結婚資金を女性はいくら貯めれば良いの?結婚にかかる費用総まとめ

最終更新日:2016年5月26日

付き合っている彼氏といずれは結婚したいなと思っている時に気になるもの、それは「結婚にはいくらお金がかかるものなのか」と疑問に思う女性は多いのではないでしょうか。

リアルな話、新居、結婚式、新婚旅行など色々お金がかかるのが結婚というものです。

いったいどれくらい女性は結婚資金を用意しておけばよいのでしょうか?

1.両家顔合わせ、結納

まず結婚が決まったら結納をするという方は、ホテルや料亭などで結納を行います。

結納の会場費用で10~20万円かかります。

結納では昆布やするめなどの9品目をを白木台に載せますが、簡略化して5品や7品にする場合もあります。

結納プランなど利用すると手軽に準備する事ができます。

昔のしきたりで結納の食事代、会場代は女性側が払うという考え方もあります。

現代は両家折半という事も増えています。

結納時の服装は必ずフォーマルなもので行うので、ワンピースであれば5万円前後、訪問着などの和装を着たりするのであれば、レンタルで10万から20万、当日の着付け費用もかかってきます。

ちなみに結納をする場合には、顔合わせの場所で行います。

結納には「お嬢さんをお嫁さんに頂きます」という意味合いがあり、結納金という形で男性側が女性側にお金を渡します。

相場は大体100万円くらいですが、その半分を女性側が結納返しをしますのでもらって終わりではありません。

この金額は関西、関東で異なるので確認が必要ですね。

結納時にかかる女性の金額としては結納会場の費用、自分の服装というイメージですね。

最近では結納をせず、女性側の自宅で両家顔合わせというのも増えています。

地域や家の風習などで結納自体をするのかしないのか、どのようなスタイルにするかなどは夫婦や両家の親御さんともしっかり相談して決めましょう。


2.結婚指輪

結婚式をするのであれば挙式の時に指輪の交換をしますし、これからの二人には必ず必要なものになりますね。

結婚指輪はブランドや材質にこだわるのであれば青天井に金額はかかってきますが、平均的な購入金額は10~20万と言われています。

たいてい女性の指輪のほうが男性のものよりも高い傾向があります。

結婚すると婚約指輪は毎日つけませんが、結婚指輪は毎日付けるので飽きのこないデザインが良いでしょう。

結婚指輪の支払いは二人で折半するのか、お互いに贈り合うのかでも女性側の金額が変わってきますので、彼との相談が必要ですね。


3.新居の費用

結婚後はどちらかが住んでいる住居に住むという方もいらっしゃいますが、新生活はやはり新しいところでスタートさせたいところですよね。

新居にかかる費用としては、敷金、礼金、家賃などで30~50万円かかると言われています。

また新居には新しい家具や家電が必要になります。

独身時代に使っていたものも、例えばベッドや冷蔵庫なども二人になると手狭になるのでやっぱり買い換えたいところにないます。

また新しい食器、調理家具、カーペット、カーテンなど細かいもので意外に費用がかさんでしまいます。

家具や、家電などでトータル50万円前後かかるという統計もありますので。

引越し費用としてはトータル100万円前後は見ておくと良いでしょう。


4.結婚式披露宴の費用

結婚のメインイベントといってもよい結婚式にはどれくらいお金がかかるのでしょうか?結婚式披露宴を合わせてかかる金額は300~400万円と言われています。

これもどんな規模でどんな会場でするのかで大きく変わってきます。

もし立派なゲストハウスや高級ホテルなどで結婚式を挙げようとすると、500~600万円くらいかかると見込んでいたほうがよいでしょう。

ただ結婚式では頂くご祝儀で50~80%の金額が返ってくると言われています。

そして会場費用以外にもお車代を包んだり、遠方からのゲストに宿泊するホテルを用意したり、披露宴の受付や乾杯の挨拶を頼んだ人にお礼を包んだりとそれ以外もかかるお金があります。

ゲストに不快感を与えないようここはしっかり用意したいお金ですね結婚式披露宴の費用については今は折半する方が多いようですが、女性側はドレスや着物などで費用がかさんで多く支払うという場合も多く見られますのでしっかりとした予算を立てておきましょう。


5.新婚旅行

結婚式披露宴が終わってホッと一安心したらやはりいきたいのが新婚旅行です。

新婚旅行にかかる金額は50~80万円と言われています。

旅行先で人気なのがハワイ、イタリアやフランスなどのヨーロッパと遠方の海外となるとこれくらいの金額はかかってきます。

さらに新婚旅行ではお土産代もバカなりません。

平均10万円前後かかるといわれているので、新婚旅行だけでも結構なお金がかかるのですね。

最近はお金面や、仕事の忙しさで国内旅行にしたり、旅行自体に行かないという夫婦も増えています。

これからの新生活に無理のない計画が必要ですね。

結婚資金を事前に準備しておこう

こうしてみていくと一言「結婚」といっても結構なお金がかかっていきます。

今付き合っている彼との結婚を今後考えてきたい方は、当然貯蓄が必要になってくるでしょう。

お金が足りないという事がないように、しっかり計画立てていきましょう。