

デート中に女性が特に「胸キュン」になる瞬間の2つめは、別れ際です。
大好きな彼氏との楽しいデートが終わるのは、女性にとって悲しいシーンではあります。

「もっと長くいっしょにいたい。
離れたくない」と感じるのは当然でしょう。

しかし、そういう気持ちでいるときに、彼氏が別れの挨拶として、軽くキスしてくると、その瞬間「幸せ」と感じるのも、自然な女心というものなのです。

もちろん別れはつらい。
けれども、彼氏も同じ気持ちでいて、それをキスで伝えてくれたという思いが、悲しみの中に幸せな一瞬を生み出してくれるのです。
キスは唇はもちろん、おでこやほっぺたでもかまいません。
性欲を伴わない軽い挨拶のキスであれば、彼氏の気持ちがしっかり実感できるのです。

多くの男性は、その瞬間に幸福感を抱くことはありません。
「感受性豊かな女性ならでの幸福感」ということができるでしょいう。

最後の1つは少し意外な「とき」かもしれませんが、恋愛経験のある女性の多くは、共感できるのではないでしょうか。
紹介した中には、彼氏の行動が生み出す幸せなときもありますが、女性が自ら作り出せるシーンもあります。

 

    「彼氏といて幸せだと感じる瞬間5つ。恋愛の喜びを知ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. ラッキーストライク2018/05/26(土) 18:58

    私は女性の寝顔を見るほうが好きだし、寝顔にキスするのも好きなんだけど男も女も同じなんだね。別れ際のキスってタイミングが難しいですよね。

この記事への感想を書く