結婚式で喜ばれるサプライズ。新郎や家族を驚かせよう

最終更新日:2016年2月21日

結婚式は一生に一度のことなので、どうしても思い出に残ることをしてあげたいですよね。

ありふれた結婚式も憧れますが、やっぱり新郎や両親にも忘れられないような思い出を一緒に作りたいものです。

結婚式で新郎や両親などの喜ばれるサプライズをご紹介します。

1.思いがけない人からのメッセージ

結婚式ではみんなに出席をしてもらいたいものですが、仕事や用事でどうしても出席できない人もいますよね。

そんな人からもらうメッセージも嬉しいと思いますが、思いがけない人からもらうメッセージなんかも喜ばれるはずです。

新郎の友人関係の人はみんな出席をしているでしょうが、特に仲の良い親友の人に手伝ってもらい、昔の友達などにメッセージをもらいに行ってもらうのもいいでしょう。

小、中、高、大学時代の時の友達なんかは卒業と共に連絡をとらなくなることが多いものです。

ふと思い出す時に何をしているのか気になるものですが、そんな昔の友達からのメッセージは喜ばれるでしょう。

それが縁でまた交友関係が生まれるかもしれません。

またスポーツなど子供の頃にやっていた人も多いと思いますが、教えてもらった恩師も懐かしくて喜ばれることが多いです。

メッセージをもらえると思っていなかった人からのメッセージは、新郎にもとても喜ばれるでしょう。


2.両親へのプレゼント

今まで育ててくれた両親にはとても感謝することはあっても、なかなか恩返しをする機会は少ない物です。

男性は特に両親と一緒にどこかへ行くということはなかなかないものです。

新郎が新婦の両親にお礼を言ったりするのがありますが、新婦が新郎の両親に何かプレゼントをすることが少ないので、喜ばれるでしょう。

新郎と新郎の両親に旅行券をプレゼントしてみるのもいいでしょう。

3枚の旅行券ならば新郎と両親が一緒に楽しめることでしょう。

これから先はほぼ二度とと新郎と両親だけで旅行をすることもなくなりますし、最後の記念を新婦がプレゼントすればとても喜んでもらえるはずです。

普段男性は強がっていますし、これから自分が親になるので純粋に子供でいれるのはこの機会しかないでしょう。

新婦から新郎側家族への記念としてプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。


3.写真や映像

結婚式ではやられている方も多いですが、写真や映像で今までの人生を振り返ることができるものを制作されてやいかがでしょうか。

新郎、新婦側両方の子供の頃の映像や写真が見ることができますし、両親も自分達の子どもが新たな家庭を築くので、純粋に自分達の子供として最後の映像かもしれません。

両親にとってはいつまでも子供には違いありませんが、子どもができた瞬間に親という自覚が生まれるので、純粋に子供というよりも孫の親という意識になっていまいます。

いつまでも子ども扱いができないので、区切りをつける結婚式の時に今までの人生を振り返ってもらうことは親孝行でもあるでしょう。

これはどちらの両親にも喜んでもらえますし、一生の思い出になること間違いありません。


4.フラッシュモブ

フラッシュモブとは音楽がなった時に突然誰かが踊りだし、最終的にはみんなが一斉に踊り出して対象者を驚かせるサプライズです。

特に海外で話題となっていましたが、日本でもフラッシュモブは人気となっています。

人気の秘密は自分達が知っている顔がいきなり踊ることにあります。

音楽が鳴り出すと一人の人が踊り出し、それに続けて次々と人が踊り出していくので、その踊り手を友達や親戚の人たちにお願いするのです。

もちろん踊る人は事前にたくさんの練習をしますし、打ち合わせも何回もするでしょう。

そして新郎にサプライズを仕掛けるならば、最後は新婦も一緒に踊ってしまうのです。

新郎はいきなりみんなが踊り出して不思議に思いますし、それが自分の知っている人たちなのでとても楽しめるでしょう。

そして極めつけに新婦まで踊りさせば、サプライズ成功です。

いつの間に練習したのか分かりませんし、突然自分以外の人が踊りだせばきっとサプライズ演出は成功するでしょう。


5.手紙

手紙は定番ですが最も自分の気持ちを表現できますし、相手に気持ちを伝えることができます。

新婦が両親に宛てた手紙はよく読まれますが、新婦が新郎やその両親に手紙を書くことはあまりありません。

これからお世話になっていくので、これから体験していくのですが、突然新婦から自分達に手紙がもらえたろ喜ぶでしょう。

新郎へはこれから一緒に歩いていく決意や感謝を伝え、普段ではなかなか言えない気持ちを手紙にしましょう。

新郎の両親へは自分が嫁ぐので、お世話になることと2人で幸せになることを手紙に綴ります。

その場で読んでもいいですが、恥ずかしければそっとテーブル席に置いておくのもよいでしょう。

きっと今の自分の気持ちが言葉として届くはずです。

結婚式でサプライズをしよう

結婚式ではサプライズを考えるならば、みんなで楽しめるものか心に深く沁みるものかのどちらかでしょう。

結婚式は新郎・新婦を祝う席ですが、新婦から新郎や両親には感謝の言葉が定番なので、それ以外のことをすればとても喜ばれます。

手紙・踊り・写真などありふれている思われがちですが、結局は心に沁みるサプライズが一番喜ばれるものです。