気が重いことへのやる気を出す方法。重い腰を上げよう

最終更新日:2017年1月7日

気が重いことに取り組む時には、いつもの倍以上の精神力が必要となります。

なかなか思い腰が持ち上がらず、自分でも嫌になることがあるはずです。

そういう時、気が重いことを速やかに行動する方法を知っていれば、物事をスムーズに進めることができるでしょう。

気が重いことを行動する方法に、それが終わった後のご褒美を用意するというものがあります。

そうすれば、少しはやる気が出て、意欲がわいてくるでしょう。

気が重いことをやろうとする時には、考えるだけで何だかやる気が失われてしまいます。

なんだかんだと言い訳を思いついて、自分でも知らず知らずのうちに先延ばしにしようとしてしまいがちです。

そういう時には、やることが終わったら、自分へのご褒美を何か考えてみましょう。

気が重いことを行動するのは嫌ですが、その後のご褒美が待っていると思えれば、何とか取り組むことができるはずです。

気が重くても、どうしてもやらなくてはならないなら、少しでも気分を上げるようにしましょう。

その方法として、終わった後にご褒美を用意しておくことは、ベストな方法と言えます。

少しでもやる気が出て、重い腰を上げることができるでしょう。

2.それをやらなかったらどうなるのかを考える

気が重いことを行動する方法でオススメなのが、それをやらなかったらどうなるのかを考えるという方法です。

いくら嫌でもそのことに対して取り組まないでいたら、後から大変なことになるかもしれません。

そう思えば、気が重いことであっても、行動する気になるでしょう。

気が重いこと、やりたくないことは、生きていると沢山あります。

もう忘れたふりをして、そのまま知らんぷりをしたいという気持ちになることもあるでしょう。

しかし、それでは社会人として許されないこともあります。

場合によっては責任を追及されることもありますし、そうでなくても周りから非難されたり呆れられてしまうことになりかねません。

その状態を創造すれば、いくら気が重くても、行動を起こす気になるはずです。

そうしなければ、もっと気が重い状況を引き起こしてしまうからです。

「ああ、嫌だな」というようなことをやらなくてはいけない時は、ぜひそれをやらなかったらどうなるのかを、リアルに想像してみましょう。

そうすることで、嫌なんて言っている場合ではなくなり、急いでやろうという気分になることができます。

3.「何時までにやる」という風に時間を設定する

気が重いことを行動するには、時間設定をするという方法がベストな方法です。

「何時までにやる」と決めて、時間になったら行動を起こすようにしましょう。

気が重いことを行動する時には、気持ちの少しハードルが高くなっていることがあります。

なかなか気持ちを切り替えることができずに、ぐずぐずとしてしまいがちです。

しかし、何時になったらスタートすると決めることで、それまでの時間で気持ちの準備を整えることができます。

ちょうどマラソンをする前に、スタートラインに立って呼吸を整えているような状態であると言えるでしょう。

気が重いし嫌だけれど、少し時間を置いて気持ちの準備をすることで、時間になったら始めることができるようになります。

なかなか気が重いことを行動できないような時は、具体的に「何時になったら始める」と、自分の中でスタートラインを引くようにしてみましょう。

そうすれば、その時間までに気持ちの準備をして、いざ時間になったら行動することができるようになります。

しんどいと思うような時には、ぜひこの方法でトライしてみましょう。

意外と時間になったらスムーズにスタートできたりして、自分でもびっくりするかもしれませんね。

4.誰かと一緒にやるようにする

気が重いことを行動する方法として、誰かと一緒にやるようにするという方法があります。

人と一緒なら、いざとなったら逃げだすわけにもいかないので、気が重くても行動するしかなくなるからです。

気が重いことは、自分だけが気が重いわけではありません。

周りの人も同じようにしんどさを感じていたりします。

例えば仕事で同じ作業をする人がいたら、いっそ二人でそのことに取り組むようにしてみましょう。

いつやるかを決めて、二人で行動するようにすれば、いくら気が重くても、やめるわけにはいきません。

また、誰かと一緒なら、それをやりながら「大変だね」などと励ましあったり「もういやだね」なんて愚痴を言い合うことができて、少しは気が晴れるでしょう。

誰かと一緒なら、気が重い行動だとしても、腰を上げやすくなります。

気が重いのは自分だけではないと思えて、随分と気が楽になるでしょう。

大変なことこそ、港力を合わせて行動するようにすれば、きっと乗り切ることができるはずです。

気が重いことをやってみよう

気が重いことを行動するのは、誰だってしんどいはずです。

なかなかやる気にならずに、ついダラダラしてしまいがちです。

しかし、そういう時間がロスだとおもうなら、胃が重いことを行動する方法を知って、少しでもスピーディーに取り組むようにしてみましょう。

そうやって前向きに向き合うことが、いつか人との大きな差となりますし、何よりも自分の実力をアップさせてくれるのです。