片付けのやる気を出す方法。やる気を出して部屋をキレイにしよう

最終更新日:2016年2月23日

部屋や家の片づけがなかなか進まない事ってありますよね。

片付かない一番の原因はやる気が起きない事です。

やる気が起きないので、片づけない、片づけないからやる気が起きない。

どんどん負のスパイラルに巻き込まれてしまいます。

では、どうしたら片付けのやる気が起きるかご紹介します。

1.片づけのハウツー番組や本を見る

一番やる気になるのは、テレビで片づけの特集番組を見ることです。

片づけられない部屋の住人がプロや片付けが得意な人のアドバイスによって、部屋の片づけを行う番組です。

足の踏み場もなく、不要なゴミが溢れていた部屋が見違えるように片付く様を見ていると、自身も片づけたい気持ちになります。

片づけの本を見るのも効果的です。


2.実際に片付けが上手な人の部屋へ行ってみる

身近な人が部屋をキレイにしているのをみたら、触発されます。

まず人を招くことが出来るということに、憧れます。

そして、部屋をキレイにしておけるということに感動します。

ぐちゃぐちゃの部屋に慣れてしまうと、片付いている部屋が当たり前なのですが、それが感動的に感じてしまいます。

でも、そうやって刺激を受けることはいいことです。

片づけ上手な人の家や部屋へどんどん行ってみましょう。


3.覚悟を決める

散らかしほうだいに散らかしてしまった部屋を片付けるには、覚悟を決めます。

少しずつなんて甘いことを言っている場合ではありません。

もともと甘えていたから部屋が散らかってしまったのです。

精神を統一して、片づけることに集中して一気にやってしまいます。

時間を決めてやるのもいいでしょう。

1時間なら1時間とにかく片づけます。

細かいことをするのは後回しで、いらないものを排除してしまいましょう。

物が減れば、後は簡単です。


4.人を家に招く

日にちを決めて、人を招待します。

否が応でもその日までに部屋を片付けなければならなくなります。

日ごろからきちんとしておけばよかった、そんな後悔をしながら、片づけます。

日ごろから片づけておけばよかったと反省することが大事です。

気心の知れた友人よりも、新しく友達になった人などを招待すると効果的です。


5.もしものことを考える

あなたが一人暮らしだったとして、もし体調が悪くなったらどうしますか。

突然の病気やけがで、誰かの助けが必要になった時に、その部屋に他人を入れられますか?身動きが取れないほどの体調の時に救急車を呼ぶと、救急隊の人がその部屋に入ることになります。

友人や隣人、助けを呼ぶときにその部屋で大丈夫ですか?片付けができていないとうかうか体調不良にもなれません。

もし、泥棒が入ったとしたらどうしますか?泥棒に荒らされた部屋なのか、もともと散らかった部屋なのか区別がつかない状態で警察を呼ばなければなりません。

もしも、部屋の設備が壊れたらどうしますか。

電化製品の調子が悪い、水道や水回りの調子が悪い。

そんな時も、いちいち片づけてから専門業者を呼びますか?すぐに片づけられますか?

そのようなことを考えることによって片付けのやる気を出しましょう。


6.恋人を作る

恋人を作りましょう。

恋人はいずれあなたの部屋へ来たがるでしょう。

さあ、どうしますか?片づけないわけには行きませんよね。

いつもいつもデートの度に、外で会いますか?部屋には一歩も入れないでお付き合いを続けますか?

好きな人が出来たら、部屋を片付けていた方が、お付き合いもスムーズに発展するはずです。

恋人が出来なくても、妄想でもいいです。

もし恋人が出来たらこんな部屋で一緒に過ごしたいと考えることで片づける気持ちになれます。


7.部屋が片付いていないと虫が湧きます

虫は平気ですか?もっと言うならば、ゴキブリは平気ですか?部屋が散らかっていると、必ず害虫が湧きます。

散らかった部屋は害虫にとって居心地がいいからです。

目に見えなくてもダニなども増えます。

ダニだらけの部屋で生活しているあなたは、どんなにおしゃれをしていても、ダニを身にまとっていることになります。

散らかした部屋に置いていた服にもダニがつきますし、その部屋で寝ているあなたの髪の毛にもダニが付いています。

そんな状況から抜け出したければ、部屋を片付けることです。


8.あなたが死んだらすべてゴミです

片付けられない人は、色々な言い訳をしてゴミや不要なものを処分できません。

いつか使うかもしれない、これは大事な思い出がある・・・などなど。

でも、明日あなたが死んでしまったら、その瞬間からそれはゴミです。

ゴミを処分するにも今はお金がかかります。

なるだけ無駄な出費はしたくありませんよね。

残された人に迷惑がかからないように、不要なものを処分することを考えましょう。

なくても生活できるかどうかを基準にすると不要なものが分かりやすいかもしれません。

片付けのやる気を出して部屋をキレイにしよう

少しでも片づける気持ちになれましたか。

片づけるということは、結局必要なものを理解したり、物を大事にしたり、物が溢れてごちゃごちゃしている時よりも、精神的にも物的にも豊かになれるのです。

部屋が散らかっていても誰にも迷惑はかけないというのは、とても視野が狭い考えです。

結局は自分の身の回りをきちんとできないと誰かに迷惑をかけることになりかねません。