【夢占い】結婚式の夢の意味とは。恋人との結婚式・配偶者との結婚式・知らない人との結婚式・お色直しをする夢の意味など

夢占い最終更新日:2018年5月9日

自分が結婚する夢、または誰かが結婚する夢を見たことがありますか?
人生一度きりのイベントの夢を見たのだから、現実の人生にも、めったにない出来事が起きるに違いないと思うかもしれません。

期待と不安でいっぱいになるのが結婚式の夢ですが、実際のところは、なにを意味しているのでしょうか。

1.自分の恋人と、自分との結婚式の夢

自分の恋人と結婚するかどうかを考えている時、その恋人と結婚した夢を見ることがあります。

明るい内容の夢だったら、恋人と結婚したい気持ち、または結婚したら楽しい生活になりそうだという希望を意味します。

暗い内容の場合は、ほぼ真逆の意味になります。今の恋人とは結婚したくないと思っているか、結婚したときのデメリットが気になっているのかもしれません。

恋人と楽しく過ごしているが、今のところ結婚するかどうかを考えていない。
そういう時に結婚式の夢を見た場合、人生の転機を暗示したり、恋人との関係に新たな展開があることを意味する場合もあります。

昔の映画のように、結婚式の途中で誰かが挙式の邪魔をしたら、結婚に不安があったり、そもそも現在の恋人がいやで、別れたいのかもしれません。

2.配偶者と結婚式を挙げる夢

すでに結婚しているのに、結婚式の夢を見た場合です。
明るい内容であれば、今の配偶者と結婚して良かったと感じている証拠と考えて良いでしょう。

さらに、結婚式場が行ったことのない会場だったり、実際には着ていないウェディングドレスを夢の中で着ていることがあります。

現実に挙げた結婚式と違う結婚式の夢を見た場合、何かの理由で気分一新、これからも配偶者と生活していきたいと感じているのかもしれません。

また、現実に挙げた結婚式と夢の結婚式がよく似ている場合、ストレスを反映していることがあります。
今の生活に不満を感じ、結婚したての頃に戻りたいと感じているのかもしれません。

ただし、内容や雰囲気が明るければ、楽しい結婚式だったことを思い出しているだけ、あまり心配ないでしょう。

3.何度もお色直しをしている結婚式の夢

お色直しを嬉しそうにくり返している結婚式の夢は、新しい自分になろうと努力していることを指します。

色が鮮明で華やか、着ていて気持ちが晴れやかになるようなドレスだったら、近いうちに良いニュースが入るでしょう。

自分では気がすすまないのに、いやいやながら何度も衣装を取りかえている場合、周囲の人に合わせようと、自分に負担をかけすぎている可能性があります。

ストレスが強くなっていますから、無理やり人と会わないほうがいいかもしれません。

また元気を取り戻すまで、一人でゆっくりする時間を作ったり、好きなことに熱中してリラックスしましょう。

4.知らない人と結婚式を挙げる夢

結婚式への憧れによって見る夢だと言われていますが、一説には欲しい品物があるときに見る夢です。

近いうちに欲しい品物が手に入ることを暗示しています。

思わぬ臨時収入が入って買えるようになるのかもしれませんし、たまたま誰かがその品物をプレゼントしてくれるのかもしれません。

ただし、ブーケを手にしていたら、長い間、欲しい品物が手に入らないことでストレスが高じています。

手に何も持っていないか、ブーケトスをして手に何も持っていない状態になったら、品物が手に入る可能性が高まります。
良好な人間関係など、品物以外のものが手に入ることもあります。

5.友人など、自分以外の人が結婚式を挙げる夢

独身の人が結婚式に出席する夢を見た場合、新しい出会いがあったり、人間関係が改まることを暗示しています。

既婚者が同様の夢を見た場合は、他人の結婚生活がうらやましく、自分の生活を変えたいと思っているかもしれません。

もともと、パーティや披露宴、イベントなどで大勢の人が集まる夢は、対人関係の変化を表すといわれています。変化には、良い変化も悪い変化もありえます。

また、結婚式に限らず、儀式の夢は人生の転機を示すことがあります。
転職や引っ越しで生活環境が変わったり、自分のあり方や人間関係に変革が起きるのかもしれません。

6.結婚式でトラブルが起きる夢

結婚式をやっている途中で、新郎新婦のどちらかの気が変わり、式を中断することになった。

そういう結婚式の夢は、トラブルを予告している可能性があります。自転車での転倒など、路上トラブルに気をつけましょう。

式の中断はなかったが、新郎新婦のどちらかが式を挙げたことを後悔しているという夢も、なんらかのトラブルを暗示しています。交通事故や仕事の失敗に気をつけましょう。

また、新郎新婦のどちらかが、結婚式に遅刻した夢もよくないとされています。
結婚式をきちんと挙げたとしても、どちらかの遅刻でスタートした挙式の夢はよくありません。財布を見失うなど、お金に関するトラブルに注意してください。

結婚式の夢は人生の転機を暗示しているかも

夢占いは夢の雰囲気が明るければ吉祥、暗ければ凶兆と考えてよいのですが、結婚式の夢の場合、明るくても吉凶が微妙です。

昔挙げたのと同じ結婚式の夢をくり返し夢に見た場合、過去を懐かしんでいる可能性があるからです。

結婚式など儀式の夢は人生の転機という説が多いので、せっかくのチャンスを活かすために、未来を夢見て前進しましょう。

 

    「結婚式の夢の意味とは。恋人との結婚式・配偶者との結婚式・知らない人との結婚式・お色直しをする夢の意味など」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/04/26(木) 15:42

    友達の結婚式に参加している夢は見た事がありました。良い意味もあまり良くない意味もあるのですね。確かに、友達を羨ましく思っているというのはあるかもしれません。

この記事への感想を書く