自然消滅しようとする彼氏の心理

最終更新日:2017年2月24日

ケンカが続いたり、マンネリ化して、彼氏とダメになるとしても、お互いにけじめとして「別れ」はきちんとハッキリしたいものですよね。

別れ話が出ず自然消滅となってしまうと、引きずってしまう恋愛となり、また次の新しい恋愛に進むこともできにくくなってしまいます。

そんな中自然消滅を狙う彼は、どんな思いで別れようと思っているのでしょうか。

1.別れ話で面倒なことになりたくない

彼の中で、別れようと既に決めている場合、そして争い事が嫌いな場合は、別れ話を自らしたいとは思わないものです。

もし彼の中で、彼女が自分への思いがまだあると確信できているのであれば、尚更別れ話は出したくないと感じるでしょう。

別れ話を出してしまえば、彼女から引き止められる可能性が高く、話し合いは長くなってしまうことがあります。

または、別れ話で彼女が逆上して、大きなケンカに発展してしまう可能性だってあるものです。

別れ話をすることで面倒なことが待っていると感じている彼は、自然消滅を狙って徐々に距離を広げていくでしょう。

会ってくれなくなったり、連絡が取れなくなってしまったら、自然消滅を図っていると考えるのが妥当でしょう。

2.悪者になりたくない

別れ話を切り出す勇気が出ないという人もいます。

別れ話をすることによって、彼女を傷つけたり、恨まれてしまう可能性はあり、いくらそれまで彼氏彼女という関係だったからといって、相手から悪く思われてしまうことも多いものです。

自分が悪者になりたくない、できれば良いイメージのまま別れたいと思っている彼は、言葉にすることなく、行動に示すことなく別れに持ち込める、自然消滅を図っているのかもしれません。

恋愛の始まりは、お互いに好きという気持ちが存在しているものです。

ただ時間が経てば、その気持ちには変化が訪れます。

同じタイミングでその変化が訪れば良いですが、こればかりは同時にとはいかない問題です。

彼の方が早く冷めてしまったり、彼女のことを嫌いになってしまった場合、振る側になってしまうため、悪者になってしまいやすい。

できるだけその傷を浅くし、自分の印象を少しでも良くするために、自然消滅を狙っているのかもしれません。

3.彼女を最後に傷つけることができない

「別れる」と言葉にしてしまえば、別れたくないと思っている彼女にとっては傷つくものであり、辛い時期を迎えてしまうことになります。

彼の中で、彼女を傷つけることができず、どうにかして自分の気持ちを悟ってもらいたいと感じているのかもしれません。

それまで一緒にいて、好き同士として付き合ってきた関係です。

人として嫌いになったり、生理的に無理になるという人は少ないもの。

彼なりの優しさから「別れる」「別れたい」という言葉は口にできないのかもしれません。

別れの言葉を言ってしまえば、目の前で彼女が泣いてしまう可能性もあります。

崩れ落ちて立ち直れなくなってしまうかもしれません。

彼女の悲しむ顔を見ることが辛く、その姿を見ると彼は辛く感じてしまいます。

それまでの思い自体はきっと本物だったはずです。

しかし別れを決意した以上、どうにかして別れるべく方法を考え、その結果、傷つけることを最小限に抑えることができるかもしれない自然消滅を思いついたことが考えられるでしょう。

4.本当のことがバレたくない

別れたいと相手に言えば「どうして?」「なんで別れないといけないの?」と彼女から質問攻めにあう可能性もありますよね。

それまで別れの兆候がなかったり、関係が上手くいっているのなら尚更、彼女が疑問に思うのは当然のことです。

ただ彼の中で彼女に秘密にしていることがあるとしたら、この質問攻めはとても辛くもあり、追い込まれてしまう状況になりかねません。

例えば彼が浮気をしていたり、新たな彼女が他に存在していたりと、追及されることで自分に不利なことがあれば、会いたくないと思ってしまうのは当たり前でしょう。

急に別れ話になるのはおかしい、そんな素振りなかったのにと疑問に感じた彼女が「なんか怪しい」と思って疑って行動を起こす危険性もあります。

最後の別れ話で、それまで隠していたことがバレてしまえば、最悪修羅場になる可能性もあるでしょう。

責められることが嫌いな彼氏、自分を正当化したい彼氏、憎まれたくない彼氏は、最後まで隠し通そうとするものです。

自然消滅をすることによって追及されることなく、そしてバレることなく、良い形のまま終わりを迎えることができるため、会って別れ話をすることは避けたいと思っているのでしょう。

自然消滅を狙う彼の心理を知ろう

自然消滅は後味が悪い別れ方ですよね。

別れるとしても、きちんとリセットしたいと思う為、別れ話は女性にとって必要だと感じる人が多いです。

ただ男性は女性の気持ちを理解するというよりも、自分の状況が悪化したり、やましいことをバレてしまうことを恐れて自然消滅を図るケースが非常に多いです。

自然消滅になりそうな時は、彼の家に行ってみたり、メールなどで聞くなどして、彼との終わりをハッキリとさせるよう努めてみましょう。