風乾燥ってどんな機能?乾燥機とは何が違うの?

洗濯最終更新日:2018年1月23日

洗濯機についている「風乾燥」という機能、どんな機能なのか分からなくて使っていない方も多いでしょう。

また「使ってみたけど、洗濯物が完全に乾くわけじゃないし、なんだこれ?」と首を傾げた方もいるでしょう。

そこでここでは、風乾燥という機能がどんな機能なのか、またどうやって使う機能なのかご紹介します。

1.乾燥機と風乾燥は異なる機能

乾燥機と「風乾燥」は一見同じような機能に見えますが、実は異なる機能です。

乾燥機が洗濯物を完全に乾かしてくれる一方で、風乾燥はある程度乾かすことしかできません。

この違いの理由は、乾燥時の風の温度です。

乾燥機では60度~95度ほどの高温の風が出るので、洗濯物の水分を蒸発させます。

そのため乾燥機を利用すると、洗濯物がふわっとした仕上がりになり、シワになりにくくなります。

一方、風乾燥は温風は出ないので、水分を蒸発させることはできず、ある程度乾燥させることはできても完全には乾かせません。

そのため風乾燥を行った洗濯物は、乾燥機を使った場合と違ってそのままクローゼットやタンスにしまうことはできず、干して乾かす必要があります。

また風乾燥には、洗濯物をふんわりと仕上げたり、シワを防止したりするような機能もありません。

しかし、風乾燥はそもそも洗濯物を完全に乾かすことが目的の機能ではありません。

目的が異なるのですから、単純に乾くか乾かないかで使える機能かどうかを判断するのは間違いです。

風乾燥の目的については次の項目で紹介します。

また、乾燥機が1回につき30円~60円ほどの電気代がかかってしまうのに対し、風乾燥は1回につき1円~2円ほどで、かなり経済的です。

低コストであることは風乾燥の長所のひとつで、乾燥機よりも優れている点だと言えるでしょう。

2.洗濯物の干し時間を短縮する機能

風乾燥機能の目的のひとつは、洗濯物の干し時間を短縮できることです。

特に梅雨などの雨が多いじめじめとした時期、洗濯物を部屋干しする際などに使用すると効果的です。

風乾燥をせずに洗濯物を部屋干しすると、なかなか乾かない上に、部屋の湿度が上がって不快指数が増します。

ただでさえじめじめしていて嫌な季節なのに、洗濯のことを思うとさらに憂鬱になってしまいますよね……。

ところが風乾燥である程度乾かしてから干せば、部屋のじめっと感は軽減されて、洗濯物も早めに乾くようになります。

このとき、除湿器や扇風機などを併用するとさらに効果的ですよ。

雨が降っていると、わざわざコインランドリーまで出かけて、洗濯物を乾燥機に掛けるのも億劫ですよね。

かといって、部屋干しをしてずーっとじめじめした空間にいるのも辛いです。

自宅に乾燥機がないというご家庭では、かなり助かる機能と言えるでしょう。

3.洗濯槽のカビを予防する機能

風乾燥機能のもう1つの目的は、洗濯槽のカビを防止することです。

洗濯槽は湿気が溜まりやすくて、手入れを怠って放っておくととてもカビが生えやすい部分です。

カビだらけの洗濯機は嫌ですし、自宅に乾燥機があっても、こちらの目的で「風乾燥、使いたい」と思えますよね。

そもそも衣類やタオルなどを清潔にするために洗濯するのに、洗濯槽にカビが発生していては元も子もありません。

余裕があれば、市販の洗濯槽クリーナーでの定期的なお手入れも併せて行うとさらに効果的ですよ。

洗濯物からなんだか嫌な臭いがするという方はぜひ試してみてください。

また特に嫌な臭いはしない、そもそも新品だし、という方も、カビ予防のために風乾燥機能を使ってみてください。

次の項目では、風乾燥機能の使い方について説明します。

4.使い方.通常の洗濯後に1~2時間

風乾燥の機能を知って「使ってみたい」「ちょっと興味が出てきた」という方もいるでしょう。

そこでここでは、風乾燥機能の使い方を説明します。

風乾燥機能の使い方はとても簡単です。

いつも通り普通に洗濯をし、脱水が終わったら風乾燥ボタンを押して1~2時間ほど待つだけです。

1~2時間の風乾燥が終わったら、これまたいつも通りに干すだけです。

これなら、誰でもすぐに試せそうですよね。

ただ、注意してほしい点が1点あります。

この機能「長時間行った方がより乾くんじゃない?」と思ってしまいがちですが、1~2時間がベストです。

なぜかというと、長時間の風乾燥は服の繊維やボタンなどを傷めたり、シワの原因になってしまうからです。

他の項でも触れましたが、洗濯物をさらに早く乾かしたい場合は風乾燥の時間を長くするのではなく、除湿器や扇風機を併用してみてください。

ぐっと早く乾くようになりますよ。

風乾燥について知ろう

風乾燥の機能や使い方について紹介してきました。

知らない機能を使うのはなんとなく怖いものですが、風乾燥機能の正体を知った今は、もう怖くはありませんよね。

これからは風乾燥機能を有効に活用して、お部屋の嫌なじめじめや、洗濯槽のカビとお別れしましょう。

 

    「風乾燥ってどんな機能?乾燥機とは何が違うの?」への感想コメント一覧

  1. 1. すもも2018/04/30(月) 20:42

    まさに、風乾燥って洗濯物が乾かせるわけでもないし、なんのためにあるの?と、これまで使わずにいました。風乾燥で時短、早速試してみます!

この記事への感想を書く