ケンカばかりのカップルが長く上手に付き合っていく方法とは

恋愛最終更新日:2019年5月22日
ケンカするカップル

お互いに好きだから付き合い始めたはずなのに、なぜかちょっとした事でもぶつかってケンカばかりになってしまっていませんか。

そんなケンカばかりのカップルはさっさと別れてしまえばいいというのはあまりにも早計です。

ケンカが多いからといって仲が悪いとは限りません。

ケンカをしていながらも互いを憎からず思っているカップルは多いものです。

ケンカをしながらも長続きできるよう上手くやっていくにはにはどうすれば良いのでしょうか。

今回はそんなケンカばかりのカップルが上手に付き合っていく方法についてご紹介します。

1.ケンカをしたら必ず話し合う

ケンカにつきものなのが話し合いです。

お互いを理解するために欠かせない話し合いの時間です。

重要なのは話し合いをする前にどちらかが一方的に意見を押しつけてるだけになっていないか確認することです。

意見を押し付けるだけでは話し合いとはいえません。

お互いを理解するはずの話し合いの時間なのに、一方的に意見を押し付けるようなことがあれば関係が改善するどころか対立はさらに深まってしまいます。

お互いがそれぞれの気持ちを理解するため貴重な時間であると割りきれるのであればケンカも一つのコミュニケーションと言えます。

それができないのならケンカすべきではありません。

感情的になることなくケンカをしてもきちんと話し合いができて仲直りのタイミングを考えられる、そんな関係がベストです。

2.ケンカをしても暴言は吐かない

カップルのケンカで絶対にやってはいけないのが相手に対する暴言です。

ケンカと言っても心から憎しみ合っているわけではありません。

感情をむき出しにすることはあっても最低限の理性と配慮がなければ単なるぶつかり合いでしかありません。

ケンカをしたとはいえお互い好き同士のカップルなのですから後後仲直りできなくなるようなふるまいは避けてください。

思いやりに欠ける発言や二人の関係に決定的な亀裂が入るような暴言は絶対NGです。

言葉の暴力で相手を深く傷つけてしまうことあるのですから、相手の心を深く傷つけてしまうような暴言は絶対口にしてはいけません。

暴言というものは言った方は軽く考えていても言われた方はずっと心に傷を抱えてしまうものです。

お互い好き同志だったのにも関わらず深く考えずに言ってしまった暴言が決定打となり別れを決意する、ということもあります。

ケンカをしつつも関係を長続きさせたいのならケンカをしても暴言は吐かないようにするということを意識しましょう。

3.ケンカをしても暴力はしない

いくら気持ちが高ぶってケンカになってしまったと言っても絶対やってはいけないのが暴力です。

ケンカが続くと感情型カプって追加っとしてしまい衝動的に暴力欲求に襲われることはだれでもあります。

しかし、感情に任せて暴力をふるうのは最低の行為です。

たとえ相手に落ち度があったとしても暴力を振るってしまった時点で、これまで二人で積み上げてきた時間も築き上げてきた信頼もその全てが無に帰します。

暴力を振るいたくなるほど気持ちが高ぶってしまった時ほど冷静さが求められます。

暴力衝動に襲われたらまずは気持ちを落ち着けることにせんねんしましょう。

くれぐれも感情に任せてはいけません。

暴力に程度の差は関係ありません。

軽く叩いたつもりでも立派な暴力です。

仲直りできる可能性はほとんどゼロになるのでくれぐれも短慮は避けてください。

4.ケンカをしたらいつまでも同じ空間にいないようにする

ケンカが長引いてしまい仲直りのタイミングが見つけられないでいるとお互いにグダグダとしつこくなってしまいます。

最初はそれぞれの主張がぶつかり合ってケンカになってしまったのに、いつの間にかケンカの内容が本題から外れてしまい全然別の内容まで持ち出してきてしまいます。

普段から不満に思っていたことや過去の事まで引っ張りだしてケンカをさらに加熱させてしまえば、お互いに引込みがつかなくなってしまい、妥協点が見いだせず収集が付かなくなります。

