LINEで相手に迷惑に思われていないか不安な時の注意点

最終更新日:2017年6月11日

LINEで相手に迷惑に思われるか不安になる時、上手な対処法を知っていれば、気持ちを楽にすることができます。

LINEは楽しいですし、コミュニケーションを取るのにも便利ですが、時々負担に感じたりすることもあるので、少し注意することが必要です。

1.LINEを送るタイミングを考える

LINEで相手に迷惑に思われるか不安になる時にはLINEを送るタイミングを考えてみましょう。

そうすることが、相手に迷惑がられないための対処法となるからです。

LINEは便利ですが、目を通すと「既読」のマークがついてしまい、相手がメッセージを読んだかどうかが分かってしまいます。

既読マークがついたのに、すぐに返信しないと相手に悪いと考えて、すぐに返信する人も多いはずです。

それなのに、夜遅くや朝の忙しい時にLINEを送ってしまうと、相手の負担になることがあります。

もう眠っていたのにLINEの着信音が鳴ってしまって、目を覚ましてしまったりすることもあります。

「こんな時間にいったい何なの?」と、相手から思われて、ムッとされてしまうかもしれません。

また、何か緊急なことかと思ってメッセージを見てしまって、実は大した内容ではない時には、相手をイライラさせてしまいます。

その上、見てしまった以上は返信しないとと、プレッシャーも与えてしまうので、迷惑千万だと思われてしまいます。

LINEを送る時間帯が悪いと、相手に迷惑に思われてしまいます。

出来るだけ差しさわりのない時間を選んでLINEを送ることが、一番大切な対処法となるでしょう。

2.あまり長い文のメッセージにしないように気を付ける

LINEで相手に迷惑に思われるか不安になった時の対処法として「長文にしない」ように気を付ける事が大切です。

長すぎるメッセージは、読むだけで相手が疲れてしまうからです。

あまりに長いメッセージは、見ただけでうんざりしてしまいます。

しかもその時に忙しいと、都ても目を通す気にはなれません。

ただ、相手からLINEが届いていることを分かっていながら、いつまでも放置しているのもしんどいはずです。

相手にあれこれと余計な気を使わせてしまうと「正直に言って迷惑」と思われてしまうので、ほどほどの長さのメッセージにするようにしましょう。

LINEでのメッセージは、長いと相手が迷惑に思うことがあるので、その点には気を付けるようにしましょう。

長すぎるほどのメッセージを送りたい時は、いっそ会って話すようにした方が無難と言えるでしょう。

3.相手からの返信の内容などを見て迷惑になっているかどうかを判断する

LINEで相手に迷惑に思われるか不安になる時には、相手からの返信の内容を見て、対処法を探るようにしましょう。

相手から帰ってきたLINEを見てみれば、迷惑に思われているかどうかがある程度は分かるものです。

LINEを送って、すぐに返信がくるようでしたら、相手はそのメッセージが別に迷惑とは思っていないはずです。

しかし、なかなか返信が来ないなら、もしかしたら忙しくでLINEなんてしている暇はないのかもしれません。

そんな時にこちらが送った呑気なLINEのメッセージが届いたりすれば、きっとイライラしてしまうことでしょう。

また、こちらが送ったLINEのメッセージに対して、あっさりと「そうだね」とか「ふーん」という程度にしか返信がなかったら、相手はこのLINEのやり取りを「面倒くさい」とか「かったるい」と思って迷惑がっているかもしれません。

相手からのLINEの返信が速いかどうか、また内容に関して何か言及しているかどうかで、相手がどう思っているのかを判断することができるでしょう。

LINEが迷惑だと思っているようなら、意外とその気持ちはLINEのメッセージに出てきてしまいます。

相手からの返信によく目を通すようにして、どう思っているか本心を探るようにすれば、きっと相手の気持ちを見抜くことができるでしょう。

4.時にはあえて返信しないでLINEを終わらせるようにする

LINEで相手に迷惑に思湧荒れるか不安になる時の対処法として「時にはあえて返信しない」という方法があります。

相手からのLINEにずっと返信し続けてしまうと、相手も疲れて迷惑に感じてしまうからです。

何かメッセージを送った時に、相手から返信が来たとすると、こちらももう一度返信しなおしてしまうということがよくあります。

「○○ですね」と返信が来て「ありがとう」と返したところ、向こうから「いえいえ」とまた返信が来たら、もうそれ以上返信のLINEを送るのはストップするようにしましょう。

相手によっては、こちらが返信し続けてしまうと、気を使って向こうも何かしらのメッセージを送らないと悪いかもと考えてしまいます。

ある程度意思を確認して、そしてお礼を伝えたなら、ほどほどのところでもう返信しないようにするのがベストな対処法です。

そうしないと、相手も気を使ってLINEを送ることになってしまい、内心「ちょっと迷惑」と思われてしまうことでしょう。

LINEを使用する際には注意も必要

LINEは気楽に楽しめますが、気を付けないと迷惑がられて距離を置かれてしまうことがあります。

LINEを送る時間や長さなどを考慮して、できるだけ楽しくLINEをするようにしましょう。

ほんの少し心がけることで、お互いに良い気分でLINEをすることができます。

「相手はどう思うかな」といつも考えてLINEを送ることが、相手に迷惑がられないための、一番大切な対処法となるかもしれないですね。