皆に嫌われる人の特徴。性格や言動など

最終更新日:2016年5月1日

職場や学校で周りから疎まれている人、嫌われている人っていますよね?

恐らくどの職場にも一人はいるはず。

学生時代のクラスメイト、バイト先の先輩、職場の同僚など、なぜか嫌われてしまう彼らには共通点があるのです。

そんな嫌われものになってしまわないように、人のフリみてわがフリなおせ。

今日はみんなに嫌われやすい人の特徴についてご紹介します。

1.自己中心的

これは言わずもがなというくらい嫌われ者に共通する性格です。

形はどうあれ、自分のことしか考えない人は周りにとっては困った存在でしょう。

例えば、同じバイト仲間で、自分の好きな仕事、楽な仕事だけを要領よくこなし、店長の前だけでは愛想よく振舞うくせに、自分の嫌いな仕事はさりげなくサボって他の人にやらせてばかりの人、確実に周囲からの評判は落ちるでしょう。

同じ時給で働いているのに自分だけ楽しようとするなんて、そんな自分勝手を続ければ嫌われて当然ですよね。

仕事場だけでなく、友人との付き合いでも、いつも自分の都合に人を合わせてばかりの人、人や周りの都合を無視する人、迷惑をかけても謝らない人、そのうち周囲に愛想を尽かされる日が来るでしょう。


2.自分の話ばかりして、人の話は聞かない

会話というのは言葉と言葉のキャッチボール、つまりどちらかが一方的に話すのではなく、交代で話し手になり、聞き手になるのが自然なはず。

しかし、嫌われる人たちはここでも自分のことしか考えていないので、自分の話ばかりをし続け、逆に人の話は聞こうとしないのです。

話している本人は楽しくても、相手はそう思っていないこともしばしば、、、

自分の話もほどほどに、人の話も聞けるよい聞き手になるよう心がけないと、一緒にいても楽しくないと思われちゃいますよね。

3.ネガティブすぎる

人間、時には落ち込んでネガティブになるときもあるでしょう、しかし常にネガティブとか、あまりにもネガティブすぎる暗い人には周囲もひいてしまいます。

人に悩みごとの相談をするのはいいことです。

一人で悩んでいるよりも、人に話しを聞いてもらったほうが早く問題が解決したり、話すことで気持ちがスッキリすることだってあるでしょう。

しかし、友達がせっかく励ましてくれているのに、人のアドバイスを耳に入れず自分のネガティブ思考にいつまでも固執している人や、しまいには悩んでいる自分に酔ってしまっているような人、また聞いていて不快になるくらいの暗い話を続けると、いくら友達でも疲れてしまいます。

ネガティブ思考もほどほどにしましょう。


4.自慢話ばかりしている

話す内容がなんだかんだで自分の自慢話に終始している人も嫌われる場合が多いです。

別に嬉しいことやいいことがあって、それを人に自慢するのも時にはいいんです。

でも「時々、ちょっとだけ」という節度を守らないといけません。

彼の自慢話、自分のモテ話、武勇伝、話しているアナタは楽しくても、聞いている人は心の中ではしらけている可能性大。

ここでも聞き手である相手への思いやりが大事です。

また、自分を誇示したいがために、相手や他の人を見下すような発言も絶対NG。

自分をよく見せるのと、相手をけなすのは全く別だということをわきまえないと、本当にイヤなヤツとしか思われませんよ。

5.人の陰口ばかり言っている

嫌な思いをしたら、愚痴ったり、時に人の悪口も言いたくなるでしょう。

それは誰もが多かれ少なかれ持っている部分ですので、少しくらいは多めに見てもらえるはず、しかし気をつけて。

人の陰口を言えばいつかは自分に帰ってきます。

「誰々さんてね、○○らしいよ。最悪でしょ」なんて悪口ばかり言っているあなたをみている人は、あなたがその人のことも自分がいないところでは悪く言っているのではないかと疑うようになります。

人の陰口ばかりを言う人は、結局はそういう人だと思われてしまい、最後には周囲からの信頼も失います。

また、陰口のようなネガティブな内容の話題は、聞いている方にとっては不快な場合がほとんど。

相手がせっかく、楽しい気分で過ごしているのに、ネガティブな話題を始められたらいい迷惑です。

周囲に嫌われる性格にならないよう気をつけよう

周囲の皆に嫌われている人たちの共通点をご紹介しました。

全てにおいて共通しているのは彼らが周りのことより自分のことや自分の気持ちばかりを優先してしまっているという点です。

人間誰しも、多少のワガママはあります、けれど人と付き合っていくなかで、ある程度そのエゴを抑えないと、相手にとってはイヤな存在になってしまいます。

周りの目ばかりを気にして自己主張しない人がいいというわけではありません、主張すべきことは主張していいのです。

ただし、自己中と自己主張とは別だということを認識しましょう。
参照:職場で嫌われる人の残念な特徴5個