片思いの相手へのLINE頻度はどの位が適切か

最終更新日:2015年8月5日

片思いの男性にLINEをする時、どのくらいのペースで送っていいものなのか、色々と考えてしまいますよね。

頻繁に送りすぎて迷惑になってしまっては困る、でもLINEを通して繋がっていたいと複雑な心境になることでしょう。

片思いの場合には、その状況に応じて送る頻度を決めると、あまり深く考えなくても送りやすくなります。

1.相手からすぐに返信が来る場合は毎日でもOK

LINEの一番の利点である「既読」のマーク。

この既読がついてから、どれくらいで彼から返信が来ているかによっても、送るペースを変える必要があります。

既読マークがついた後に相手からすぐに返信がきたり、質問系の返信が来た場合には、あなたを拒否していない証拠。

脈があるかはその内容にもよりますが、面倒に思っていたり、興味がなかった場合、男性の多くは返信を後回しにするか、既読無視をすることが多いです。

このように、相手からすぐに返信が来るケースの場合は、あなたとのLINEを楽しんでいる背景が伺えます。

もし相手もあなたに気があるのであれば、恐らく彼からLINEを通して連絡が来ることも少なくないでしょう。

こういう場合は、特にいつ送ればいいのか、また頻度はどれくらいがいいのかをあまり気にする必要はないでしょう。

毎日でも、自分が送りたい時に送っても問題ないことが多いです。

しかし、もし恋を実らせたいのなら、ある程度自分の中で駆け引きとして送らない日をあえて作ることも効果があることでしょう。


2.返信が無い時は、何度も送らない

相手が自分のメッセージを読んでいるのにも関わらず、返信が来ない場合は、何度も自分から送るのは控えた方が良いでしょう。

これはLINEだからこそ既読がつくので、読んだのか読んでないのかは一目瞭然。

読んでいるのにも関わらず、返信が来ないということは、何らかの理由があったり、もしくは返信するまでの内容ではないと解釈した可能性が高いと言えます。

最後に送ったメッセージがどういった内容なのか、もう一度確認して、返信が必要ではないような内容であれば、違う内容で後日送っても良いでしょう。

しかし、彼が多忙だったり、連絡をする時間がなかった場合で返信が出来なかったことを考えて、なるべくその日に催促のメッセージを送るのは控えた方が良いです。

返信が来なかった場合は、まず送ったその日から丸2日程度は待つことが必要でしょう。

それでも返信のない場合は、質問系でメッセージを改めて送ってみることも良いでしょう。

しかしこれでも返信が来ない場合には、数日は自分から送るのを控え、相手からくるのを待つことが必要と言えます。


3.既読マークがつかない場合は送らない

既読がつかないということは、相手がメッセージの内容を確認していないという証拠です。

その裏には、忙しくて読めない状態である場合と、画面に少し表示される内容を見て、読んでいないことにする「既読無視」が考えられます。

しかし、いくら忙しいといっても、3日も4日も既読にならない状態はさすがに既読無視の可能性が高いと言えます。

もし、既読無視状態が続いているのであれば、こちらからはメッセージを送らないことが無難でしょう。

何かのきっかけや用事がある場合には、また送ることも出来ますが、既読無視の状態であればあなたに興味を持っていないという心理が伺えます。

残念ですが、あまり期待を持てない状態であることが分かります。

この場合はLINEだけに限らず、直接電話をしてみるなど、他の方法で連絡をとることも頭に入れておくと良いでしょう。


4.お互いに知り合ったばかりの場合は適度が重要

その片思いの彼と出会って間もなかったり、相手のことをまだ全然知らない状態の時、相手をよく知りたいためについLINEを送りたくなるものです。

しかし、相手がどういう人なのか性格的なこともわかっていない状態で、毎日送るのは意外と危険な行動です。

相手がもし、恋愛において束縛を嫌うタイプだったり、マメなタイプではない人の場合、この頻度によって相手を恋愛候補から外してしまうことも考えられます。

こうした時は、初めに1度メッセージを送って、その相手の返信のタイミングや内容を確認した上で、頻度を決める必要があると言えるでしょう。

また知り合ったばかりの時は、どうしても質問系が中心になってしまいます。

「今なにしてるの?」「休みの日は何してるの?」といった内容の場合、相手は自分に気があると勘づく人もいます。

勘づいた上で返信をしてくれているのであれば、毎日送っても良いと判断出来るでしょう。

しかし、いちいち聞かれるのが面倒と思う男性も少なくないので、その場合は1日に2.3回程度にして様子を見ることが大切です。

お互いを徐々に知ってきたら、上記のことを判断して頻度を決めると良いでしょう。

既読のタイミングや内容で片思いの相手の気持ちを読み取ろう

LINEは「既読」がつくからこそ、相手の心理をとらえやすい一つのツールでもあります。

返信のタイミング、また内容によって、相手の気持ちや状況を読み取ることも必要です。

脈があるかないかも、このLINEの頻度によって感じることが出来るので、彼とのやりとりを一度見直してみると良いかも知れません。