お人好しな人の特徴4つ

最終更新日:2016年2月21日

「あの人って、本当にお人好しだよね」と周囲の誰からも言われてしまうような人って、いますよね。

そんなお人好しな人は、どんな特徴を持っているのでしょうか。

今回は、お人好しな人の特徴についてご紹介します。

1.心優しい

まず挙げられるのは、やはり人よりも強い優しさを持っているということですよね。

自分以外の人が困っているのを見過ごすことができず、自分のひと手間で他人が喜んでくれるならと、惜しげもなく他の人に優しさを分け与えてあげます。

こんな優しさは、誰にでもあるものではありません。

世間には、他人が困っていても見ないふりをするのが平気な人の方が多いかもしれません。

だからこそ、誰にでも優しさをかけてあげられる人のことを、周囲はお人好しと呼ぶのでしょう。

「お人好し」と言うと、あまり褒め言葉的な使い方はされませんよね。

でも、お人好しな人は、優しくて、いつも周囲のことを考えてくれるような人が多いのも事実です。

よほど悪い人に利用されるのでなければ、周囲に喜ばれることをしているので、友達が絶えない人も多いようですね。


2.ポジティブ思考

すぐに他人の言うことを信用したり、騙されても相手を責める態度をとらない人も、お人好しと呼ばれます。

これは、本人に強いポジティブ思考があるためです。

他人を信用するのも、自分以外の人間の言葉を「この人が嘘をついているわけがない、本当に困っているのだろう」と、肯定的、前向きに捉えるため。

騙されても腹が立たないのは、「人を騙すなんて大変なことをするのは、それ相応の事情があったのだろう」と、相手が人を騙さざるを得ない状況に置かれていると想像するためです。

また、騙した相手に腹を立てる前に、自分を騙すことで相手が助かったのならそれでもいいか、などという仏様のような考え方で許してしまうのです。

このように、相手の行動を常にポジティブに捉えることで、知らず知らずのうちに騙されやすくなっていたり、カモにされていたりするために、お人好しだなどと言われるようになるのですね。

逆に、ネガティブな思考を持つ人は、他人の意見や行動に対して常に否定的に捉えるため、疑り深くなり、お人好しとは真逆な性格に向かっていきます。

この、「ポジティブか、ネガティブか」が、お人好しになるか、そうではないかの分かれ道と言ってもいいかもしれません。


3.どんなことも断れない

お人好しな人には、先ほどご説明した優しさなどとは違った理由で、他人のお誘いや頼み事を断れないという特徴もあります。

それは、断るのが面倒臭いとか、断ることにストレスを感じるなどの、やや利己的な理由です。

確かに、他人に断りを入れるときの精神的な労力は、誰にとってもかなりのものですよね。

でも、後から大変な思いをするよりはと、心を鬼にして断るのが普通です。

お人好しと呼ばれる人は、この断るときに生じる労力が大変大きなストレスになる性格をしていることが多いようです。

そのため、断ってストレスを受けるよりも、相手の申し出に黙って付き合った方が楽だと感じ、何事も断らずにOKしてしまうのでしょう。

相手の頼みがどれだけ自分に不利益なことだとしても、断って他人の心を踏みにじることの方が嫌だと思うため、断りにくい性格となってしまうのです。

そして周囲も、この人に頼めば絶対に断れないということをわかってて頼んでくるために、いつしかカモにされてしまうということですね。


4.他者中心的なものの考え方をする

お人好しな人は、自己中心的の真逆、他者中心的な思考回路を持っている人が多いです。

自分以外の人を中心にして、今何をするべきか、どんなことを言うべきかなどを判断するために、どうしても自分のことを後回しにしてしまうのです。

こんな性格は、ちょっとしたことなら周囲に喜ばれ、重宝されますが、本当は直すべき性格で、あまり良いものではありません。

なぜなら、人間は本来なら、他人よりも自分を大切にするのが当たり前のことだからです。

最終的には、自分の身を守るのは自分しかいません。

それができないと、いざと言うときに自分以外の意見などを優先させてしまい、自分が破滅へと向かうのを踏みとどまることができないのです。

この、他者中心的な考え方は、幼いころからの経験により培われているものです。

例えば、他人の顔色を窺う必要がある環境に長くいたり、自分を優先することに罪悪感を感じるような教育をされてきた場合は、自分の意志を出すことが難しい性格に育ってしまいます。

そのために、自分が不利益を被ってでも、他人に尽くしたり、言うことを聞いたりするのが当たり前になってしまい、「お人好し」と呼ばれてしまうのです。

お人好しの特徴を知ろう

お人好しな人の特徴について、4つご紹介しました。

このように、お人好しな人は、周囲の人のこと考える能力に長けてはいますが、自分を優先させることができない性格を持っています。

ご説明の通り、これはあまり良いことではありません。

自分がお人好しだという自覚がある人は、嫌なときは「NO」と言える心の強さを持つことをオススメします。