ケンカがいき詰まってしまうと仲直りのハードルはさらに高くなります。

悪いとは思いつつも素直に謝ることができずにケンカが終わらないというのはお互いにとっても非常に苦しくつらい時間です。

プライドをおさえて謝れれば一番なのですが、ケンカ慣れしているカップルほど素直に謝るのが難しいものです。

ケンカにいき詰まってしまったときに有効なのが、同じ空間にいないようにすることです。

ケンカ相手と同じ空間にいるというのはそれだけで気詰まりになるものです。

冷静になろうと思っても相手の顔を見るとついつい感情的になってしまいます。

そんな状態で二人が同じ空間にいればケンカが再燃するのは当たり前です。

そんな時にはお互いの気持ちを落ち着けて頭を冷やす意味で話し合いの場を離れるのはとても意味のある行動です。

物理的に距離を取るというのはとてもシンプルですが、ケンカになってしまった時に一番必要なのはひとりになって考える時間です。

顔を見てしまえば感情的になってしまいますが、ジャマが入らず一人で考えられる場所なら落ちついてケンカの落とし所を考えられるものです。

感情的に対立してしまっているときほど物理的な距離を取ることが大切です。

相手と離れてみることで高ぶっていた気持ちが落ち着きケンカの落とし所や引き際、仲直りのタイミングなどがつかめてくるのです。

5.ケンカした時に異性と出かけない

ケンカをしてしまうとどうしてもイライラしてしまいストレスを発散したくなります。

ケンカのもやもやを吹き飛ばすためにお酒でも飲んでリフレッシュし気持ちをリセットしたくなることもあるでしょう。

確かにケンカのストレスを抱えたままいるのはいいことではありません。

ストレスを抱えたままでは素直に謝ることもできずケンカが長引く可能性があります。

ケンカのストレスが仕事や私生活にまで影響する可能性もありますから、あまりストレスを溜め込まないようリフレッシュするのは大切です。

適度なリフレッシュは仲直りのためにも効果的ですが1つだけ注意しなければいけないのが異性と出かけてしまうことです。

仲の良い異性の友達と出かけるというのは本人からすれば単なるリフレッシュ、レクリエーションに過ぎませんが他人から見れば親密な関係性は浮気を疑わせる十分な要因です。

ケンカ中にパートナーが自分以外の異性と出かけたことを知っていい気持ちになる人はいません。

つきあっている人がいるのに異性と出かける、というのは好きがあると責められても仕方のない行動です。

それがケンカしている最中であればなおさらです。

異性と出かけて余計な疑惑を抱かせれば仲直りどころか破局してしまう可能性もあります。

取り返しの付かない事態にならないためにもケンカした時に胚性と出かけないようにしてください。

6.ケンカをした時こそ自分の時間を持つ

ケンカした時こそ自分の時間を大事にしてください。

趣味に費やしたり同性の友人たちとお気に入りの場所に行ったりと自分の時間を過ごすことで相手が見えてくるものです。

ケンカしているときだからこそ自分磨きをするのも良いのではないでしょうか。

自分の時間を利用して二人の関係性を見つめなおした上でお互いが考え方の違いから付き合うことが無理な場合や将来が全く見えない場合、もうその相手とはご縁が無かったということでしょう。

けれど、まだまだ二人の関係には未来があるというのならやり直して見る価値があります。

ケンカもお互いの関係が深まるのならいいのかもしれませんね。

ケンカをしてもNG行為を避ければ仲直りできる

ケンカをしても上記の様にNG行為をしなければまた仲直りをすることができます。

ケンカばかりだとしても取り返しのつかない事をしないようにしましょう。

そうすれば深い絆が生まれ、次第にケンカの数も減っていくはずです。

 

    「ケンカばかりのカップルが長く上手に付き合っていく方法とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。