結婚後に新居探しにベストなタイミングとは

最終更新日:2016年3月11日

結婚をしたら素敵な新居でスタートを切りたいという女性は多いのではないでしょうか。

ただうっかりタイミングを間違えると、焦って物件選びを失敗してしまったり、結婚式の準備と重なってパニックになってしまったりという事になりかねません。

それでは結婚が決まったらどのタイミングで新居探しをするのがよいのでしょうか。

1.結婚式を挙げない場合は入籍の3~4ヶ月前

結婚式などを挙げないナシ婚の場合、入籍の3~4ヶ月前がオススメです。

入籍して姓が変わる場合、その変更手続きたるや膨大なものです。

役所にはじまり、職場、銀行やカード会社、保険会社、ネットショッピングのサイトなどなど。

出来れば氏名変更と住所変更の手続きは一度にやってしまった方が楽です。

その為には入籍と転居は同時期、できれば入籍前に新居は押さえておいた方がよいでしょう。

そうすると婚姻届と転居届を同時に出す事ができます。

賃貸の場合、実際に物件を探すのは入居の3~4ヶ月前からで良いでしょうが、春先などは引越しをする人が多いですから、早めに探し始めた方がよいかもしれません。

入籍日は夫婦にとって大切な記念日ですから、日付にこだわる方も多いでしょう。

焦って条件の合わない物件を選んでしまわないよう事前にしっかり準備しましょう。


2.結婚式を挙げる場合は挙式の半年前

結婚式や新婚旅行をする場合は、新居探しは挙式の半年前にははじめるのがオススメです。

結婚式の直前は打合せや準備で非常に忙しいですし、式の事で頭がいっぱいで引越しの事まで頭が回らないという状況になってしまいがちなので、式の前後に引越しの予定を組むのは避けたほうがよいでしょう。

挙式の1ヶ月くらい前には引越しを済ませておくと、余裕を持って結婚式にのぞめます。

また結婚式の3~4ヶ月前には式場との打合せや諸々の準備がはじまりますので、その頃に新居探しをはじめるとかなり慌しくなってしまいます。

物件探しは半年前には始めたほうが良いでしょう。

結婚式の準備は式が近づくにつれてどんどん忙しくなっていきます。

新居探しを後回しにすると手が回らなくなってしまう可能性があるので、早めに着手しましょう。


3.挙式後もオススメ

挙式前に十分な準備期間がとれない場合は、思い切って挙式後に新居探しをしてもよいでしょう。

結婚式の準備と平行して慌しく探すより、条件をしっかり吟味できるでしょう。

挙式後すぐに新居に移れないのは残念かもしれませんが、焦って夫婦どちらかが納得いかないままに新居を決めてしまったりすると、後々ケンカの原因にもなりかねません。

幸せな新婚生活を送る為には、お互い納得できる新居を探した方がよいでしょう。

特に賃貸の新築物件を希望している場合は物件数が一番多いのは12~3月なので、その時期にあわせて新居探しをするのがオススメです。


4.プロポーズの後すぐもOK

賃貸の場合あまり早くに新居探しをはじめても、入居するまで何ヶ月も仮押さえをしておく事はできません。

すぐに引っ越すつもりだとか、気に入った物件があれば二重家賃を払っても構わないというような場合でなければ、入籍や挙式の3ヶ月~半年前を目安に新居探しをはじめる事をオススメします。

ただしマンションや一戸建てを購入する場合には、購入準備に1年以上かかる事も珍しくありません。

ローンを組む場合はその手続きもありますし、将来的にどちらかの地元に帰るかどうか、両親との同居の可能性、子どもを持つかどうかなどに加え、ローンを組む場合は転職を希望しているかどうか、共働きをするかどうかなど、資金計画についても十分に話し合う必要があります。

その為、持ち家で新生活をスタートすると決めている場合は、結婚が決まったらすぐに新居さがしをはじめた方がよいでしょう。


5.出産を控えている場合は体調を考慮して安定期に

まず妊娠初期と臨月、それから産後すぐの引越しは避けた方がよいでしょう。

経過が順調であれば、体調のよい妊娠5~7ヶ月頃に新居探しと引越しするのがオススメですが、引越しというのはどうしても負担がかかりますので、医師に相談の上で決めましょう。

物件探しや引越しの際も、無理をしたり重いものを持ったりしないよう十分に注意が必要です。

また転居によって出産する病院が変わる場合は、転院先に受入れが可能かどうか必ず確認しましょう。

体調に不安がある場合や受入れ先の病院が見つからない場合は、新居探しは出産後にする事をオススメします。

新婚生活に向けて物件を探したり、インテリアを考えたりするのはとってもわくわくしますよね。

しかし新居選びは夫婦にとってはじめての関門といっても良いでしょう。

新居探しをしよう

男と女では往々にしてこだわるポイントが違いますから、二人の納得のいく物件を探すには十分に話し合いをする事が大切です。

一人暮らしで引越しには慣れているという方でも、余裕をもって新居探しをしましょう。

どうぞ素敵な新居で楽しい新婚生活を送ってください。