結婚式の招待状の正しい入れ方と重ねる順番とは

イベント 結婚式最終更新日:2017年8月4日

結婚式の招待状を作った時、意外と困る人が多いのがどの順番で必要な物を入れるかどうかです。

ここでは、結婚式の招待状の入れ方重ね方についてご紹介します。

細部までしっかりと気を配り、受け取る相手の事を考えるようにしましょう。

1.招待状、会場へのアクセス、出欠のはがきの順番

結婚式の招待状の入れ方重ね方で一般的なのが招待状、会場へのアクセス、出欠のはがきの順番に入れる事です。

実は、特に入れる順番が決まっているというわけではありません。

ですが、この順番で入れる事で相手が見やすくなります。

そして、見やすい順番で入れてもらう事で相手も嬉しくなります。

自分達の大切な結婚式です。

大切な人に不快感を与えたくありませんよね。

ですので、順番は決まっていませんが、この順番で入れるように気をつけて大切な人に気持ちよく結婚式に来てもらうようにしてもらいましょう。

2.招待状の封筒の向きで入れ方重ね方を気をつける

招待状の封筒の向きで入れ方重ね方を気をつける必要があります。

横の場合は、封筒に書いてある住所や氏名の文字と同じ向きになるように招待状を入れるようにしましょう。

封筒の文字と招待状の文字が上下逆になっていると相手は読みにくくなってしまいます。

縦の場合も一緒です。

封筒の文字と招待状の文字が逆にならないように一つずつ注意をしていれるようにしましょう。

細かい所まで気を配る事で招待される方も気持ちよく結婚式の招待状を受け取る事ができます。

3.郵送か手渡しかでも入れ方が違う

結婚式の招待状を郵送する場合は、相手の氏名と住所を書いてある表側に招待状の表を合わせて入れるようにしましょう。

手渡しの場合は、封筒の裏、自分達の氏名や住所を書いてある側に招待状の表側を入れるようにします。

郵送とは逆です。

こうする事で相手が見やすくなるからです。

予め郵送の人と手渡しの人をきちんと分けて間違えないようにしておきましょう。

4.紙の大きさに合わせて入れる順番を変える

結婚式の招待状の基本的な入れ方重ね方は、1で書いた通り招待状、会場へのアクセス、出欠のはがきの順番が一番見やすいと言われています。

ですが、これは一般的な入れ方であって特に入れる順番が決まっているというわけではありません。

ですので、紙の大きさ等状況に応じてもっと相手が見やすい入れ方があれば変えても大丈夫です。

紙が一番小さいものを手前に入れたり、招待状が二つ折りならその中に他の紙を挟み込んだりとどうすれば一番相手が見やすいのか試行錯誤してみましょう。

この場合気をつけたいのが、二つ折りにした場合、手に取った時にバラバラになってしまう事です。

手に取った時にバラバラになって見にくいなら二つ折りにするのは控えた方がいいでしょう。

そうならないなら、見栄えがいいので二つ折りにするのも一つの方法です。

結婚式のプランナーの人に聞いてみるのもいいでしょう。

結婚式のプロが一番相応しい順番を考えてくれます。

また、招待状をどこかに依頼するなら、その時にどういう順番がいいのかを聞いてみましょう。

色々と細かい所まで相談に応じてくれるでしょう。

5.納得できる結婚式の招待状を作るために

結婚式は、人生でたった一度きりの重大なイベントです。

そんな大事なイベントなのですから、入れ方重ね方はもちろん細部にとことんこだわりましょう。

細部までこだわった招待状は作る側も楽しいですが、招待された方も見ていて「幸せなんだな」と嬉しくなります。

そんな素敵な結婚式の招待状の作り方ですが、大きく種類に分かれます。

まずは手作りで作る方法です。

招待する人数が少ない場合はこちらの方が節約になる場合もあります。

また、自分がデザインした招待状を大切な人に届けたいという場合も手作りがオススメです。

無料の素材がインターネットにはたくさんありますし、手作りならではの面白いアイデアもたくさんあるので色々と参考にしてみましょう。

もう一つの方法が、業者に頼む方法です。

招待する人数が多い場合や忙しくてなかなか招待状を作る時間が取れないという時に便利です。

また、業者ならではのクオリティの高さで美しく完璧な招待状を作る事ができます。

最短で約一週間程度で制作する事ができるのでとても便利です。

招待状製作の業者はたくさんありますので、どこがいいのかとことん納得できるまで調べておきましょう。

また、業者は招待状の事を知り尽くしているプロです。

ですので、どの入れ方重ね方が見やすいのかをきちんと教えてくれるので、ベストな形で相手に送る事ができるのが大きなメリットです。

結婚招待状を正しい順番で入れていこう

結婚式の招待状の入れ方重ね方についてご紹介しました。

結婚式の招待状は入れ方重ね方にこだわり、相手に見やすい状態にして届ける事で完成と言えます。

見た目だけこだわっても、相手が少しでも「見にくいかも」と思ってしまうとそれだけでどんなにこだわった結婚式の招待状も色あせてしまいます。

ですので、入れ方重ね方にもしっかりとこだわりましょう。

そうする事で受け取った相手にもっと喜んでもらう事ができます。

 

    「結婚式の招待状の正しい入れ方と重ねる順番とは」への感想コメント一覧

  1. 1. さくら2018/05/03(木) 15:54

    結婚式の招待状は、中に入れるものが多くて順番なども戸惑う部分が多いので、とても参考になりました。失礼の内容に相手が見やすいように入れてあげたいですね。

この記事への感想を書く